ターフをごっそり?!脱すくい打ち宣言

2020.01.06
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

年末年始休暇も終わり、
今日から仕事初めという方が多いようですね。

私も早速お正月気分から抜け出し、
今年もゴルフに邁進しようと思います。

さて先日、レッスンをしている時、
ある生徒さんから悩みを打ち明けられました。

「ゴルフ歴は10年になるのですが、
アイアンでなかなか飛距離がでないんです…」

「ボールは高く上がっているんですけど…
多分ゴルフを始めた頃からすくっちゃう癖が付いてて…」

「どうにかアイアンでも飛距離が出せるようになる方法を教えて下さい!」

ティーアップするドライバーと違って、
アイアンは地面から直接打つから、
どうしても打つときに、
すくい上げてしまいがちになります。

私が編み出したビジネスゾーンをマスターすれば、
すくい打ちも改善されるのですが…
長年の癖を壊すのはやっぱりむずかしいですよね。

これにはミスショットがでにくく、きれいにボールを捉えられる、
“ダウンブロー”という方法もあるので、
あなたにもシェアしたいと思います!

すくい打ちはトップやダフリの原因にも…

・よくトップをする
・ボールは高く上がっているのに飛距離が出ない
・スライスやフックがよく出る
これらがあてはまる方は、すくい打ちをしている可能性があります。

すくい打ちをされる方は、
トップをすることが多いのですが、
トップを避けようとダフることも多くなってきます。

すくい打ちをして、
クラブのフェースの一点でボールを打ってしまうと、
飛距離がない打球となってしまいます。

脱すくい打ち練習法

私はターフがごっそり取れるようなダウンブローを打つときは、
クラブヘッドの最下点を、
ボールよりも先の位置に設定してスイングをしています。

つまり、
クラブヘッドが最下点に到達する前にボールを打っているので、
打ち終わった後にゴルフクラブが最下点に到達し、
その瞬間ターフが取れるという流れになっています。

アマチュアの方とプロゴルファーのクラブの最下点を比較すると、
アマチュアの方だと最下点はボールの位置、
プロゴルファーだと最下点はボールの先10~20㎝くらいになっています。

改善策①
すくい打ちをしてしまう方は、
スイングし終わった後右足に体重が残っていて、
右肩が下がっている状態になっていることが多いです。

これは体重移動がうまくできていないことが原因です。

体重移動がうまくできていない方は、
アドレスで右足の踵を少し浮かせてスイングすることで改善します。

右足の踵を少し浮かせることで、
ダウンスイングしたときに右肩が下がりにくくなります。

改善策②
すくい打ちをする瞬間、
ショットを打つときのポイントが面ではなく点になっていることがあります。

鋭角に入りすぎてしまう軌道から、
ダフりやトップのミスが出やすくなってしまう原因になっています。

できるだけ入射角をゆるやかにするようにしましょう。

・練習場でマットに角度ををつける
・クラブが当たっても危なくないものをボールの30センチほど前に置く

このような工夫をして、
上から打ち込むイメージを体に染み込ませましょう。

すくい打ちは飛距離がでない打ち方です。

体重移動、入射角、この2つのポイントを気をつけるだけで、
飛距離15ヤードアップは簡単にできます。

可能であればすくい打ちをしているかどうか、
他の人にチェックしてもらったり、
動画で撮影してみると良いかもしれません。

ビジネスゾーンをマスターされている方は心配ないと思いますが、
もしビジネスゾーンを確認してみても、
すくい打ちの癖が直らないという方は、
ぜひ今日あげた改善法を試してみてください。

きっとあなたの飛距離アップに貢献できると思います。

〈追伸〉
新年を祝しまして、
お正月の期間限定で、
大感謝祭キャンペーンを実施しています。

どうにか私のノウハウを沢山の人に伝えたい、
ゴルフの悩みを解決したい、
このような願いを実現させるべく…

今回お正月の感謝祭と称して、
私の大好評いただいているプログラムを
信じられないような価格でご案内しています。

さらに忙しい時期なので、
DVD本体があなたの手元に届くのが遅くなってしまう…

ということで、
今回限り特別にウェブ視聴版もご一緒に用意いたしました!

このお正月限定の特別キャンペーン、
1月7日までとなっておりますので、
どうかお早めに…

https://g-live.info/click/bzm_2001/ 

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

ターフをごっそり?!脱すくい打ち宣言」への2件のフィードバック

  1. 吉田 勝

    非常に理解し易いご指導ありがとうございます、何時も拝見いたしております、今後ともご指導のほどよろしくお願いします。

    返信
  2. 塩貝 勉

     小原さん、おめでとう㊗️御座います。
    ダウンブローの打ち方、改めて練習場で試してみます。ところで、年末に注文したドライバーは、まだ、届きませんが発送は、いつでしょうか?
    確認して貰えますか?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。