【LINE】スライスを直すための練習方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.07.31
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、



こんばんは、
小原大二郎です。



LINEの友だち限定動画レッスン

2つ目の動画は
『スライスの直し方』

多くのゴルファーが悩むスライスですが
ビジネスゾーン、腰から腰の動きで
丁寧に練習することで改善されていきます。

ご自宅では丁寧に素振りをし
フォローのフェイスの向きを
毎回チェックしてください。

そして練習場で、実際にボールを打つ練習でも
打った後にボールの行方を見るのではなく、
フェースの向きが12時になっているか

しっかりと確認してください。

この腰から腰の練習を丁寧に、積み重ねることで
ドライバーショットなどの大きいスイングでも
まっすぐ当たるようになってきます。



先週のダフリの直す練習法でもお話しましたが、
ビジネスゾーンで腰から腰の小さなスイングで
修正していくほうが遥かに簡単です。

ゴルフの悩みによって直し方や練習法は様々ですが、
共通する部分は「ビジネスゾーンから治す」

これを意識しながらぜひ、
練習を続けてみてくださいね。



小原大二郎
 


<本日のオススメ>

たった「7球」打つだけで
ダウンブローが打てるようになる…

そんな夢のような
ダウンブロー養成クラブが
数量限定で日本に上陸しました。

入手困難なこのアイアンに
近藤プロのダウンブロー完全習得マニュアルが付いて、
プロのスイングをあなたにインストールします。


詳しくはこちら »

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

【LINE】スライスを直すための練習方法」への3件のフィードバック

  1. van

    ザ ビジネスゾーンを愛読させていただいております。グリーンまわりのアプローチショットでハンドファーストでよろしいのでしょうか

    返信
  2. van

    グリーン周りでピッチングウェッジとサンドウェッジの使い分けを教えていただければ助かります、宜しくお願い致します。

    返信
  3. もっち

    ビジネスゾーンの練習を始めてから
    確実にボールに当たる様になりました。
    まだ、距離は出ません
    でも、しっかり当たった時の音がこんなにいい音だと思わず
    すごく嬉しいです。
    ただ、つい当たったボールの行方を追ってしまうので、フェースの向きが12時になっている事をしっかり確かめるようにしたいと思います

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。