飛距離アップは根性論じゃどうにもならない…

2020.02.24
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

ドラコンホールや
ゴルフの練習をしていてあなたに警告があります。

無計画に飛距離を伸ばそうとして
ただマン振りするだけのゴルフ練習や

ラウンド中にいきなり
大きくスイングするのはやめましょう。

それは全く飛距離につながりません。

きっとあなたは今年も飛距離を伸ばしたいと思って、
練習のやる気も満々、
今年こそ最高飛距離を出そうと考えていることでしょう。

例えば…

筋トレをしたり。
いいクラブを買ったり。
ラウンド直前に試行錯誤してみたり。

もちろんそれも、必要でしょう。

しかし、もっと根本的な問題があります。

それが今日私がメールを書いている理由です。

もし、あなたに「これ」が不足していれば、
あなたは目標を達成することができません。

もしくは、
一時的に飛距離アップの目標を達成できたとしても、
その飛距離が必ず出せるような平均的な飛距離になったり、
もっと飛距離をアップすることを目指すことができません。

それは、、、

「飛距離アップは根性論ではない」

ゴルファーなら
誰しも飛距離を出したいものですが
この遠くへ飛ばしたい意地は

あなたのゴルフに悪影響があるかもしれません。

ゴルフコンペでは
ドラコンと言って飛距離を競う競技がありますが

1yでも遠くへ飛ばそう
これまでのショットではありえないくらい
ヘッドスピードを高めてマン振りする方がいらっしゃいます。

今まで開始1H目からゴルフをしていて
そんなスイング全くしてこなかったのに
自分で体重を支えられないくらいマン振りしたり…

目先の飛距離アップに囚われてばかりで、
飛距離アップのために継続的に努力することを怠ってはいませんか?

この「継続的な努力」をないがしろにしていては、
それはボロボロのノコギリで大きな木を切ろうとしていること同じです。

頑張れば、頑張れば、なんとかその木を切ることができるかもしれません。

根性で一時的には乗り越えられるのかもしれません。

では、
もしこの大きな木が切れたとしても、
次それよりも大きな木を切ることはできるでしょうか?

きっとすでにボロボロのノコギリでは、
もっと大きな木を切ることはむずかしいでしょう。

それではどうしたらいいか?

より大きな木を切りたければ、刃を研ぐことが必要なんです。

つまりここでいう、
ノコギリの刃というのはあなたのゴルフスキルなんです。

上達のための種を蒔く

次のドラコンまで飛距離を30yrd伸ばしたい。

あなたがこんな目標を立てたとして、
正しい努力の仕方を知らなければ、きっと目標は達成できません。

短期的な目標設定をすると、
どうしても短期的に得られる結果にだけ意識が行ってしまいます。

マン振りをしたり。
高反発なクラブを買ったり。

もちろん短期的に結果を得ることは重要です。

ゴルフへのモチベーションが高まって、
ゴルフの練習に精が出るかもしれないし。

もっとうまくなろうと、向上心が湧いてくるかもしれない。

新たなゴルフの楽しさを見いだせるかもしれない。

しかし、長期的な目標をたてなければ、
継続的なスキルアップは見込めません。

短期的に得られる結果と長期的に得られる結果のバランスが重要なのです。

つまり・・・
力いっぱい打っているのに飛距離が伸びない。

こんな悩みを抱えているのなら、
長期的な目標を立て、継続的な努力からしか結果を得るしか方法はありません。

手だけでスイングをし飛距離を伸ばそうとせずに、
正しいスイングの形を体に染み込ませてください。

・バックスイングをしてトップで止める
・左足を地面から浮かせる
・浮かせた左足を踏み込むようにしてダウンスイング

この3つのポイントを抑えながら、
正しい体重移動を体に染み込ませるための、
素振り練習をやってみてください。

これを習得することで、
再現性の高いスイングとなりミート率も上がっていきます。

素振り練習は地味ですし、
上達している実感がなく退屈かもしれませんが、
体重移動はゴルフ全般に重要な要素となっています。

継続は力なり、です。

これからも一緒にゴルフの道を極めていきましょうね。


〈追伸〉

3月5日(木)に、
茨城県にある阿見ゴルフクラブを貸し切って、
コンペの開催が決定いたしました。

さらに、
その翌週の3月9日(月)には、
茨城県にある取手桜が丘ゴルフクラブにて、
ビジネスゾーン道場を開催します。

3月はゴルフシーズン開幕とあって、
私もいつも以上に気合が入っています。
この機会にぜひ一緒にゴルフを楽しみましょうね。

・レッスンプロが22人も参加する、
過去最大規模のコンペの詳細はこちらから…

https://g-live.info/click/174/

・ビジネスゾーン道場は、
たった1日であなただけのビジネスゾーンを、
身につけてしまうという特別なプロジェクト。
直接レッスンで身につけるビジネスゾーンの、
圧倒的な安定感や即効性を体感してみてくださいね。

https://g-live.info/click/lesson-200309/

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。