苦手なんて言わせない。ドライバーを得意クラブに!

2020.02.03
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

昨年末に学生時代の友人から、
「ゴルフを始めた!」
という連絡をもらいました。

彼は学生時代から要領がよく運動神経も抜群だったので、

(ゴルフでもさぞかし、その才能を発揮してるんだろうなあ)

と、いつか彼とラウンドできる日が来るのを楽しみにしていました。

つい数日前そんな彼からまたメールが届きました。

「初めてラウンドに行ったが朝イチからドライバーショットで全然飛ばなかった。
むずかしいとは聞いていたから練習場では一番練習していたのに!
ゴルフのセンスが無いのかな…」

と、すこしほろ苦いコースデビューとなったようで、
気を落としていました。

(落ち込んでいた彼にフォローの言葉をかけつつ軽くアドバイスもしたので、
きっと今頃闘志を燃やしていると思います。)

ですが、
彼のようなゴルフ初心者の方だけでなく、
アマチュアゴルファーの方でも、
ドライバーを苦手とする方は実はたくさんいます。

シャフトの長いドライバーだと、

「クラブが言うことを聞いてくれない…」

「スイングが安定せず毎回球筋が変わってしまう…」

「慎重になりすぎてフェアウェイにすら届かない…」

なんていうような悩みを今まで本当にたくさん聞いてきました。

ということで今回は、
そんなドライバーをいち早く克服し、
他のゴルファーと差をつけるための練習法を伝授しようと思います!

“急がば回れ”で着実にスキルアップ

ドライバーを苦手とされている方は、
練習時間の多くをドライバー克服のために費やしていることと思います。

それは本当に素晴らしいとこです!

苦手なことをコツコツ練習するのって、
苦痛で心が折れそうになったり、
克服すること自体を諦めそうになったりしてしますいよね…

ですがこのメルマガを熱心に読んでくださっているあなたは、
きっとそんな弱い自分に唆されることなく、
日々ゴルフ上達のために練習に取り組んでくださっていることと思います。

とはいえ、

「熱心に取り組んでいるのに、なかなかドライバーが克服できない」

なんてことはありませんか?

もしかしたら、
それは少しだけ背伸びをした練習をしているのかもしれません。

私が見てきた中で、
ドライバーを克服ためフルスイングだけを練習している方が多いような気がします。

しかし、
ご存知の通りフルスイングはスイングの中でも、
一番大きいスイングです。

故に「ボールを上手く捉えられない」と悩んでいる方にとっては、
いきなりレベルの高い練習からスタートしていることになります。

コツコツと小さなスイングからミート率をあげていく

当然フルスイングのほうが飛距離は伸びるわけですから、
ドライバーでのフルスイングに、
練習時間を費やしてしまう気持ちは非常にわかります。

焦る気持ちは十分わかるのですが、
まずは小さなスイングからドライバーの練習を始めてみてください。

・4時から8時のスイング
・ビジネスゾーン(腰から腰)のスイング
・肩から肩のスイング
・フルスイング

いきなり大きなスイングを練習するのではなく、
徐々に小さなスイングから確実に打てるようになることで、、
大きなスイングになっていってもきちんとボールに当たるようになるんです。

ビジネスゾーンを確認し、
ドライバーでの腰から腰までスイングでミート率が高くなったら、

・肩から肩のスイングのときはベタ足
・フルスイングのときはしっかりと立ちとどまる

balance-finish3

この2つのポイントもしっかりと確認して、
ドライバーでもきちんと芯を捉えられるようなスイングを作っていってください。

飛距離を稼ぐためにはドライバーは必要不可欠ですが、
多くの方がドライバーに苦手意識を持っています。

小さなスイングから大きなスイングへと、
段々と当たるスイングの幅を広げていって、
ぜひドライバーを攻略しててくださいね。

〈本日のおすすめ〉

「ビジネスゾーン理論を、
どうやってフルスイングに活かせばいいの?」

こんなお悩みの声をもとに、
小原プロの新商品がついに発売となりました!

腰から腰のビジネスゾーン理論を応用し、
フルスイングを手に入れることができる、
このプログラムが・・・

なんと、

今回新発売記念として、
2月6日まで51%オフの特別価格で、
ご案内しております!

是非こちらから詳細を確認して見てくださいね。

https://g-live.info/click/bz_nx2001/

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

苦手なんて言わせない。ドライバーを得意クラブに!」への1件のフィードバック

  1. まーよこ

    小原プロ、いつもタメになるメルマガありがとうございます。まさしく今ドライバーの苦手意識を克服すべく、ドライバーの練習を集中的にやっています。
    冬季の練習ではほぼフルスイングはしていません。ビジネスゾーンよりも小さいワンレバーくらいの振り幅で地道な練習をしていますが、正直、ドライバーを打つ醍醐味もなく、心折れそうにもなります。しかし、練習を重ねるごとに厚い当たりになってきて、飛距離も5、60ヤードから100ヤードに届くようになってきた矢先での今回のメルマガで、地味な練習も間違いじゃなかったんだと思っています。本格的なシーズンに入る前の今のうちにしっかりドライバーでもきちんと芯を捉えられるようなスイングを作っていきたいと思います!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。