【ビデオ】小さなショットはご利益満載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.05.24
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「小さなショットはご利益満載」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

小さな振り幅のショットは、
実はフルショットを練習するよりも
素早く良い動きを身につけることができます。

そして、正しく動いた小さなショットで身につけた構えや動きは、
スタンスの幅を変えることでドライバーショットまで有効です。
どういうことか?

(続きはビデオにて)

小さなショットはご利益満載

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

https://g-live.info/click/omrpdf200524/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。

小さなショットのご利益

スタンスを広げることで下半身の可動域が増した分、
振り幅が大きくなるだけでそのまま動きの基本は変わりません。

逆に言うなら、フルショットで必要な構えや動きと同じように、
小さな振り幅の中でしっかり意識して取り組むことで
素早く上達できます。

そんな、小さなショットのご利益を
まとめて見てみることにしましょう。

以前にも今からお話しするご利益をお伝えしたことがありますが、
もう一度確認してみます。

特に次の3つのことをぐんぐん改善することができます。
 

 (1)セットアップ

 (2)バックスイングの出だし

 (3)しならせる動き

セットアップの習得

基本的にセットアップは、小さな振り幅でも
フルショットでも変わりはありません。

まずはなんと言っても、
セットアップの問題を直すことができることは
大きなメリットです。

セットアップはスイングの問題の80%以上を抱えていて、
止まっているボールを打つゴルフにとってはかなり重要です。

バックスイングの出だしの動きの習得

そして、タイガーウッズ選手はバックスイングの出だしの1mを、
ゆっくり低く真っ直ぐにヘッドを動かせると
調子が良いと言っています。

それなら、ドライバーショットでなくても、
小さな振り幅のショットで出だしを丁寧に練習すれば、
ドライバーに変えたところでその効果は引き継がれます。

特に、ロフトが58度程度のサンド・ウェッジで
15yぐらいキャリーさせるショット(SW15yC)は、
バックスイングの動きの確認には最高です。

なぜならSW15yCのトップは、見て確認もできる手元が
腰の高さ辺りになるからです。

特に、手首が親指側へ折れるコックは
ボールを楽に飛ばすための要ですが、

ドライバーで練習しなくても小さなショットで
その入れはじめの基本を習得できます。

手元は体のターンで円軌道を描くことでインサイド寄りに入りながら、
ヘッドは出だしの1mぐらいはできるだけ低く真っ直ぐに動かすだけで
コックがちょうど良く入ります。

