低く出てキュキュッと止まるアプローチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.08.04
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「低く出てキュキュッと止まるアプローチ」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

テレビ中継などで、ツアープロの
ショットを見ている時に。。。

ロースピンボール

低く飛び出して、バックスピンで
キュキュッとブレーキがかかるアプローチ。。。

この、いわゆる「ロースピンボール」を、
 

 「ぜひ、身に着けたい」

 「一度でいいから、決めてみたい!」

 「こんなショットができたら、かっこいいだろうな。。。」
 

と、ツアープロのテレビ中継で見ている時に
思わず妄想したこともあるかもしれません。
 

ですが、その一方で
 

 「それにしても、こんなスーパーショット、
  一体どうやったら身につくんだ!」

 

そんなふうにも、思っているかもしれませんね。
 

ゴルフ歴が長くなってくると
目が肥えてくるのが普通なので、

それによって理想がどんどん高くなってしまうのは
ある意味当たり前といえば当たり前、かもしれません。

まあ、この「ロースピンボール」は
うまく行けばひたすらにカッコいいですしね。

ロースピンボールはいつ使うか?

とはいえ、このロースピンボールは
一体どんな場面で使えばいいのでしょうか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

(ちょっと考えてみてください)
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

このロースピンボールが一番使われるのは、
 

 ・とても速いグリーン

 ・ピン奥からのアプローチ

 ・砲台グリーンでピンが手前
 

という時があげられます。
 

こうして見ると、一般的なコースで
必要になる場面はあまりなさそうですが。。。

ですが、いろいろな球を練習しておくと
ボールコントロール力がアップしますから、
挑戦することは決して悪いことではありません。
 

ということで、このロースピンボールの
アプローチの練習を早速進めたいのですが。。。

ちょっと待って下さい。

そもそもスピンをかけるには
技術と道具の両方が重要なのですが、

道具の方が重要度が高い

このロースピンボールを身につけるには、
実は道具の重要度の方が、比率が高いのです。
 

 ・クラブ

 ・ボール
 

この2つの道具です。
 

◆1.クラブ

スピンをかけたい場合、SWはロフト58度以上で
フェース面がメッキ処理していない物を選びましょう。

また溝の形状でもスピン量が変わるので、
ショップで相談すると良いでしょう。
 

◆2.ボール

ボールは「ディスタンス系」ではなく、
「スピン系」の物を選びましょう。

「ディスタンス系」「スピン系」の別については
箱の裏にも書いてありますし、
ツアープロの使用球を参考にするのも良いでしょう。
 

このロースピンボールは、
まずは上記の二つの条件を前提として満たしていないと、
かなり難しいかもしれません。

ですのでこの条件はまずクリアできるように
しておきたいものです。
 

ぜひ、お試しください。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

ついに入荷!!

前代未聞「わずか1時間で完売」の
大人気ホームゴルフシミュレーター…

50台限定で入荷しました
クリックして詳細を確認する

コチラをクリック

本数限定。お早めに
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アプローチ, サンドウェッジ, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。