バンカーでホームランが止まらない方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.07.28
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「バンカーでホームランが止まらない方へ」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

先日コースに出でいた時に、
バンカーショットで派手にホームランを
打ち上げている方を見かけました。
 

では、そんなときにはどうすればよいか?

ホームランしか出る気がしない…

ひょっとしたらあなたも
 

 「江連プロ、バンカーに入ったら
  ホームランが出るイメージしかわきません。。。」

 

なんて悩んでいるかもしれません。
 

では、そのホームランの原因と解決策、
ご存知でしょうか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

(ちょっと考えてみてください)
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

もしかしたらあなたは

「原因はボールボジションでは?」

 

そのようにおっしゃるかもしれません。
 

ですが、バンカーショットのホームランは
 

 ・ボール位置が右でも左でも出ます

 ・体から遠くても近くても出ます
 

ホームランの原因をボールボジションだと
勘違いして、ポジションを変えて打っていると。。。

余計に悩んでしまうということにもなりかねません。
 

ズバリ、原因はボールポジションではありません。
ホームランの原因は。。。
 

 「重心」
 

にあります。
 

多くの場合は、重心が高いことが原因で
ホームランを引き起こしています。

ですのでアドレスの際には
丹田(たんでん:おへその下辺り)に意識をもって。。。

より体の重心を低くするよう心がけましょう。
 

重心を低くするための工夫としては、
 

 ・普段より低いスタンスにする

 ・スパイクを砂に埋める

 ・両ひざを深く曲げる
 

といったことをやってみて、
自分なりに重心を低く構えられるようにしましょう。
 

もう一つ考えられることとしては、
 

 「ザックリが怖くて、
  それでホームランを引き起こしている」

 

というケースもあるでしょう。

バンカーショットはボールの手前の地面(砂)を打ち、
砂を爆発させることでボールを飛ばすショットです。

ですので、必要以上にダフることを
恐れないのも大切です。
 

また、ホームランを避けるための
有効な練習方法としては。。。

目をつぶって砂を打つ練習

これがオススメです。
 

 ・クラブヘッドの重さを感じながら

 ・砂の量を安定して飛ばすように
  意識してスウィングします

 

とにかくこれを繰り返しましょう。
 

砂を取る量が安定してきた頃には
ホームランは解決しているはずです。
 

そして補足として。。。
 

バンカーショットの苦手な方というのは
100パーセントフェースを開くことができていません。

フェースを開くと重心が下がるのですが、
目を開けているとなぜかフェースが開けないのです。

ですから目をつぶった練習がここで重要となります。
 

これについては、極端にフェースを開いて
イメージした砂の量を飛ばせるようになるまで、
繰り返し練習してみてください。
 

ぜひ、お試しください。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

この飛ばしの秘密は、

 「もっと正確に、もっと遠くに飛ばしたい」と
 常にドライバーの進化を求め、暇さえあれば
 ゴルフのことばかり考えてしまう…

そんなあなたのためのものです。

江連プロは本当の上達法を提供していない
この日本のゴルフ業界に
真っ向から挑戦するという意味を込めて…

この度、100%公開する決意をしました。

コチラをクリック

本数限定。特典あり

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: バンカー, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。