そのとき、フェースがボールを向いたまま動くようにすれば、
前腕の無駄な動きである右に捻って
フェースを開く動きを封じることもできます。

コックは入れようとすると入れすぎたり不足したりしますが、
この手元とヘッドの動きを意識するなら良いコックができます。

体をしならせる動きの習得

そしてもうひとつ、体をしならせる動きを
いきなりフルショットでやろうとしても、
なかなか上手くいかないものです。

なぜなら、フルショットではついつい自ら力を出そうとする腕の動きや、
体幹の捻りで振りにいこうとしてしまうからです。

本来は体をしならせて、筋肉と腱を伸ばすことで
じっくりとエネルギーを溜めて、それを一気に解放することで
ボールを精度良く遠くまで飛ばすことができます。

小さな振り幅のショットなら飛ばす必要はありませんから、
フルショットでの自らがんばろうとする
効率の悪い動作を封印した動きを覚えやすくなります。

こんなにもご利益がたくさんある小さな振り幅のショットですが、
家の中や打ち放題などの練習場を見つけてがっちりやってみましょう。

筋肉が最大のパワーを発揮できる仕組み

筋肉は自ら力を出して縮みながら収縮しようとする
「短縮性収縮」では、伸ばされながら収縮しようとする
「伸張性収縮」の半分以下のパワーしか出せません。

しかも、筋肉が伸ばされると、その伸ばされている筋肉が
収縮しようとする信号である「伸張反射」
脊髄からは発せられます。

そのため、体をしならせて筋肉が伸ばされるほど、
意識していないでも勝手に筋肉は収縮しよとして力を発揮します。

これは、大脳からの信号ではないので
自分自身ががんばっていると感じることができませんが、
意識的に出そうとする力よりも大きな力を出せます。

まさに、しなりで筋肉が伸ばされよとしているときに、
「伸張反射」が発生して「伸張性収縮」状態で
能力の限界までのパワーが発揮されます。

自らがんばって力を出そうとするとする「短縮性収縮」よりも
「伸張反射」+「伸張性収縮」のほうが大きなパワーが出るのですから、
これは気持ちと裏腹です。

これは分かっていてもなかなか対応できないで、
ついつい自ら出そうとする力で
ボールを飛ばそうとしてしまうものです。

飛ばさないことが重要

そして、ボールは飛ばしたほうが
練習になると思っていませんか。

小さなショットでは、ボールを飛ばす能力を
身につけることができない気がするものです。

しかし、実は逆です。

SW15yC練習として、スタンスの幅である
両足の母指球の少し後ろの間隔を腰の幅程度の
だいたい30cmに設定してその中で下半身を使い切ります。

しっかり下半身で上半身をしならせて、
上半身では自らは力を出して
クラブを振ろうとしないようにします。

そのときに、15y以上飛んでいたら、
上半身を自ら力でリリースする動きを
行っていることになります。

最大のパワーを発揮させる極意は、
「伸張反射」+「伸張性収縮」でした。

自ら力を出そうとするのではなく、
下半身の動きで上半身をしならせて待つ動きが、
「伸張反射」+「伸張性収縮」でのスイングとなります。

そして、SW15yCがしならせる動きを身に付ける最高の練習となる、
最大の理由があります。

それは、SW15yCぐらいの下半身の動きでの
腰から首の付け根にかけての体幹のターンの速度は遅いため、
「伸張反射」はほとんど発生しないことです。

「伸張反射」は、伸ばされる大きさが大きいほど、
そして、その速度が速いほど大きく発生します。

それはそうで、筋肉が切れないための防衛反応だったり、
姿勢制御の補助反応ですから。

SW15yCでは「伸張反射」が発生してもほんのわずかですから、
本来はしならせた上半身はほとんどしなり戻らないまま
ボールヒットしてフィニッシュを迎えます。

そのため、腰をフルターンしたSW15yCでフィニッシュして
上半身の形を見れば、上半身をしならせて
その状態を保てたのかどうかを確認することができます。

右肘が曲げさせられて、右手甲側へ折れるヒンジも曲がった形で
右手の平が左45度程度を向いたフィニッシュであれば、
自ら出そうとする力でリリースしなかった証拠となります。

これなら、誰でも一人で練習していてチェックできます。

そして、「伸張反射」はしなりで30y以上飛ばすぐらいから
大きく発生しはじめて、50y飛ばす辺りでは
しっかりしなり戻るまで強く発生します。

これらのことから、SW15yCでは
しなり戻りを経験することはできませんが、
それ以外の基本を徹底的に身に着けるには最適な練習です。

そして、サンド・ウェッジで50y程度飛ばすショット(SW50y)は、
ドライバーショットに直結します。

ドライバーショットは、SW50yショットに対して
スタンスの幅を広げてスイングの振り幅が大きくなります。

しかし、スイングの力感とかイメージは全く同じです。

SW15yCで基本的な問題をあらかたクリアーにしておいて、
SW50yでじっくりしなり戻りのコツを掴めば、
ドライバーは練習しなくても大丈夫です。

まさにドライバーショットは、
スイングチェックと微調整目的でやってみれば良いだけです。

SW15yCとSW50yをたくさん練習しながら
時々いきなりドライバーで3球程度フルショットするような
ペースで練習すると、最も効率良く上達できます。
 

では、また。
 

<本日のオススメ>

過去2回販売し即完売した
徳嵩フィッター監修の完全オリジナル
特注アイアンフルセット…

 『TKアイアン 6~P:5本セット』

が、50セット限定で待望の再入荷です!

しかも今回は、TKアイアンを
ハイスペックモデルにカスタマイズできる
特別なコラボレーションが実現。

こちらのお手紙で、
その全貌を公開しています…

商品の詳細はコチラをクリック!

個数限定。お早めに
 

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: サンドウェッジ, ショット基礎アプローチ, セットアップ, ドライバー, ビデオ, 伸張短縮サイクル, 新着ビデオ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】小さなショットはご利益満載」への2件のフィードバック

  1. mo-yan

    いつもは、アプロ-チアイアンで腰から腰のスイング幅で練習をしています。
    上半身のしなり戻りを実感できるように練習します。

    返信
    1. 大森 睦弘大森 睦弘 投稿作成者

      C:「上半身のしなり戻りを実感できるように練習します。」

      まずは、セットアップで左肩と手首をリラックスできることが大切です。まさに、クラブが落ちないギリギリの力で支えるようにしましょう。

      返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。