弾道計測器…フィッティングに絶対必要?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.04.22
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日なんですが、あなたに
 

 「弾道計測器…フィッティングに絶対必要?」
 

という話をさせていただきます。

さて、ちまたで話題のゴルフ弾道測定器について
お客様からこんな質問をいただきました。

昔はどうやってフィッティングをしていたか?

> 今はトラックマンなど精密機械があって、
> フィッティングにも取り入れられています。
>
> ですが、こうした機械(弾道測定器)がなかった昔は
> どのようにフィッティングをしていたのでしょうか?

 

ご質問、どうもありがとうございます。
 

これをお読みのあなたもご承知の通り、
今では高性能のゴルフ弾道測定器が複数出ています。

弾道測定器でも代表的なのは、以前にもお伝えした
「トラックマン」ですが。。。
 

2018-1106_1
 

2018-1106_2
 

こうした弾道測定器の登場によって、クラブの軌道だったり
スピン量だったりと、いろんな数値が目に見える形で
測れるようになってきているわけです。
 

ですが、この質問者様がおっしゃるように
昔はこうした機械が一切なかったわけで。。。

そんな中にあって、どうやってフィッティングを行ってきたのかという
質問者様の疑問が出てくるのも、もっともだと思います。
 

では実際、どのようにやっていたのでしょうか?
 

 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 

はい、実を申し上げますと、

実は、計測器はなくてもフィッティングは可能

ちょっと乱暴な話に聞こえるかもしれませんが。。。

実は、フィッティングをするにあたっては
計測器は特にいらないと、自分は考えています。
 

もちろん、フィッターによって考えは様々だと思います。

ですが、自分個人の観点で言えば、機械があろうとなかろうと
見ているポイントは実は一緒だったりしています。

ですので、練習場などの大きいフィールドで打っていれば
 

 ・飛んでいる球のスピンの入り具合だったり

 ・打ち出し角度だったり
 

といったものは、目で見えていさえすれば
十分にわかるからです。
 

 「ああ、この角度で飛んでいれば、まあ適正だよね」

 「正しい弾道っていうのは、ちゃんとこうなるんだよね」
 

ということを知っていれば、経験的にわかりますので
それをもとにクラブフィッティングを行うことができれば。。。

弾道がある程度見える環境であれば
特定の計測器は必須ではない、ということです。

「え、じゃあなんで弾道測定器を置いてるんだ!?」

はい、おっしゃるように
自分たちのフィッティングスタジオにも
弾道測定器を置いています。

それは、先ほどもお伝えしたように、
室内の場合、練習場などの広い場所とは違い
弾道を見届けることができないからというのが最大の理由です。
 

そしてもう一つの理由。。。
こちらのほうが、これをお読みのあなたにとっては
重要な理由になりますが
 

 フィッティングに来ていただくお客様に対して
 複数のデータを可視化し、ご覧いただくため

 

そのために、測定器を利用しているという側面があります。
 

これについては、以前にメールマガジンで
お客様の「体験記」をご紹介したことがありますが、
 

実録!会員様のフィッティング体験記

https://g-live.info/click/181129_nikkan/

 

つまり自分たちフィッターの側ではなく、
クラブをご購入いただくお客様の側にご理解いただくために
弾道測定器を使っている、ということです。
 

たとえば、クラブヘッドのどこにインパクトしたかについても
打った際の打音だけでも、何となくわかるのですが
 

 「ああ、やっぱりヒールに当たってましたね」
 

などといったことも、トラックマンなどの弾道測定器のデータを
お客様といっしょに明確に確認ができて、
打った後に情報を共有できるということです。
 

あるいは、インパクトの入射角についても同様です。

入射角は、ソールが当たる音だったり
目視であったりで、私たちフィッターが分かっていたものを
弾道測定器のおかげで、お客様と一緒に確認ができるので。。。

自分たちフィッターが分かっていることを
お客様と共有することで、より納得した形でクラブを提案することが
弾道測定器の登場によって可能になったというわけです。
 

もちろん、自分たちも弾道測定器は見ますけれども、
実際に見ているポイントというのは、測定器があろうがなかろうが
フィッティング自体は問題なくできる(できた)ということです。
 

ということで、以前ではお客様と正確に共有できなかった情報を
弾道測定器によって可視化し、共有できるようになったことは
お客様にとってもプラスの良い変化だと、考えています。

フィッティングのご案内

ということで、
 

 「あなたにマッチした最高の一本を提供する」
 

というコンセプトで、
あなたに最適のクラブをご提案させていただく

チーム徳嵩が提供する
「ゴルフパフォーマンスのフィッティング」…
 

引き続き、人数限定で募集をしています。

詳細はコチラをクリック!
 

このフィッティングでは、
 

 ・あなたのクラブに対する疑問、悩みをお聞きして

 ・あなたの現状を診断・分析して

 ・その解消する適切な方法、そしてクラブをご提案
 

完全マンツーマンのため枠数が限られているのですが、

メルマガ読者様に限り、下記にて
若干の空き枠をご用意することが可能です。
 

繰り返しになりますが、
ゴルフパフォーマンスのフィッティングは有料で、
かつ、ゴルフクラブのご提案もさせていただきますが。。。

必ず購入していただく必要は全くありませんので
どうぞご安心してご来場ください。

この機会にぜひ、下記よりお申込み下さい。

詳細はコチラをクリック!

追伸

ということで、今日の話の一部は
以下の「ラジオ」の中でお話ししています。

最近はちょっとした「ラジオ風」にしていますので、
どうぞお楽しみください。
(音が小さいと感じる方はボリュームを上げてお聞き下さい)
 


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

【緊急配信】江連忠からあなたへ
新しい特別音声メッセージ…

 「松山英樹プロ、マスターズ優勝の秘密」

松山プロがなしとげた、この優勝の価値、
そしてこの優勝から学ぶべきものは
一体何だったのか…?

江連忠プロからの緊急メッセージを
このたび収録いたしました。

期間限定の公開となっていますので
ぜひ、お聴きになってみて下さい。

詳細はコチラをクリック

予告なく公開終了する場合があります。お早めに
 

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: フィッティング, メルマガ, 新着メルマガ, 道具 | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。