【ビデオ】締めて、飛ばす!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022.06.04
服部hattori

From:服部コースケ
沖縄の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

いつもメールマガジンを
ご購読いただきありがとうございます。

「ためになる情報があって嬉しい」

「服部プロのメールは毎週楽しみです」

「解説が分かりやすい」

など、、、
たくさんのご連絡ことがあり、
私も大変嬉しく思います。

これからもあなたに役立つ
情報発信できればと思っておりますので、

どうぞよろしくお願いします(^^)

さて、本日は、題名にもあったように
『締めて、飛ばす』というテーマで
お話していこうと思います。

これだけだと何を?と思ったと思います。

ゴルフスイングの時に「脇を締めること」
と耳にしたことがあると思います。

言われた通りにやっているのに
なかなかうまくいかない、、、
ボールが飛ばない、、、

こんな経験をした方も多いんじゃないでしょうか?

実は、私もゴルフを始めたばかりの頃、
まさにこのような体験をしたことがあります。」

今日は、飛距離アップのために大切な
正しい脇の締め方について説明していきたいと思います。

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

野球のホームランと実は
共通していた飛ばしの理論

あなたは、ホームランの世界新記録を持つ
王貞治をご存知でしょうか?

王さんが言っていた言葉で、
こんな言葉がありました。

「脇が開いていると衝撃に弱いので、
 バットの芯でとらえても相手の
 ボールの勢いに負けやすい。

 でも脇が締まっていれば、
 ボールに勢いがあっても負けないで弾き飛ばせるし、

 ベースの近くに立てているから
 インコースも上手く打てます。」

脇が締まった形でとらえているから、
インコースがホームランになるケースが多いんですね。

ゴルフも全く同じで、
脇が締まっていた方が体のチカラが伝わりやすいし、
衝撃に負けないボールでよく飛ぶようになります。

ドライバーの飛距離や方向性に悩んでいたら、
脇の開き具合もチェックしてみてくださいね!

一緒に飛距離アップに向けて頑張って行きましょう!

本日も最後までご購読いただきありがとうございました。

服部コースケ




<本日のオススメ>

ゴルフをする上でこれからの時期は
体調管理も重要になってきます。

疲労回復、筋肉疲労などに効果的な
「アミノ酸」サプリが公開中!

練習やラウンドの翌日は
ダルさに煩わされることはないですか?
前日の疲れが残っていると感じたことはないですか?

そんな疲れをコントロールしてくれるのが
「アミノ酸」です!

https://g-live.info/click/maxcharge_2206/


The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アドレス, スイング, メルマガ, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】締めて、飛ばす!」への2件のフィードバック

  1.  やっちゃん

      今晩は。今回もわかりやすくシンプルレッスンでした。
      猫背防止にも役立つ。ありがとうございました。

    返信
  2. 松島一郎

    毎週楽しみに拝聴しております。どうしても出来ない部分があります、スライスか右方向に飛ぶことです、回転が速いためといわれますがどうしてもできません、練習方法を指導願えれば幸いです。
    よろしくお願いいたします。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。