[ドリル有り]アプローチが苦手な人の共通点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.10.05
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「アプローチが苦手な人の共通点」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。

アプローチが苦手な人のためのドリルの紹介もあるので、
楽しみにしていてください。

まず最初に、ですが。。。

アプローチの苦手な人を観察していると

 「アプローチが苦手なんです」
 

そうおっしゃる方がいた時、その方をよーく見ていると
 

 自分で球を上げようとして、ミスをしている
 

たいていの場合、この傾向があるように見えます。
つまり、
 

 ・ウエッジのロフト通りに打たずに、
  手でボールをすくい上げるようにしてしまう

 ・インパクトで手首をターゲット方向に「くの字」に折って
  ロフトを寝かせるようにしてしまう

 

ということですね。
 

その結果として、
 

 ・ソールが跳ねてトップしたり

 ・トップを恐れたら逆にダフリが発生する
 

という悪循環にハマってしまうわけです。

手首の動きをブロックするドリル

ということで、そうした手首の動きを
ブロックしてくれるドリルが必要になるわけですが。。。
 

はい、ではここでクイズです。
 

そのドリルとは一体、何だと思いますか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

(おそらく過去にも何度か紹介したことがあるドリルです)
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

はい、そのドリルとは。。。
 

 「クロスハンドドリル」
 

クロスハンドでは、左手を下にして
普段とは左右の手の位置を逆にして、クラブを持ちます。
 

このクロスハンドの形でアプローチをしてみる、
ということですね。

左手首がロック

このクロスハンドで、左手を下にすることで
 

 ・左手首が伸びて

 ・シャフトと腕が一直線につながる
 

状態ができます。

左手首がロックされるような状態になりますから、
 

 ・手首が折りにくく

 ・ヘッドが暴れないようになって

 ・結果、トップやダフリのミスが減る
 

というわけです。
 

ここで、肝心なことをお伝えしますが。。。
 

 手首を使ってロフトを寝かせて、
 無理やり球を浮かせようとしなくても
 ロフトが自動的に球を上げてくれる

そもそも、球は自分で上げるものではなく、
クラブのロフトが上げてくれるものなのです。
 

今回ご紹介した、このクロスハンドのドリルで
クラブのロフト通りに打っていただくことで。。。
 

球が十分に上がってくれることを、
あなたも体感していただけることでしょう。
 

ぜひ、お試しください。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

なぜ、ほとんどのゴルファーが、
一生懸命練習しているのにアイアンの
飛距離は一向に伸びないのか?

どうすれば、真っ直ぐ正確に
飛ばせるようになるのか?

徳嵩フィッターも驚愕の
圧倒的な飛び性能で話題となった
DIRETTO(ディレット)アイアンが…

そんな悩みを一掃し、
曲がらない弾道で1番手以上飛距離が伸び
キュッと止まるアイアンショットが実現します。

詳細はコチラをクリック

先着20名限定。なくなり次第終了
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アプローチ, ウエッジ, ダフリ, トップ, ドリル, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。