「パターのポイント前編」 ー 打ち方編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.03.03
morisaki

From:森崎 崇
新宿四谷店の事務所より、、、

 
こんにちは森崎です。

 
ついに今年も花粉が少しずつ牙を向き始めましたね。
みなさま、花粉症対策は万全でしょうか。

 
コロナの影響で常にマスクをしているので
今年は比較的 症状が軽い人も多いようですね。

 
それでも毎年この時期は、快晴でも
外出をためらってしまうものです。

 
外出が憂鬱なこんな時こそ
室内練習で一気にスコアアップする
チャンスと考えましょう。

 
そこで本日は、
室内でもできる定番練習で
スコアアップにに直結するポイントをお話しします。

 
室内のゴルフ練習の定番といえば、、、

 
そう、パター練習です。

 
「なんだ、ただのパターか…」

 
と拍子抜けに思うかもしれませんが、、、

 
ゴルフにおけるパターの重要さは、
格言としてプロの間でも伝えられています。

 

パット・イズ・マネー

 
この有名な格言は、
あなたも聞いたことがあるかもしれません。

 
ですが実はこれ、日本風にアレンジされた和製英語なんです。

正しい英語での格言は、

 

Drive for show,Putt for dough

(※dough=金銭)

(ドライブは見せるためのもの、パットはお金のためのもの)

  
どちらも直球な表現ですが、
英語の方が、よりダイレクトにパターの重要さを
表している感じがしますね。

 
実際にパターの精度はスコアに最も直結する
最重要ポイント
なんです。

 
そこで今回は、
パッティングを安定させるための練習法を前編、後編で

 
①打ち方編

②距離感編

 
の2つに分けて、お話していきたいと思います。

 
今回は前編の「打ち方編」になります。

 
パターが苦手な方は、この動画のポイントを意識すれば
見違えるほど球筋が安定するようになります。

 
どうぞ、御覧ください。



スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。


「パターのポイント:打ち方編」、いかがだったでしょうか?

 
これを身につけて、
次回の「距離感編」もマスターし
一気にスコアを伸ばして
ゴルフ仲間を驚かせましょう!
 



<本日のオススメ>

先日のタイガー・ウッズ選手の
事故のニュースは、すでに
皆さんもご存知かと思います…

 
このニュースを受け、
多くのプロゴルファーが試合で
赤と黒の服、いわゆる
「タイガー・コーデ」を着用し
敬意を評しているそうです。

 
タイガー・ウッズ選手も
そのエールを送る姿を見て、
「非常に感動している」と
ツイッターで感謝を述べていました。

 
タイガーがゴルフ界に与えた影響は
それほどまでに大きく、
多くのゴルファーが彼の復帰を願っています。

 
ゴルフライブでも
彼のゴルフから学ぶべく
そのスウィングを徹底解剖してきました。

 
現代ゴルフの象徴であり、
多くのゴルファーの
憧れの的となったスウィング。

 
そんなタイガーのスウィングを
是非、あなたも手に入れてみて下さい。

https://g-live.info/click/tgr2103/

1人のゴルファーとして、
改めてタイガー・ウッズ選手の
スウィングから学ばせてもらうとともに、

 
またラウンドに復帰してくれることを
心から願います。
 
 
  


The following two tabs change content below.
森崎崇

森崎崇

1981年東京都生まれ。14歳の時にスコア100を切ったことから、ゴルフの道に進むことを決意し、高校時代は団体・個人共に全国大会に出場。多くの苦難を乗り越えながらも、レッスンプロとしての活動を始め、10年間で指導したゴルファーの数は実に2,500人以上。活動の最中、小原プロを含むコーチ達と出会ったことがきっかけで、ゴルフパフォーマンスの立ち上げと共に新宿店所属のレッスンプロとなり、クールな外見とは裏腹に情熱的なレッスンを行うことで、ジュニアからシニアまで幅広い世代に絶大な支持と信頼を寄せられる。また、プロキャディとしてツアープロのスイング、トレーニングを1番間近で見てきた経験から、最前線で闘うプロならではのテクニックやコースマネジメントを、アマチュアゴルファーが実戦でも活かせる指導法を確立。その結果、片手シングルを達成するゴルファーを量産したことからついたあだ名は「片手シングル養成マシーン」。現在はゴルフパフォーマンス史上、最速でヘッドコーチに就任し、更に活動の場を広げている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アウトサイドイン, ビジネスゾーン, ビデオ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
森崎崇

森崎崇 について

1981年東京都生まれ。14歳の時にスコア100を切ったことから、ゴルフの道に進むことを決意し、高校時代は団体・個人共に全国大会に出場。多くの苦難を乗り越えながらも、レッスンプロとしての活動を始め、10年間で指導したゴルファーの数は実に2,500人以上。活動の最中、小原プロを含むコーチ達と出会ったことがきっかけで、ゴルフパフォーマンスの立ち上げと共に新宿店所属のレッスンプロとなり、クールな外見とは裏腹に情熱的なレッスンを行うことで、ジュニアからシニアまで幅広い世代に絶大な支持と信頼を寄せられる。また、プロキャディとしてツアープロのスイング、トレーニングを1番間近で見てきた経験から、最前線で闘うプロならではのテクニックやコースマネジメントを、アマチュアゴルファーが実戦でも活かせる指導法を確立。その結果、片手シングルを達成するゴルファーを量産したことからついたあだ名は「片手シングル養成マシーン」。現在はゴルフパフォーマンス史上、最速でヘッドコーチに就任し、更に活動の場を広げている。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。