2ラウンドに1回チップインを出せるドリル!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.11.09
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「2ラウンドに1回はチップインを出せるドリルとは?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

かなり挑戦的なテーマのタイトルですが、
私はプロたちには指導で、こんなふうに伝えています。

「すべて入れるつもりで、狙っていけ」

私がプロたちに伝えているのは、
 

 「アプローチはピンの根元、カップが見えている状況なら
  すべて入れるつもりで狙っていけ」

 

そうした指導の結果、アプローチの上手なプロは
2ラウンドに1回はチップインします。
 

とはいえ、アプローチが苦手だという
アマチュアゴルファーのあなたであったとしても。。。

おそらくは、チップインを狙って打っているはずです。
 

ですが、ワンピンの距離にすら寄らず、
たまにまぐれでチップインが出ることがある。。。
 

というのが、現実的なところではないでしょうか。
 

じゃあ、プロとアマの違いとは
一体、何なのでしょうか。。。?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

チップインするための絶対条件というのは

ラインが出ること

ピンに向かって一直線のラインが出るようになるような、
そんなアプローチショットが打てること。

それが、チップインをより確実にするための
絶対条件になります。
 

 「そんな、自分にはチップインなんて無理ですよ。。。?」
 

そんなふうにあなたが思われたとしても、
もう少しだけお付き合い下さい。
 

アマチュアゴルファーの方のミスの多くは
おそらく「引っ掛け」だと思います。
 

引っ掛けてしまうのは、アドレスが悪いのか。

ウエッジというクラブは構造上
引っ掛けやすいから、仕方ないのか。
 

確かに原因はいろいろと考えられるでしょう。

ですが、その引っ掛けの原因として
最も考えられる問題があります。それは。。。
 

 ・
 

 ・
 

 ・

「ダウンで肩の開きが早い」

もちろんこれ一つが原因と言うつもりはありません。

ですがこの「ダウン(スウィング)での肩の開きが早い」
という点が、アマチュアの方の引っ掛けの可能性として
一番に挙げられる原因です。
 

ですのでここでは、そうした
 

 ・「ダウンで肩の開きが早い」問題を解決し

 ・ピンへ一直線のラインが出るようになる
 

そんなドリルを、ご紹介したいと思います。

おそらくあなたも一度はやったことのあるであろう
とてもシンプルなドリルです。
 

 1.まずクラブを1本、胸の前で横にして両脇で挟んで押さえます

 2.クラブを両脇では挟んだ状態で、アドレスをします

 3.1~2の準備が出来たら、
   グリーン周りのアプローチの振り幅で打っていきます

 

大切なのは、ボール打った後です。

打った後、あなたの体の左側からはみ出たシャフトは
あなたの視界に残っているでしょうか?

もし、その左側のシャフトが
自分の視界から消えているようでしたら、
肩が開きすぎていると言えます。

シャフトの左側が視界から消えないように、
肩(シャフト)を縦方向に動かすと
ピンへ一直線のラインが出るようになります。

脇に挟んだクラブが横に動かないように

もし、ボールを打つ方向の後ろから
確認してくれる人がいるのであれば。。。

後ろから左わきの下のシャフトが
はみ出して見えてしまったら、失格です。
(シャフトが横に動いている証拠です)
 

一般的にボールがカップよりも左に飛んでしまう人は、
インパクトで肩が開きやすく、
脇に挟んだクラブが横に動いてしまいがちです。

しっかり肩が縦方向に動いていると、
後ろから左脇のシャフトは見えません。

ショットを後ろから誰かに見てもらうか
撮影してもらい確認してみましょう。
 

このドリルは、挟んだクラブが落ちないようにすることで
手打ちも直せる練習です。

インパクトで手首を折ったりせず、
足と腹筋・背筋を使って打つことがポイントです。

また、このドリルではクラブを挟むことで
両肩に力が入らないように注意しましょう。
 

ぜひ、お試しください。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

もし、あなたが

・ドライバーの方向性がなかなか安定しない…
・キャリーで230yを超えない。
 250yはせめて飛ばしたい…
・どうしたらそもそも飛距離が伸びるのかイメージがつかない…

と悩んだことがあるなら、
この【齊藤かおりの飛ばしのメカニズム】は
あなたのためのものです。

しかもこの秘密は「力づくで飛ばす」といった
筋肉に頼った根性論ではなく…

身体的ハンデを抱えていたとしても、
体に負担をかけない飛ばし方なんです。

こちら、今だけの特別価格で
ご案内中ですので、どうぞお急ぎ下さい。

詳細はコチラをクリック!

本日11/9(火)までの期間限定。お早めに
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アプローチ, ダウンスイング, メルマガ, 引っ掛け, 手打ち, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。