なぜ、良い調子は続かないのか?

2020.05.19
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「なぜ、良い調子は続かないのか?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

ラウンドしていると、当たりのいい日がありますよね。
 

 「今日はフェアウェイど真ん中、絶好調。
  これこそ自分の本来の実力だ!」

 

そんなふうに思っていたのも束の間。。。

振りかぶったら、OB…

そんなふうに調子に乗っていて、
 

 「え、この調子なら、思いっきり振ったら
  今日だったらアウトドライブしちゃうかも???」

 

そう思って、思いっきり振ったらOB。。。
 

そしてそこから一気に大崩れ。。。
 

あなたはそんな経験、ありませんか?
 

ではなぜ、良い調子が続かないんでしょうか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

当てに行っているから

それはズバリ、
「当てに行っているから」
という可能性が否定できません。
 

当てに行っているから、
いつ曲がってもおかしくない。
 

そんな危険をはらんでいるのです。
 

ですが、普通にクラブを握っていると
ヘッドの重さと遠心力のおかげで。。。
 

当てにいっているスウィングかどうかは
なかなか判断がつかないのです。
 

その判断をつけるためには、どうしたらいいか?
 

それを確かめるためには、
 

 ・アイアンを上下逆さにしてヘッド側を握り

 ・グリップ側を仮想ヘッドと見立ててスウィングする
 

これをやってみて下さい。
 

このスウィングの動画を撮ったり、
誰かに確認してもらえれば、その差が分かると思います。

当てに行っているスウィングの見分け方

典型的な当てに行っているスウィングの特長は
大きく二つです。
 

 1.まず、フィニッシュの大きさが明らかに違います。

   クラブを逆さに握っているので、
   ヘッドの重さが無い分、当てるスウィングをしていると
   フィニッシュが小さくなってしまいます。

   フィニッシュが小さくなっていることで、
   クラブをしっかり振り切れていないのがわかります。
 

 2.そして、音に注目してみましょう。

   当てるスウィングはインパクトの前にブンと鈍い音がします。

   それに対して、本来目指すべき振るスウィングが出来ていれば
   インパクトを過ぎてからビューンと大きな音がするはずです。

 

つまり、
 

 ・当てるスウィングは
  「減速してインパクトを迎えるスウィング」

 ・振るスウィングは
  「加速してインパクトを迎えるスウィング」

 

ということです。
 

このように、音によって
そのスピードを判断することができます。
 

厳しい言い方になりますが、当てにいくスウィングは、
いわゆる「手打ち」ということです。
 

それでは、大きくきれいなフィニッシュに
なることはありません。
 

ぜひ、お試しください。

追伸:スウィングの真髄をツアープロをお手本に

 「私たちアマチュアは、誰のスウィングを
  お手本にしたらいいですか?」

そのように質問を受けることがありますが、
やはり避けて通れないのはベン・ホーガン。

そしてもう一人が、
あなたもよく知るあのゴルファーです。

その秘密については
下記のページをチェックしておいて下さい。

詳細はコチラをクリック
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
カテゴリー: OB, ドライバー, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。