【LINE】フックを無くす○○の角度

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.10.23
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、



こんばんは、小原です。

LINE友だち限定
Weeklyレッスン動画

今週は久しぶりに
LINEでいただいたお悩み解消法を
伝授していきたいと思います。

今回紹介するお悩みは
男性からのLINE。

「左利きなんですが、
 アイアンでフックが頻発します。

 今までスライスすることはあっても
 フックすることはなかったので
 他にどこに気をつければいいか教えて下さい。」

フック(引っ掛け)の原因と言えば
スイングの軌道が大きく影響します。

ですが意図しないフックには
スイング軌道以外にも大きな原因があるのを
あなたは知っていますか?

この原因の修正は、
スイング軌道の修正よりもとても簡単で

私がオススメしているビジネスゾーンの練習の
ある点を注意するだけでいいのです。

今日は動画で、フックが頻発してしまう人のための
気をつけるべき一つのポイントについて説明したので
今困ってないとしてもチェックしておいてくださいね。



追伸

あなたの飛距離って今どれくらいですか?

全世代のゴルファーに調査してみると
日本人男性ゴルファーの90%近くが
250ヤード以下という結果になるそうです。

つまり250ヤード以上飛ばせるゴルファーは
飛距離で見たら上位10%のゴルファー…

あなたも上位10%になりたくはありませんか?

実は、ハッキリ言えることなのですが
あるポイントを把握し、頭に叩き込むだけで

筋力に自信がない人や女性でも
3ヶ月であと50ヤード飛距離を伸ばすことは
十分に可能なのです。

https://g-live.info/click/fdm1910/



小原大二郎

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。