ゴルフのやる気を出す簡単な方法

2020.02.08
服部hattori

From:服部コースケ
恵比寿のゴルフスタジオより、、、

おはようございます。
服部コースケです。

どうにもこうにもやる気が出ない…

そんな日も、
ときにはありませんか?
私は正直あります。

ゴルフ自体が嫌になったわけでも、
モチベーションが下がったわけでもない。

でも、なぜか今は(今日は)やる気が起きない…
毎日練習を続けてきたけど急に燃え尽きた…
といったような感じ。

もし、あなたもこんなふうに
なんだかよくわからない
モヤモヤに悩まされたら…

ぜひ試してもらいたいことがあります。

その前に、
こんな調査結果があることをご存知ですか?

日本人は世界的にやる気がない…

私自身も趣味や仕事への
やる気がでずに悩むことがあるのですが、

なんと、日本人は
世界的にみてもやる気がない人種らしいのです。

ランキングにしてみたら
世界中で最下位を争うレベル。

かなり驚きの調査結果ですよね。

日本人のやる気がない理由は、
生活が安定しているから。

やる気がない状態でもそこそこ働けば
それなりの暮らしが保証されている上に
やる気を出して頑張っても収入が増えに

こんな感じで
日本が安定しているが故の結果らしいです。

でもやる気が出なかったからと言って
ゴルフ練習をサボってしまうと
ひどい罪悪感に襲われるのは私だけではないはず。

そんな状態にストレスを
感じてしまうこともあります。

では、どうしたら、
どうにもこうにもやる気がでない時に、
無理なく自分を奮い立たせることができるのか?

それが、、、

環境をガラッと変えること

もしゴルフのやる気が出ないなら、

ゴルフショップとか
ゴルフ関連のお店に
足を運んでみてください。

ゴルフ練習場に行って、
無理やり練習することで
自分を鼓舞するのも悪くはありませんが

いつもと違う練習場に行くなど
環境を変えましょう。

さらに言ってしまうと
プロのツアーを観戦するのが最高ですが、
思い立った当日に行けるものではないですね。

ダラダラとテレビ中継を見るのは
あまり効果的ではありません。
実際にゴルフ場で観戦するのです。

そこまですれば
ツアー中にも練習してくてウズウズするくらい
心の底からやる気が湧き上がってくるでしょう。

この話で大事なのは、
「環境を一変させること」

いつも素振りしているベランダや庭
毎週通っている練習場
毎日過ごしているリビング

ここに留まっている限り
やる気はどんどんと下がってきます。
マンネリ化っていうやつですかね。

もしゴルフへのやる気が下がってきたな、
と感じたならすぐに
ゴルフショップに行きましょう。

なにも買わずに店内を歩いているだけで
ゴルフに対する新しい発見があります。

最新ギアのカタログを見てワクワクしたり
憧れのクラブを眺めてうっとりしたり
面白い練習器具を見つけて試してみたり

とにかくガラッと環境を変えて
新しい「発見」をすることが
やる気をどんどん湧き上がらせるのです。

ゴルフショップを出る頃には
「早く家に帰って素振りしたい」
なんて気持ちになっているでしょう。

ツアー観戦に行きましょう

例に上げましたツアー観戦は
ゴルフのやる気を出す最高の方法です。

あらかじめチケットを買っておいて
定期的にツアー観戦の予定を
強制的に立てるのもいいでしょう。

実は私も、
去年のZOZOチャンピオンシップを
習志野カントリークラブで観戦したんですよ。

日本初のPGAツアーでしたし、
世界最高峰の選手が集結するわけですし、
同じゴルフ場に立っているってだけで
やる気が湧き出てくる空間でした。

同じ理由で2020年の東京オリンピックにも
とっても行きたかったんですが、
チケット申し込み忘れてしまいました。

抽選に外れたなら納得がいきますが、
応募自体を忘れてしまって、、、
とても悔しいです(笑)

ゴルフに限らず東京オリンピックの
チケットに当選された方は
ぜひ目一杯楽しんできてくださいね。

オリンピックが自国で開催されるなんて
生きている間に一回あるかないかです。

私もゴルフ競技日程はすべて、
休みをとってテレビ中継を見たいと思っています。

今日お話させて頂いた「やる気を出す方法」は、
ゴルフに限らずどんな事にも応用できます。


環境をガラッと変える

やる気がなくなったときの特効薬ですから
ぜひあなたも試してみてはいかがでしょうか??



服部コースケ





追伸:

Q1. あなたは50歳以上ですか?
Q2. 飛距離アップのために1日1分
  必ず時間を作って練習する覚悟がありますか?

もしあなたがこの2つの質問に対して
「YES」と答えるのであれば、、、

私が作ったこのプログラムで、
若い頃を上回る飛距離を
手に入れられることでしょう。

https://g-live.info/click/hattori/

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。