【課題メモ付き】ラウンドの数だけで、上達はしない

2019.01.07
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

こんにちは、小原大二郎です。

最近、様々な格安ゴルフプランが増えてきています。

昔よりも会員権もだいぶ値下がりをしたため
手に入れやすくなっていることも背景にあるかもしれません。

先日、私のFacebookメンバーの方に
会員権を持っているか、とアンケートをさせていただいたところ
かなり多くの方が教えてくださって

中には、目を見張るような高級ゴルフ場もありました。

ゴルフ会員権を購入するメリットは
そこで得られるコミュニティです。

新しいゴルフ上手で
ある程度、審査を経て入会したメンバーさんとの交流は
あなたを新しいゴルフのステージへと連れて行ってくれることでしょう。

それが、あなたの次なるゴルフ上達への糧にもなります。

ただ、会員権を購入したり
ラウンド頻度を増やしてゴルフをしている方に
1つ伝えておきたいことがあります。

さらに、ゴルフを上達するために、、、

必ず、自分の課題を持つこと

繰り返しになりますが
ラウンド頻度を増やすことはとても大切です。

年に1,2回のゴルフでは絶対に上達しません。

だからこそ、あなたが少しでも2019年上達したいのでしたら
まず真っ先にやることが、ゴルフ場の予約を取ること

友達と会って、ゴルフの予約スケジュールをつくることです。

自然と、締切効果が生まれて
練習頻度が上がったり
ゴルフへのやる気が上がってきます。

ただ、やみくもに毎日ラウンドしたからと言っても
上達につながらないのが、ゴルフの難しいところです。

必須なのが、ゴルフへの課題を持つということ。

すぐに上達する人は
自分がスコアメイクするために
正しい課題を持っています。

ラウンドしたときの反省をして
課題があり、課題を解決するための、行動があります。

だから、同じラウンドでも
成長する人と、しない人がいます。

特に、ゴルフ初心者の方は
スコアカードへのメモや
その日の番手選び、コースマネジメントなど

その日のゴルフを思い出して
課題を作ってみてください。

ゴルフの課題ヒント

あなたの思考のヒントのために、ゴルフの課題となりそうなヒントを列挙しています。

あなたの課題を探すヒントにしてみてください。

・OBの回数
・パターの回数
・バンカーの脱出率
・100y以内のオン率
・ドライバーの成功率
・ミスショットの数
・セカンドOBの数
・ドライバー飛距離
・クラブ別の得意・不得意
・前半、後半の得意・不得意
・食事
・お酒
・ウェア
・持ち物
・ゴルフクラブ
・用具の手入れ
・スライス
・ダフリ・トップ
・フック
・シャンク
・天プラ
・ドラコンホール
・ニアピンホール
・左足上がり
・左足下がり
・つま先上がり
・つま先下がり
・アドレスの向き
・肩の向き
・腕の向き
・アプローチ距離感
・番手選び
・前日の準備
・睡眠
・交通アクセス
・コーチから指摘されたポイント
・メンタル
・練習量
・ラウンド頻度
・ショート・ミドル・ロングの得意・不得意
・アドレス
・テークバック
・ダウンスイング
・インパクト
・フォロー
・フィニッシュ
・ビジネスゾーン

あなたの課題は見つかりましたか?
もし、見つかったら、早速次回のラウンドでの攻略に向けて準備していきましょう!

追伸:
もしあなたが、、、

・ショットのミスが多すぎる
・ボールが曲がりすぎる
・アプローチが乗らない
・パット数が多い

という課題を抱えているなら
まずはビジネスゾーンに集中しましょう。

ビジネスゾーン上達のためのポイントが
ゴルフライブの新年感謝祭で特別価格でリリースされています。
(本日1/7まで)

http://g-live.info/click/bzm01_19/

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。