絶対に失敗しない室内練習3選

2020.05.13
kondo

From:近藤雅彦
千葉の自宅より

おはようございます、近藤です。

『練習を重ねる度に運が上がる』

これは、プロ勝利数95、
世界ゴルフ殿堂入りを果たした
アーノルド・パーマー選手の名言です。

日本にも「運も実力のうち」という
似た意味をもつ名言がありますが、

アーノルド・パーマー選手の言葉からは
運をあげるためには練習が大事だと
伝わってきますよね。

確かにゴルフというスポーツは
他のスポーツよりも「運」の要素が強いです。

ボウリングと違って風が吹いた中でプレーしますし、
地面の凸凹でボールが不規則に跳ねたりします。

しかし、局所的には運要素が強くても、
長い目で見れば運より実力が大事なのも事実です。
18ホールは運だけではスコアメイクできません。

何もやっていないのに運だけでゴルフは上手くならない。

運を味方につけるためにも、
不運が続いてもじっと我慢して耐え抜くためにも、
日々の練習で実力をつけなくてはいけないのです。

僕もゴルフを教える立場として
ゴルフ場や練習場に行くことのできない期間でも
技術を落とさないように毎日練習をしています。

色々工夫をしながら、
リビングでも安全に出来る練習を探しているのですが
「これは間違いない」という練習がいくつかあるので、

今日は、あなたもご自宅でできる
『絶対に失敗しない室内練習3選』として
ご紹介していこうと思います。

絶対に失敗しない室内練習1:アドレスチェック

ゴルフの基本中の基本
『アドレス』を毎日確認しましょう。

これはクラブを振らないので、
周りに物があっても安全に出来る
万能な練習の1つです。

練習をしなかったり、
最後のラウンドから期間が空いてしまうと、
ゴルフはアドレスから崩れていきます。

一番大事なアドレスを崩さないためにも、
できるだけ毎日チェックするといいでしょう。

チェックする際には鏡を使って
第三者的な視点から見るのがおすすめです。
全身を確認できる姿見があるといいですね。

また、グリップもしばらく握っていないと
握り方を忘れてしまったり感覚が消えてしまうので、
とにかく毎日握ることが大事です。

ゴルフ上達を目指すなら
ゴルフに毎日触れるようにしましょう。

絶対に失敗しない室内練習2:スロースイング

次にスイングのチェックですが、
1回のスイングを20~30秒かけておこなう
スロースイングがとてもオススメです。

ゆっくり振るので室内でも
物を壊す心配なく安全に実践できます。

ゆっくり動かしながらフェースの向きや、
腕の角度、筋肉の動きなど、細かい部分まで
確認しながら理想のスイングを目指します。

この練習は今の時期に限らず、
練習場に行けるようになってからも
続けたほうが良いです。

練習場では実際に打ちながら実践練習、
家でのスロースイングは予習・復習のようなイメージで
効率よくスイングを作っていくことができます。

以前、宮里藍選手が
1回のスイングに60秒もの時間をかけてチェックする
練習風景を公開していましたが、

ゆっくりスイングを意識することで、
自分のテンポが見つかったと語っていました。

スロースイングはタイガー・ウッズも
石川遼選手も取り入れている王道の練習です。

絶対に失敗しない室内練習2:パッティング

室内練習ときいて
まっさきに思いつくものが「パッティング」
という方が多いと思います。

パッティングは、正直に言ってしまうと、
自分なりの方法が一番良いです。

パッティングって地味で単調なので
とても飽きてしまうんですね。

なので、

自分自身にピッタリな練習を探し、
それをいかに長く続けられるかが
とても大事なのです。

参考までに僕は、
ザ・レールというお気に入りの練習器具を使って
毎日10球だけパッティングをします。

これは溝が彫られたレールの上を
パターでボールを打ち出して転がす練習なのですが、
ちょっとでも変な方向に力がかかってしまうと、
ボールが溝から転げ落ちるんです。

レールを転がり切るためには、
まっすぐ正確に打ち出す必要があり、
とても難易度が高い練習です。

なので、その難易度の高さを上手く利用して
「10球中〇球成功した」と毎日ゴルフ日誌に書き
ちょっとしたゲーム性を楽しみながら継続しています。

アドレスの話でもありましたが、
パッティングも毎日やることが重要です。

当然家の中では、
ゴルフ場のパッティングのように
長い距離は難しいのですが、

ヘッドにボールが当たる感覚、
パターから手に伝わってくる感覚

いわゆる「タッチ」は
期間が空くより毎日やり続けるほうが
キープすることができます。

なので、タッチを忘れないためにも
パッティングも毎日練習するようにしましょう。



緊急事態宣言が延長され、
まだ外出自粛、練習場やゴルフ場に
いけない時期が続きます。

でも、だからといって、
ゴルフから遠ざかって感覚を忘れてしまうと、
自粛明けのラウンドでスコアを落としかねません。

そうならないためにも、

自宅でのゴルフ練習に
今日ご紹介した3つの練習を
ぜひ取り入れてみてください。

僕も毎日欠かさない練習なので、
とってもオススメです。

近藤


<本日のオススメ>

良いスコアは良質な睡眠から

“まくら”を変えて飛距離アップ?
スコアも縮まり腰痛も改善!?

そんな冗談のような
驚きのゴルフ上達効果が報告されている
ゴルファーに最適な快眠まくらが
数量限定で販売中です。

残りわずかとなっておりますので、
お早めにご確認ください。

https://g-live.info/click/s_pillow/

The following two tabs change content below.
近藤 雅彦

近藤 雅彦

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。
カテゴリー: ビジネスゾーン, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
近藤 雅彦

近藤 雅彦 について

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。