「無始無終」…この意味わかりますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.07.21
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「<無始無終>とゴルフの関係」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

 「万物は無始無終…
  始まりもなければ終わりもない」

 

これは以前、比叡山のお坊さんに
教えてもらった言葉なんですが。。。

止まらなければよい

前回のメールでは、動き出せないというお客様から
お悩みの相談をいただきました。
 

動き出せない!?

https://g-live.info/?p=41545

 

 ・動き出せないのは、止まってしまうから

 ・止まってしまうから、動き出さなければならない。
  だったら、止まらなければ良い

 ・一流選手は、アドレス時に止まっているように見えても
  実はアドレス時も必ずどこかが動いている

 

ということをお話しして、そのための解決策や
練習法などをお伝えしました。
 

繰り返しますが、
スムーズにテークバックしたかったら
 

 「とにかく止まらないようにすること」
 

これが大切です。
 

止まってしまうから、
動き出せなくなってしまうのです。

止まらないためにやるべきこと

まず、アドレスでいったん止まってしまうと
リズム感がつかめません。

そのため、力感が不安定になってしまいます。

そして、思うところにクラブが上がらなくなります。

結果、バランスが悪くなります。
 

。。。といった具合に、スウィングにとっては
デメリットだらけなのです。
 

では、そうならないためには
一体どうしたらいいのか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

(ちょっと考えてみてください)
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

やるべきことは、以下の2つです。
 

 ・止まらないアドレスを作る

 ・アドレスに入るときのメンタル面に注意する

止まった状態からではプロも難しい

 「えっ、止まらないアドレスなんて。。。」

 「何だか難しそう。。。」
 

あなたはそんなふうに思ったかもしれません。
 

ですが、完全に止まった状態から動き出すのは
実はプロでも難しいことなんです。

ですので、止まらないアドレスについて
難しそうだと思う必要はありません。

ただ単に、慣れればいいのです。
誰でもできます。
 

ということで、
止まらないアドレスを作る方法ですが。。。
 

 1.グリッププレッシャーを
   できるだけ0(ゼロ)に近づける

 2.足踏みしながらワッグルして、
   前後左右上下にバランスを整え、
   その動きを徐々に小さくしていく

 

これは見た目ではわからなくても、
自分の中で足踏みをしている感覚がある状態にします。

そして、右足を踏むタイミングで
バックスウィングできれば、
スムーズにテークバックできるはず
 

そして、アドレスに入るときの
メンタル面のポイントですが。。。
 

 1.アドレスに入ったら余計なことは考えない。

 2.構えたらすぐ打つ癖をつける
 

1については、OBや林などの情報を意識しすぎると
動けなくなってしまいがちです。
 

前回、ボールを並べて歩きながら打つ練習を
ご紹介しましたが、
 

 ・ボールを歩幅程度の間隔で縦に5個並べます

 ・そのボールを、一番手前から順に、
  歩きながら打ち進めてみます

 ・止まらずに、歩きながら打ちます
 

これを練習場でぜひ繰り返してみてください。
 

この「構えたらすぐ打つ」というクセをつけることで、
「アドレスが長い」などと言われる事はなくなるはずです。
 

ぜひ、お試しください。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

「小原プロの教えのおかげで今では90台。
 このまま行けば80台や70台も目指せるのでは…」

こうお話される多田様は
小原プロから学んだパター練習を
今でも継続して続けているとのことですが…

多田様のパターをここまで変えた
小原プロのパターの教えとは、一体何なのか?
それは…

詳細はコチラをクリック

期間限定の公開です。お早めに
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: スイング, セットアップ, セットアップルーティーン, バックスイング, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。