油断大敵!ショートホールの攻略法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.10.04
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

ショートホールのティショットで、
引っかけやプッシュアウト、
トップやオーバーしすぎてしまう…

ショートホールだからこそ、
バシッと決めて行きたい!

そんなショートホールですが、

距離は短いながらも、
工夫が凝らされたコースレイアウトと
なっていますので、

技術だけでなく、メンタル面も安定させて、
挑まなくてはいけませんよね。

ショートホールは他のホールと違って
特に距離が短いので、

アイアンを使うことが多いですが…

アイアンが苦手な人にとっては、
ショートホール自体が苦手としてる方も
多いかもしれません。

しかし、スコアメイクには
チャンスが大きいのがショートホール。

苦手を克服して、ショートホールを攻略していただき
しっかりとスコアメイクへ繋げていただきたいと思います。

ショートホール攻略法



ただ、兎にも角にも。

先程も申し上げましたが、
ショートホールは距離は短いながら、
工夫が凝らされたコースレイアウトになっています

ピンまでの距離が短い分、
グリーン狙おうとしてしまいますが…

狙えば狙うほど力んでしまい、
ダフったり、トップしたり。

ちょっとしたミスを
誘発してしまいやすくなります。

だからこそショートホールでは
1打1打のミスが致命的となります。

ショートホールでのショットを
成功させるためのポイントは、

「距離感」と「方向性」が重要となります。

低い弾道でコントロール



ショートホールが苦手な場合、
いかにボールを低く抑えるかということがポイントになります。

高いボールを打ってしまいますと、
コントロールが非常に難しくなってしまいますので、

ボールを上に高く上げて
放物線を描いて打つというよりも、

低いショットの方が、
高さのあるショットよりもコントロールしやすいく、
距離も合わせやすくなります。

では、低い弾道の球をコントロールをするための
ポイントとしては2つご紹介させていただきます。

ポイント:ボールポジションと重心位置



まず1つはボールポジションです。

ボールポジションに関しては
通常の位置は真ん中なんですが、

低い球をコントロールして打ち分けたい場合は、
ボール1個分ほど通常よりも少し右に置きます。

そして2つ目は重心位置です。

重心の位置は左右均等が通常なんですが、
7対3ぐらいの比重で若干左足に体重をかけます。

この7対3をキープしたまま
フィニッシュまで持ってください。

そうすることでいつもよりも
少し低いボールでコントロールしやすい
ショットが打てるようになります。

もしも、ショットョットが曲がってしまった場合でも、
高さのあるショットだと曲がり幅も大きくなりますが
低いボールの場合は曲がり幅が少なくて済みます。

低いボールを打っていくポイントは
ボールポジションと重心位置になります。

はじめはなかなか難しいかもしれないのですが、

低い弾道で強いボールが打てるようになると
ショートホール以外のホールでも、

飛距離と方向性が必要な場面で
スコアメイクのための1つの選択肢に
なっていきますので、

ぜひ参考に、練習していただいて、
スコアアップに繋げていっていただけたら嬉しいです。



<本日のおすすめ>

徳嵩フィッター驚愕
圧倒的な飛び性能で話題となった

DIRETTO(ディレット)
『ブッ飛びアイアン』

どうすれば、真っ直ぐ正確に
飛ばせるようになるの?

この新アイアンは
そんな悩みを一掃し曲がらない弾道で、

1番手以上飛距離が伸び
キュッと止まるアイアンショットを実現します。

アイアンに隠された業界初の【ある秘密】で
理想の弾道を生み出す…

どうかお早めにこの新アイアンの秘密で、
今までにない『飛び』を手に入れてくださいね。

https://g-live.info/click/direttoiron2110/

※先着20セット限定。
 売り切れ完売次第、ご案内は終了となります。

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。