プロ仕様の腕が伸びた大きいフォローを作る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.05.04
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「プロ仕様の腕が伸びた大きいフォローを作る」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

以前に私はこの場で、プロのフォローは
みんな腕が伸びているが、アマチュアの方は
フォローが小さいということをお話ししました。

では、それをどうすれば改善できるのか?

今日はその具体的な方法についてお話しします。

フォローを大きくするポイント

ちなみに前回お話した内容を
復習するならコチラから。。。
 

プロとアマ、スイングのココが違う!

https://g-live.info/click/210427_nikkan/

 

フォローを大きくするポイントとして、
 

 ・グリッププレッシャーをできるだけソフトに

 ・クラブを振るのではなく
  「クラブに振られる」感じをつかむ

 ・そのために、重めの野球のバットなどを
  ゆっくり振ることから始めるとよい

 

といったことを、前回はお話ししました。
 

ですがこれらを聞いて、いまいちピンと来ない人も
もしかしたらいらっしゃるかもしれませんので。。。

もう一つ有用なドリルをご紹介します。それは、
 

 「実際に大きなフォローの形を作って
  そこからスウィングをする」

 

「え、一体どういうこと?」と思ったかもしれません。

以下、順を追って説明しますので、よく聞いて下さい。
 

「フォロードリル」のやり方

 1.まず左足にしっかり体重をかけ、
   腰は目標方向を向くまで体を回転させて
   腕を同じく目標報告に伸ばして、フォローの形を作ります。

 2.フォローの形をしっかり覚えた上で
   そのフォローを起点にして、
   そこからバックスウィングを開始します。

 3.そして、先ほど1で作ったフォローの位置へ
   ビュンと腕を振り抜きます(素振りで結構です)。

 

どうでしょうか。できましたか?
 

もし、うまくできないとしたら、
(そもそもやり方がよくわからないという以外に)
「あること」が抜けているもしれません。

それは一体、なんだと思いますか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

息は止めないことが大切

もし、このフォローを作るドリルが上手く行かないのなら
息を止めてボールを打ってしまっている可能性があります。

息を止めてしまうと、上体に力が入ってしまい、
この練習の意味が半減してしまいます。

息は止めず、呼吸しながらリラックスして
スウィングする
ようにしてください。
 

さて、このフォローを作るドリルが
素振りでうまくできるようになったら、
この動きで実際に球を打ってみましょう。
 

どうでしょうか?
スッとボールに当てることができたでしょうか。
 

そもそもフォローの小さい人は、
ダウンスウィングやインパクトで体の回転が止まりやすいので、
脚や腰の動きが止まらないように意識することが大切です。

下半身の動きが止まってしまうと、
いくら大きなフォローを取ろうとしてもできません。

そういうわけで、上体に力が入らずにスムーズに
フォローまでの一連の動きを身につけるために。。。

このフォローからのスウィング動作を始めることを
お勧めしているわけです。
 

遠心力に任せてさらにフォローを大きくする感覚を身につけたいなら、
本当はクラブをポーンと遠くに飛ばすドリルが一番なのですが。。。
(以前にどこかで紹介したかもしれませんが)

なかなかそういった練習ができる場所がありませんので、
こちらのドリルをオススメしています。

力の使い方やリリースのタイミングをつかめれば、
自然とフォローが大きくなっていきます。

ぜひ、お試しください。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

たくさんゴルフの練習をしているのに
思うように上達しない…

あるいは、スコアが良くならない…

その一方、なぜレッスンプロはあっという間に
ゴルファーを上達させてしまうのか?

実はその秘密は、レッスンで使用される
「スイング診断メソッド」にあります。

その方法を、ゴルフライブの人気コーチ
近藤雅彦プロが公開してくれました。

今なら通常価格2,980円のところを、
1,000円OFFの1,980円(税別)で手に入ります。

詳細はコチラをクリック

今だけの特典付き。お早めに
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ドリル, フォロー, メルマガ, 新着メルマガ, 練習 | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。