バンカー恐怖症の方は他にいませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.09.17
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

今回は、
 

 「バンカー恐怖症の方は他にいませんか?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

バンカーにはまるたびに「ああ、またバンカー」と思って
憂鬱な気分になってはいませんか?
 

そんなあなたに対して、周りの人は
こんなことを言っていませんでしょうか?

「バンカーはもっとフェースを開いて!」

いざ「フェースを開け」と言われても、
 

 「右に飛びそうで、シャンクになるのが怖い。。。」
 

そんなふうに思って、フェースを開くことができずに
固まってしまってはいないでしょうか?
 

確かに実際、バンカーでフェースが開けない方の構えを
フェースがぐっと開くように開いてあげると、
「右に飛びそうで怖い」とおっしゃいます。

実はここが、バンカー恐怖症の方に一番よくある
不安の根源とも言えるのです。

まずは、この不安を克服しないことには、
先に行くことはできません。
 

ですが、すでにご承知の方も多いように

フェースの開きと球の飛ぶ方向は無関係

実際のバンカーショットの場合、
フェースの開きと球の飛ぶ方向には
あまり関係がありません。

フェースの向いた方向ではなく、
砂が飛ぶ方向に、球が飛んでいくのですね。
 

それでもまだ疑う方は、
バンカーショットを思い返してみてください。

バンカーでは
 

 球の手前、3~4センチにヘッドを入れなさい
 

などと説明されます。

つまりバンカーのエクスプロージョンショットでは、
フェースと球は直接コンタクトしないわけです。

一番わかりやすいのは、
実際にバンカーの練習ができる場面で、
 

 ・フェースを閉じて打つ

 ・フェースを開いて打つ
 

これを打ち分けてみれば、一番よくわかります。

砂は基本的に、クラブを振っていく方向に飛んでいきます。

そして、その砂が飛んでいく方向に球が飛んでいくのです。
 

この打ち分けの確認によって、
フェースがどこを向いていようと
砂の飛ぶ方向にはあまり関係がないと、実感できるでしょう。

じゃあなんで、フェースを開くの?

 「え、江連さん。フェースの向きと球の飛ぶ方向が無関係なら、
  そもそもフェースを開く必要なんて、ないんじゃないですか?」

 

はい、ですがサンドウエッジ(SW)というクラブは、
フェースを開いた方が、バンカーから脱出しやすい
デザインになっているのです。
 

サンドウェッジを正面から見てみると、
ソールのリーディングエッジより下に
出っ張った丸い底部分があります。

これを「バウンス」と言います。

このバウンスが大きければ大きいほどヘッドが砂に潜りにくく、
また砂を弾きやすくなります。
 

そして、サンドウェッジのフェースを開くと。。。

ソールの下の部分が大きく出っ張ってきます。
つまりそれだけバウンスが強くなってくるわけです。

バウンスが強くなれば、
 

 ・ヘッドが砂に潜りにくくなる

 ・ザックリも出にくくなる
 

なので、ザックリの多いタイプのゴルファー
(=バンカーが苦手だと感じているゴルファー)こそ
思い切りフェースを開いて打った方がよい、となるわけです。
 

ちなみにご存知と思いますが、
このサンドウェッジを開発したのは、アメリカのプロゴルファー
ジーン・サラゼン(Gene Sarazen, 1902 – 1999)ですね。

2018-1022_1

バンカーショットの練習法

私がオススメする練習法は、
バンカーのある練習場に行って
 

 1.バンカーで構えた自分に向かって
   10センチ幅の2本線を線路のように引きます。

 2.スウィングでこの2本線が消せるように、
   フェースを開いて思い切り振ります。

 

当たり前ですが、砂の抵抗がありますので
フェースをしっかり開いて振りましょう。

そして、この時に注意してほしいのが
 

 スウィング中の音
 

です。
 

上手くフェースを開いて打てていれば
 

 「シュパーン!」
 

という軽い音とともに、
2本の線を叩き消せるはずです。
 

逆に、フェースが開けなかった場合は、
 

 「ドス!」
 

という重い音がして
どちらか1本の線は残ってしまうでしょう。
 

これを繰り返して、つねに「シュパーン!」という
良い音が出せるようになったら、
2本線の間隔を20センチに広げます。
 

これを繰り返すことで、
いつの間にかフェースをしっかり開いて
バンカーショットが打てるようになるはずです。
 

ぜひ、お試しください。

追伸:バンカーも気になるけどやっぱり飛距離UPの方へ

下記の私の人気プログラムですが、
飛距離アップを目指す方に人気です。
 

人気プログラムのため
このメルマガ読者限定でご案内している関係で、
「人数限定」でのご案内となっていますが。。。

ご興味のある方は、どうぞお早めに
コチラから申し込んでおいて下さい。

コチラをクリック

本数限定。先着順で特典あり
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: クラブ, ゴルフクラブ, サンドウェッジ, スコアアップ, トラブルショット, バンカー, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。