ヘッドスピードアップには〇〇〇を有効活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.08.04
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
東京の自宅より、、、

 
こんにちは。ガッツパー水柿です。

 
東京オリンピック、盛り上がってますね!

 
世論は賛否両論ありましたが、
いざ始まったら選手を全力で応援して、
自然と熱くなってしまいます。

 
エネルギー溢れる選手たちのプレーを見ていると、
ついつい熱に当てられてしまって、
思いっきりボールを飛ばしたくなりますね!

 
今日はそんな「思い切り飛ばしたい!」という時に
関連したお悩み解決のお話をしようと思います。

 

ヘッドスピードを上げるのに活用するべき「力」

さて、飛距離とヘッドスピードが
密接に関係しているのは言うまでもないことですが、

 
ヘッドスピードを上げようとしたなら、
どんな方法を想像しますか?

 
体を深く捻転させたり、
腕を目一杯振ったり、
たしかにそれらも手段の一つではあります。

 
しかし、案外多くの方が
有効に使い切れていないある力があるのです。

 
これが「コック」、つまり「手首」を使った力です。

 
今回は、「コックがちゃんとできているかわからない」
という方のための、練習場で簡単にできる
とっておきのドリルをご紹介します!



スマホの方、動画が見れない方はこちら

 
コック習得ドリル、
いかがでしたでしょうか?

 
アプローチなど
フェースの向きを安定させたい場合には
ノーコックなど、使い分けは必要ですが、

 
習得すれば手首の力も上乗せして
ヘッドスピードをアップできる
ので、
思い切り飛ばしたい場面ではオススメのテクニックです。

 
是非この機会にコックを習得し、
飛距離・スコアの向上にお役立てください!

 
ガッツパー水柿
 
 

 
<本日のオススメ>

自分のスイングを客観的に確認したい、
そんなときにオススメのアイテムが発売されました。

 
その名も、アウトドア関連商品で超大手の
Colemanが発売した便利アイテム

 
『Coleman セルフィマルチスタンド』

 
これを使えば、練習場やゴルフ場で
簡単に自分のスイングを録画して確認できます。

 
使い方は簡単、折りたたみ傘のように引っ張るだけで、
あっという間にスマホ・カメラリィ両用の三脚に早変わりします。

 
収納時にはカバンにしまえるコンパクトさと軽さながら、
しっかりと機能は満たしており、リモコンも付属していて
記念撮影やレジャーの撮影にも使える万能アイテムです。

 
フルスイングをするとついフォームが崩れてしまいがちですが、
このアイテムを使ってしっかりスイングを確認し、
着実にスコアアップを目指してください。

詳細はこちら

https://g-live.info/click/210803_yuukan/

数量限定です。
ゴルフ以外でも多方面で人気の商品なので、お見逃しなく。


 

 

The following two tabs change content below.
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: 100切り, 90切り, スライス, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿 について

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。

 

Facebookでコメントする

ヘッドスピードアップには〇〇〇を有効活用」への1件のフィードバック

  1. やっちゃん

    こんにちは。
       長年ノーコックに近いスイングでした。ゴルフ以外に身についたことを修正することは、
      違和感があり、練習は短時間でやらないとストレスがたまる。
       コックドリルでたまたま上手くできるとヘッドスピードアップ。それと距離も伸びました。
       今後もよろしくお願いします。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。