1メートルぐらいのパットに自信がない…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.01.26
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^
 

さて! 本日もお悩み解消から。。。
 

 「1メートルぐらいのパットに自信がない」
 

そういう方、少なくないですよね~(´・ω・`)

でも、そうやって。。。

自分を認められて素晴らしい!

自分の自信のないところがわかっているのは
何より素晴らしいです~(∩´∀`)∩ワーイ
 

とはいえ、実際にどこが良くなくて
どこを直せばいいのかわからないのは。。。

それはそれで、一番困りますよね? では。。。
 

 「苦手なところがわかっているのに、直らない」
 

このようになってしまうのって、
一体なんでなんでしょうか?
 

それは。。。
 

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・
 

モンゴが思うに、それって
苦手なところに対する「アプローチのしかた」
問題があると思っています!
 

以前に「1メートルぐらいのパットに自信がない」というお客様と、
こんなやりとりがありました。

以前にイベントで…

コンペや交流ラウンドなどのイベントでは、
ラウンドの前にお客様と練習グリーンなどで
お話をさせていただくことがあります。
 

 (モンゴはやっぱり、パターグリーンとか
  アプローチ練習場とかを担当することが多いです!)
 

そんな時の、お客様との会話で。。。
 

お客様「モンゴさん!
    いつもメルマガ読ませてもらってますよ!」

モンゴ「おおー! どうもありがとうございます!」

お客様「実は私、1メートルぐらいの短いパットを
    外してしまうことが多くて。。。」

モンゴ「ああー、そうですか。。。
    じゃあ、ちょっとあそこのカップの近くで
    打ってみてください」

お客様「はい(打ってみる)」
 

という感じで、何度か打っていただいたんですが
確かに1~2メートルぐらいのパットをほぼ全部、
引っ掛けちゃってました。。。(T_T)
 

モンゴ「なあるほどお。。。確かにショートパットで
    ちょっと引っ掛けちゃてますねえ。

    でも、ちょうどいいお題ですね!
    じゃあ、こういうときは
    どこから修正していきましょうか?」

お客様「引っ掛け。。。うーん。
    たぶん今、アウトサイドインに
    なっちゃってると思うんですよね~」

モンゴ「なっ! なぬ!!!ヽ(`⌒´メ)ノ」

お客様「えっ?」

モンゴ「どこから、直すんですか!?」

お客様「へっ?」

モンゴ「アウトサイドインは、ただの結果ですよ!

    そのアウトサイドインを生んでいる
    根本的な原因は、どこでしたっけ!?」

お客様「あっ!(;´Д`)」

モンゴ「(ホッとして。。。)
    そうですよ。まずは、そこを直さないと!」

 

そう、モンゴのメルマガを長年読んでいるあなたなら
もうお気づきですよね!

そのお客様の引っ掛けの原因は、動きではなくて。。。

アドレス!

はい、つまり最初から引っ掛ける「構え」を
してしまっていたのでした!

お客様に最初「アウトサイドインが。。。」と
言われたときは、もうどうしようかと思ったんですが。。。

でも、最終的には気づいていただけて、良かった~(о´∀`о)

このお客様の場合、アドレスの基本的なところは
それほど問題ありませんでした。

ですが、構えてラインをチェックするときに
1回目は横目だけで見える範囲で
チラッと確認してたんですけど。。。

2回、3回と確認するにつれ、
顔が完全にカップを向いてしまってたんです!

これはパターあるあるなんですが、
顔がカップに向いちゃうと、たいていの人は
右肩がかぶってきて、引っ掛けちゃうんですよね。。。

まず、そこを直さないで、
アウトサイドインの動きを直そうというのは
 

 「喝っ!!!」(-_-;)/(+_+;)\(-_-;)
 

「もお~、ホントにメルマガ読んでいるんですか?」って、
モンゴ泣いちゃいますよ。。。(ノд・。)
 

いいですか。
 

 ・まずはアドレス!

 ・その次に、動き!(しかも、足元から)
 

しつこいですが、これを必ず頭に入れておいてください!
 

1メートルのパットだって、外すには必ず理由があります。

ちゃんと目標に打ちたい方向に向けているかとか、
ボールにラインを引いて、そのラインに打つ方向を
向けているかとか、そういうのも大事ですけど。。。
 

まずはアドレス!
 

そこを気を付けて練習してみてください!

ここ、ちゃんと正しい順番でやらないと、
悪い動きが身についてしまいますよ~!
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 

<本日のオススメ>

このプログラムの最大の目的は
「1日1分の筋トレ」「我慢ナシの1日3食」
この2つをしていただくことで…

 ・人間の生理学にかなったステップで
  無理や我慢をすることなく

 ・ゴルファーとしてキレのある理想の身体を作り

 ・生涯現役で楽しくゴルフをすることができる

あの小原大二郎プロも推薦する
「プロフェッショナル・コンディショニングコーチ」
の大学講師、森部昌広先生が…

ゴルフに最適化されたスリムなカラダを作るための
具体的なアドバイスをくれます。

http://g-live.info/click/modt1901/

100名限定です。返金保証付き

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アドレス, スタンス, パター, メルマガ, 引っ掛け, 新着メルマガ, 方向性 | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。