頑固な手上げ・手下げを解消するドリル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.01.26
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「頑固な手上げ・手下げを解消するドリル」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

よくお客様から、
 

 「頑固な手上げ、手下げを解消するには
  どのような練習が効果的でしょうか?」

 

という質問をよく受けますので、
今日は簡単にできるドリルをご紹介したいと思います。

初めに、補足…

ちなみに今回の話は、前回そして前々回と
バーベルを使ったドリルをご紹介したところ
 

 「バーベルなんて、家にはありません」

 「家にバーベルなんて、置けません」

 「せっかくご紹介いただいたのに、できません」
 

というご意見をいただいたので、
バーベルを使わないものをご紹介しようと思います。
 

2021年はバックスウィングを覚える(前々回)

https://g-live.info/click/210112_nikkan/

 

低重心で力強いスウィングを作る桃子ドリル(前回)

https://g-live.info/click/210119_nikkan/

 

ちなみに、バーベルを使ったトレーニングについては
 

 「江連さん、バーベルのトレーニングは一見すると
  スウィングには何の関係もなさそうに見えるんですが」

 

というご意見もいただきました。
 

繰り返しになりますが、
とにかくバックスウィングは小手先の力ではなく、
体幹部、特に背中を使って上げる事が大切です。

バックスウィングのバック(back)のことは
「後ろ」と主に訳されますが、
バックには「背中」という意味もあります。
 

ということで「バックスウィング」というのは
 

 「背中を使って上げる」
 

というものだと、覚えていただけると
前回、前々回のお話とスウィングの関係をご理解いただいた上で
正しい動きに直結するかと思います。
 

ということで、本題になりますが
今回はバーベルの代わりに。。。

トレーニング用のアームウェート

こちらをご用意下さい。
 

アームウェートは、腕につける専用のおもりですが、
これを両方の二の腕に巻いてスウィングをします。

(アームウェートは、amazonや楽天などでも売っています)
 

ちなみに、両腕におもりを付けると
何が良くなると思いますか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

(せっかくなので、ちょっと考えてみてください)
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

はい、これについては。。。
 

両腕に重りをつけて、腕を重くすることで
腕に遠心力がかかり、軌道が安定します。

そしてその遠心力に負けない求心力、足の粘り、
腹筋、背筋を使ってスウィングすると
上体の力みがどんどん取れてきます。

そうすることで、
スウィングのリズムとバランスが良くなってきます。
 

また、バックスウィングで言えば
アマチュアゴルファーの持病とも言える
 

 「手上げ」(手、腕の力でクラブを持ち上げること)
 

が解消されます。

重りを腕に付けることで、簡単に手で上げられなくなり
体でバックスウィングするコツが身につく、というわけです。

バック&ダウンスウィング練習方法

ここで、バックスウィングとダウンスウィングの
効果的な練習方法をご紹介しておきます。
 

バックスウィング練習方法:

 1.バックスウィング開始時に、
   ステップを踏むイメージで右股関節に重心を乗せます。

 2.リズムをつけて腹筋、背筋を感じながら
   クラブを上げていきます。

このようにすることで
腕とクラブに遠心力がかかり、軌道も安定します。
 

ダウンスウィング練習方法:

 1.絶対に打ち急がないことがとても大切です。
   そのためにはトップで必ず腕に「間(ま)」を持たせます。

 2.上体をリラックスさせたまま、下半身から切り返せれば
   左股関節に重心が移った瞬間に、腕が重力によって
   ストンと落ちてくれます。

 

この腕が「自然落下」する感覚を一度でも体感すると。。。

いかに今まで自分が力んで腕力に頼った
「手下げ」で打っていたのかが実感できるはずです。
 

ここで、前にもお伝えしたので繰り返しになりますが
ダウンスウィングでの両腕の動きをおさらいすると。。。
 

 両腕は自分の力で下ろすのではなく、
 重力によって落ちるもの

 

ということです。

ですので、両腕に重りを付けて、
下半身から(足を使った左への重心移動で)切り返せば。。。

腕の力みがとれてまさに「落ちる」ダウンスウィングを
実感していただけるはずです。
 

トレーニング用のアームウェートを
両方の二の腕に巻くドリルで、重力のすごさを感じつつ
悪い癖を直していきましょう。
 

ぜひ、お試し下さい。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

小原プロからご案内があった、
飛距離アップへ導く “ティーショットの秘密兵器” …
もうご覧いただけましたか?

・正確で飛ばせるスイングを身につけ再現性を上げる
・ヘッドスピードを飛躍的に上げる
・ゴルフ前に行うある儀式で、スイング安定性を伸ばす

ちょっとしたゴルフ前の空き時間や
お休みのときに5分程度行うだけでも
効果はあるでしょう。

実験に参加するならコチラをクリック!

商品の詳細はコチラをクリック!

本数限定です。お早めに
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: スイング, スイング理論, ダウンスイング, バックスイング, メルマガ, 手打ち, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

頑固な手上げ・手下げを解消するドリル」への1件のフィードバック

  1. 杉本亮太

    アームウェートの重さは、どのくらいが良いのでしょうか?

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。