スイング中に左足、正しく使えてる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.12.12
morisaki

From:森崎 崇
埼玉の自宅より、、、

こんにちは森崎です。

ゴルフは左足、左手というように
体の左側の使い方を習得することが
上達への近道。

多くが右利きである私たち日本人にとっては
なんとも乗り越えるのが大変な課題ですよね。

そこで、今日はゴルフにおける
左足の使い方について話したいと思います。

ゴルフスイングにおいて「左足」は
スイングの軸となるとても重要な構成要素の1つです。

ボールの方向性、飛距離に
お悩みの方、必見です。

インパクトの左足どうなってる?

まず、インパクトにおける
左足の状態としては

「右足の重心と5:5以上かつ、高さが変わってないこと」

が望ましいです。

5:5で良いんですかという声もありますが、
特にドライバーでは過度に左足に重心が
乗ることを避けるゴルファーもけっこういます。

もちろん、アイアンはもっと乗っても大丈夫ですよ。

次に確認していただきたいことがあるのですが、
インパクトで左足浮いていませんか?

これは動画を撮ると一発なのですが、
インパクトで左足かかとが浮く人、
けっこういるんです。

端的に言えば、右足に体重が
残っているのが原因。

もし、こういう症状が出ていたら、
肩~肩のベタ足スイングを試してみてください。

もしくはスエーじゃないかと思うくらい、
左足に思いっきり体重を乗せて
打ってみてください。

意外にも、自分でやりすぎと
思うくらいが、本来良いとされる
スイングに近づいていたりします。

左足って伸びても良いの?

これもけっこう聞かれる質問のうちの1つです。

先に結論から言うと

「膝の高さを変えずに伸ばすならOK」

ということになります。

この話は自分で言っておきながら
けっこう難しい話なので、是非
ご自身でも実験してみてほしいのですが、

例えば、インパクトでも
左膝の高さをキープしたままにします。

そうすると、骨盤がアドレスの時以上は
絶対に動きません。

ただ、スイングは回転してますから、
左膝が固定されると、左膝を中心に
回転し始めます。

そうするとどうなるか、
右膝がどんどん前に出てきて
スライスします。

それと左膝を固定しすぎると、
左腰に負担が掛かって、
怪我の温床となります。

ですが、

左膝を伸ばすというのは、決して
伸びきった状態や突っ張ってインパクト
することとは違います。

また左股関節が引けた状態になっても良いわけでもありません。

なので、「膝の高さを変えずに伸ばすならOK」ということになるんです。

この話はまた後日動画にしますね。

まとめ

今日は左足の使い方について
お話ししました。

左の壁というように、
ゴルフスイングにおいて
左足は重要です。

是非、色々実践してみてくださいね。

<本日のオススメ>

近藤雅彦プロ初の書籍が出ました!

ただ、もしかすると
あなたにはこの本は必要ないかもしれません。

ですが、、、

短期間で一気に上達したい、
ゴルフ仲間に勝ちたい、

あなたがそう考えているゴルファーならば、
この本はあなたのためのものです。


http://g-live.info/click/kon36_1812/

The following two tabs change content below.
森崎崇

森崎崇

1981年東京都生まれ。14歳の時にスコア100を切ったことから、ゴルフの道に進むことを決意し、高校時代は団体・個人共に全国大会に出場。多くの苦難を乗り越えながらも、レッスンプロとしての活動を始め、10年間で指導したゴルファーの数は実に2,500人以上。活動の最中、宮本プロと出会ったことがきっかけで、ゴルフパフォーマンスの立ち上げと共に新宿店所属のレッスンプロとなり、クールな外見とは裏腹に情熱的なレッスンを行うことで、ジュニアからシニアまで幅広い世代に絶大な支持と信頼を寄せられる。また、プロキャディとしてツアープロのスイング、トレーニングを1番間近で見てきた経験から、最前線で闘うプロならではのテクニックやコースマネジメントを、アマチュアゴルファーが実戦でも活かせる指導法を確立。その結果、片手シングルを達成するゴルファーを量産したことからついたあだ名は「片手シングル養成マシーン」。現在はゴルフパフォーマンス史上、最速でヘッドコーチに就任し、更に活動の場を広げている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: 100切り, アウトサイドイン, インサイドアウト, コース, ドライバー, ビジネスゾーン, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
森崎崇

森崎崇 について

1981年東京都生まれ。14歳の時にスコア100を切ったことから、ゴルフの道に進むことを決意し、高校時代は団体・個人共に全国大会に出場。多くの苦難を乗り越えながらも、レッスンプロとしての活動を始め、10年間で指導したゴルファーの数は実に2,500人以上。活動の最中、宮本プロと出会ったことがきっかけで、ゴルフパフォーマンスの立ち上げと共に新宿店所属のレッスンプロとなり、クールな外見とは裏腹に情熱的なレッスンを行うことで、ジュニアからシニアまで幅広い世代に絶大な支持と信頼を寄せられる。また、プロキャディとしてツアープロのスイング、トレーニングを1番間近で見てきた経験から、最前線で闘うプロならではのテクニックやコースマネジメントを、アマチュアゴルファーが実戦でも活かせる指導法を確立。その結果、片手シングルを達成するゴルファーを量産したことからついたあだ名は「片手シングル養成マシーン」。現在はゴルフパフォーマンス史上、最速でヘッドコーチに就任し、更に活動の場を広げている。

 

Facebookでコメントする

スイング中に左足、正しく使えてる?」への2件のフィードバック

  1. YAYASU

      こんばんは。左足のご指導有難うございました。
      是非とも、動画にてご指導を期待しております。

    返信
  2. ブンちゃん

     初めての投稿です
    今日の、両足にかかる体重の話、大いに納得しております
    自分も右足がベタに近い状態(右足で踏ん張る意識)でインパクトを迎えるスイングを理想としております
    アン・ソンジュやシン・ジエプロのイメージでしょうか
    腰はちゃんと入れているつもりですが、球を見ると当てに行ってしまい、仲間からはもっと振ったら なんて言われます。
     63歳になり、飛距離の衰えを感じ、悩みながら練習しています。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。