プロみたいなラウンドをしてみませんか?

2019.02.07
志賀さんプロフィール写真

From:志賀康平
千葉の自宅より、、、

こんばんは!
志賀康平です。

先週末のフェニックスオープンは
なかなか壮絶でしたね。

結局はリッキー・ファウラーの優勝ということで
幕を閉じましたが、最終日にダボ、トリを叩いて
勝利したのは1983年以来とのこと。

それでも勝てるなんて
すごいなと思いました!

さて、日本でもアメリカでも
普通は一回のツアーで4日間
同じホールでラウンドします。

あなたも泊まりゴルフなどで
2日連続はあると思いますが、
3~4日間となると、

同じゴルフ場なのに、
ものすごく見える景色が変わります。

そこで今日は、かつて私が経験した
「同じコースをずっと回るとどうなるか」
という話をしたいと思います。

というのも、私は何日も連続で同じコースを回った時に、
ゴルフというスポーツの恐ろしさに気づいたんです。

それは、、、

昨日と同じホールなのに、、、

正直言うと、1日目は
なんともないんです。

なんともないと言ったら変ですが、
普通のラウンドと変わりません。

徐々に牙を剥き始めるのが2日目です。

この時、影響を及ぼすのは主に2つ。

1つはコース環境です。

ゴルフは例え同じ距離飛んだとしても、
落下位置が横に1メートルズレただけで
恐ろしくショット難易度が変わります。

あなたも、もう少し右に落ちてくれれば
あの木が邪魔しないのに、、、
みたいな経験ございませんか?

そういったボールが落下した位置のライや
風といった外的要因で、同じホールでも
全く見え方が変わります。

2つ目は前日のスコア。

これから回るホールのスコアが
前日に良かったにせよ、悪かったにせよ
絶対に思い出すはずです。

そうすると、

「前日バーディだったから今日も…」

とか

「昨日はボギーだったから今日は…」

こんな感じで、体に力が入ってしまいます。

このような感情がスイングに
影響しないわけがありません。

結果、思わぬところでミスが出たりします。

魔の3日目…

と、2日目までは多くのゴルファーが
体験していると思うので、
ここからは3日目以降の話。

3日目最大の敵、
それは疲れです。

ただ、それは体力的な疲れだけではなく
精神的な疲れと共にダブルパンチで我々に
襲いかかってきます。

確かに、2日回ることで
コースレイアウトはもう覚えています。

なので、大雨が降っているとか
そんな大きな天候の崩れが無い限り、
クラブ選択のミスなどは無くなります。

ですが、

なんで1日目と同じミスするの?って悩んだり、逆に
昨日までボロボロだったホールでバーディを取ったりと、

精神的なブレ幅が大きくなる分、
字のごとく、メンタルを擦り減らしながら
ゴルフをしていきます。

そこに、体力的な疲れが来ると、、、
ホールアウトした時には
グッタリします。

その上、夜になって寝る時に
ラウンドのことを思い出したりして
寝付きが悪くなったりします笑

そんなこんなで迎える最終日は
もう無の境地と言いますか、
達観したような雰囲気でプレーします。

意外とそんな状態になった時の方が、
思い通りのボールが打てて、
スコアが良くなったりするんですけどね笑

まとめ

中継などで見るプロゴルファーは
こういった自分自身の調子に加えて、
順位というものがあります。

追う側、追われる側両方経験ありますが、
どっちにせよ、辛いのは確かです。

改めて、ゴルフはテクニックではなく
メンタルのスポーツということを
思い知らされました。

今年のGWは元号改正の影響で
10連休になるとのこと。

もしよろしければ、連続ゴルフに
チャレンジしてみてはいかがでしょうか。


<本日のオススメ>

「結局、去年は飛距離アップ出来なかったな…」

そう感じてる方はいませんか?

飛距離を武器に出来れば、
ゴルフは100倍楽しくなる。

そう宣言するレッスンプロが
あなたにメッセージがあるそうです。

こちらから詳細を確認する

The following two tabs change content below.
志賀康平

志賀康平

父の影響で7歳のころからゴルフを始める。中学校はゴルフ部に入ったことから本格的にゴルフを始め、高校時代は東北地区大会優勝経験も。在学中はゴルフ選手権での優勝を始め、数々の試合で入賞経験を持つ。その後競技選手として活躍後に小原プロに出会い、その理論と人柄に感銘を受け、レッスンプロとしての道を歩み始める。最大の持ち味は小柄ながら効率的に飛距離を伸ばすドライバーテクニックで、最大飛距離は330ヤード、平均飛距離でも300ヤード超えを誇る。また、イップスに陥ったゴルファーを救った経験から、イップス矯正のスペシャリストとしての一面も。スコアアップにおいても、ビジネスゾーン理論をベースに、ゴルファー一人一人の悩み、症状に合わせた「オーダーメイドレッスン」で1,000人以上のゴルファーのレッスンにあたり、ゴルフパフォーマンスにおいても、屈指の人気を誇るレッスンプロとなっている。
カテゴリー: 100切り, ドライバー, メルマガ, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
志賀康平

志賀康平 について

父の影響で7歳のころからゴルフを始める。中学校はゴルフ部に入ったことから本格的にゴルフを始め、高校時代は東北地区大会優勝経験も。在学中はゴルフ選手権での優勝を始め、数々の試合で入賞経験を持つ。その後競技選手として活躍後に小原プロに出会い、その理論と人柄に感銘を受け、レッスンプロとしての道を歩み始める。最大の持ち味は小柄ながら効率的に飛距離を伸ばすドライバーテクニックで、最大飛距離は330ヤード、平均飛距離でも300ヤード超えを誇る。また、イップスに陥ったゴルファーを救った経験から、イップス矯正のスペシャリストとしての一面も。スコアアップにおいても、ビジネスゾーン理論をベースに、ゴルファー一人一人の悩み、症状に合わせた「オーダーメイドレッスン」で1,000人以上のゴルファーのレッスンにあたり、ゴルフパフォーマンスにおいても、屈指の人気を誇るレッスンプロとなっている。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。