タイガー、ZOZOチャンピオンシップ優勝!

2019.10.29
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

今回は、
 

 「タイガー、ZOZOチャンピオンシップ優勝!」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

ご承知の通り、日本初開催のPGAツアー
「ZOZOチャンピオンシップ」
見事タイガー・ウッズが優勝を飾りました。

いやあ、もう。。。

言葉が見つからないです

今回の優勝は、
 

 ・日本初開催のPGAツアー

 ・サム・スニードが1965年に打ち立てた
  ツアー記録に並ぶ通算82勝目

 ・54年ぶりの優勝記録更新
 

だったのですが、おそらくタイガーは8月の試合以来、
それほどゴルフはできてなかったと思います。

そんな中での来日で、イベントをやって
ジュニアも教えて。。。

そんな中での、歴史的な優勝だったわけです。

まさかこんなタイミングでとは、
思いもしませんでした。

これをお読みのあなたは
まさに「歴史の目撃者」となったと言っても
いいと思います。

そのような歴史を、
日本で作ってくれたのは
嬉しいことです。

5日間の試合

あなたもご存知の通り、今回のZOZOチャンピオンシップは
雨天による金曜日の中止で「5日間」の試合となりました。
 

こうした順延によって長丁場になることは
どちらかというと不利には働くことも少なくありません。

(もちろん、そうした条件は
 出場する選手全員が同じなわけですが。。。)
 

その中でも、タイガーはやっぱり落ち着いていました。
(少なくとも私には、そう見えました。)
 

静かに、そしていい意味で
淡々とやっていた、そんな感じです。

やはり経験上、通算82勝のタイガーは
勝つためにやるべきことは
きっちり分かっている。。。

そういうことだと思います。

圧巻のアイアンショット

今回の試合でタイガーは
フェアウェイに確実に打てていました。

やはりそこは、流石です。
 

そして、あとはショートホールですね。

日曜日に生で見ていましたが、
しっかりだけどやわらかいショットでした。
 

たとえば池のある16番のパー3のホールなど、
いわゆる池絡みは、保険かけて強く振るものなんですが

そこでのショットのリズムが絶妙でしたし、
実際、パー3のホールはすべてノーボギーでした。
 

今回の試合を通してですが、
アイアンのリズム感がよかったと感じました。

ますますタイガーから目が離せない

続く2位に松山英樹が入ったのも素晴らしかったですし、
3位Tにロリー・マキロイが入ったのも盛り上がりました。

ともあれタイガーもここで一個勝つと
いいことというのはまた続くものですから。。。

ますますこれからのタイガーから
目が離せなくなってきました。
 

今回のタイガーの優勝には、
私も本当にワクワクさせられました。

松山プロも同じように言っていたようですが
また来年も日本でタイガーが見れるかもしれません。
 

そしてもう一つの楽しみといえば、
12月に行われるプレジデントカップ(メルボルン)の
メンバー発表が来月にあります。

キャプテンのタイガーが誰を指名するのか、
これもまた楽しみですね。

追伸:タイガー・ウッズのスイングを学びたいなら

今回のタイガーの優勝に合わせたわけではないのですが、
私が監修した

 「タイガー・ウッズのスウィングを徹底解剖」

の教材プログラムが、ちょうど昨日
ゴルフライブからリリースされました。

コチラをクリック
 

タイガーのスウィングを紐解きながら
あなたのゴルフ人生を激変させるという
史上最高のスウィング教材です。

生ける伝説、タイガーのスウィングに
1ミリでも近づきたいと思うなら、
こちらからアクセスして下さい。

さあ、次はあなたの番です。

コチラをクリック
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
カテゴリー: アイアン, ゴルフ業界, ツアープロ, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。