最高のゴルフ上達環境を手に入れる方法

2019.05.13
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

「今すぐ鼻を触ってみてもらえますか?」

こう言われて触れない人って
果たしているのでしょうか?

あなたも今思った通り、
最低でも99%の方は確実に
難なく達成出来ると思います。

なぜか?

あまりにも簡単過ぎるからです。

そして、今鼻を触ることが出来た
あなたはおめでとうございます。

上達への道は確約されたも同然です。

今日はなぜ私がこんなことを
言い始めたのか、もちろんゴルフと
絡めてお話したいと思います。

現代人は決断に疲れている?

このメルマガをお読みの方は
部下を従える立場にいらっしゃったりする方が
とても多いと思います。

私自身そうなのですが、責任ある立場になると
毎日決断、意思決定の場面だらけではありませんか?

お気づきの通り、意思決定というのは
本来かなりのエネルギーを使う作業。

にもかかわらず、1日に使えるエネルギー、
体力というのは限界がありますから
家路につく頃にはクタクタになります。

そして、決断すること以上に
エネルギーを使う行為が

「新しいことを始める」です。

新しいことを始めることが
なぜ難しいかというと、
習慣になってないからです。

言い換えるならば
「意識的に行動しないといけない」
行為は相当に体力を使います。

その上、人間はストレスに晒されると
新しいことは絶対にしないで、普段から
している行動に依存します。

考えないで行動出来ますからね。

私が今回あなたにご提案したいのは
「無意識にゴルフの練習をしてしまう」
方法です。

「ゴルフの練習をあなたの日々のローテーションに
組み込んで、スコアアップしやすい環境を手に入れる」
状況を作り出す方法です。

そこでヒントになるのが

「今すぐ鼻を触ってみてもらえますか?」

ということなんです。

挫折することを難しくする

例えば「毎日5分素振りをする」ことを
習慣にしようとしましょう。

この時、初日から5分素振りは
しなくて大丈夫です。

なぜなら、これまで素振りを
していなかったゴルファーが
急に5分も素振りをするのは

とてもエネルギーを使う作業だからです。

私ならまず、挫折する方が
難しいことから始めます。

玄関にクラブを置いといて
帰宅と同時にグリップを
握ってからリビングに行くとか

ゴルフ上達の本や映像を
1分だけ、1ページだけ読むとか

携帯やパソコンで1日1回必ず
ゴルフと検索するとか、

こういうことなら、
挫折するほうが難しいと思います。

私の経験談ですが、こういった行動を
積み重ねることで、じつにゴルフの
やる気が出てきます。

ちなみに、多くの方は
「やる気があるから行動する」と
思いがちですが、それは逆です。

「行動するからやる気が出る」んです。

やりたくないことでも、
やり始めると意外に没頭してしまうのは
こういったメカニズムがあるからです。

最後に

大型連休も終わり、
まさに5月病といったように
ダランとしてしまう時期だと思います。

だからこそ「挫折する方が難しい」ことから
何かを始めましょう。

またメールします。

追伸

そしてもしよろしければ
今日から「ドローボール」の
習得を目標にしてみませんか?

ハイ、私はドローを打てるようになります

ドローの習得も多くのゴルファーが
挑戦しては夢破れることが多いです。

スライスも治り、飛距離も伸びる
というのはじつに魅力的ですもんね。

そこで、私がドローを習得したいゴルファーに
レッスンしている内容をそっくりそのまま
映像化致しました。

ビジネスゾーンを実践するあなたなら
難なく達成出来ると思います。

是非、ご覧ください。

今すぐ詳細を確認する

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

最高のゴルフ上達環境を手に入れる方法」への1件のフィードバック

  1. 小西 孝昭

    私は書籍『ザ・ビジネスゾーン』も購入し、GOOにも入会して練習したりしてますが、メールで紹介されるのは、次々の有料学習材ばかりです。GOOだけでは上達できないと言うことでしょうか?まるで”Golf is money”の様です。
    そう言うものですか?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。