【ビデオ】ティーショットの『曲がり』克服法

2019.04.05
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

2週続けてティーショットについての
動画をお送りしていますが、
ご覧いただけたでしょうか?

素振りで飛距離アップ!

スライスは、フェースの向きで直す

今週はティーショットシリーズの第三弾
「フックを直す方法」をお届けします。

多くの方が悩むスライスやフック、、、

一度出始めるとなかなか直らず、
僕もたくさん苦い思いをしてきました。

前回お伝えしたスライスの直し方を応用して
フックを【一発】で直す方法をお伝えします。

それでは、
御覧ください。

スライスを直す方法同様に、
こちらの方法ではアドレスや体の使い方を
根本から解決できません。

あくまでも「ラウンド中の対処法」になるので
普段からこの方法は使わないようにしましょう。

以前書いたフックの直し方についての記事を載せておくので、
是非参考にしていただければと思います。

【ビデオ】手首と曲がりの関係

こういったポイントごとの改善を重ねれば
フックは減少してきます。

是非取り入れてみてください。

小原大二郎
 

<本日のオススメ>
あなたのスイングスキルを最大限に高め、
あなたのゴルフを急速に成長させる
”小原大二郎の極意”とは?

詳しくはこちら

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: 100切り, 90切り, ティーショット, ドライバー, ビデオ, フック, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】ティーショットの『曲がり』克服法」への2件のフィードバック

  1. YAYASU

    先生有難うございました。練習場で試してみました。最初のうちは、右へサヨウナラ。何となく気持ち悪い。10球ほど試しているとほぼ真直ぐ飛び出しました。コースでは、たまにフックに悩みます。今日のことを引き出しに入れておきます。役立つことが無いように楽しみたいです。

    返信
  2. 荒田俊弘

    この例とは逆の話ですが、ボールが右に右に行く時は、フェースを少し左に向けたらまっすぐに行く筈ですね。
    但し、あとはプロの話のように、ちゃんと修正する必要はありますけど・・・。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。