カテゴリー別アーカイブ: ビデオ

【見栄晴×江連】ロング…出るかイーグル!?

2019.02.05
ezure

From:江連忠
神戸の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。

昨年末から公開している
タレントの「見栄晴さん」とのゴルフ企画。。。

2019-0108_1

お待たせしました。
今週も続きをお届けいたします。

先週はいつもより反響が多かったようです。

実は今回のホール、
見栄晴さんにとって思い出のホールだそうで…
続きを読む

【ビデオ】バンカー、クラブの落とし所は?

2019.02.05
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて今日は
 

 「バンカー、クラブの落とし所は?」
 

というお話をしましょう。
 

なんと!
今日はおそらく、このゴルフライブで初めての
ビデオでのお届けです。

事務局とも相談したところ
 

 「やっぱり梶川プロといえば、
  バンカーショットでしょう!」

 

ということで、今日のテーマは
バンカーショットです。
続きを読む

[Video] オーバースロー×→サイドスロー○

2019.02.04
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、
 

 「オーバースローではなく、
  サイドスローピッチャーになろう」

 

について、ビデオでお話ししたいと思います。

といっても、野球の話ではありません。
ゴルフの話ですので、ご安心下さい。

どういうことかというと。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

【ビデオ】トップから振らないと間に合わない?

2019.02.03
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「トップから振らないと間に合わない?」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

トップからがんばってクラブを振ろうとしなければ、
ボールヒットで能力の限界までのヘッドスピードを
出せないのではと、聞かれることがあります。

ところが、このような疑問が湧いてくるとしたら、
ダウンスイングのイメージとして重大な勘違いがあります。

それは。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

あなたはどれ→ストローク診断[#77]

2019.02.02
亀子充温

From:亀子充温

みなさん
こんにちは!!

今回もパッティングの続きです。
今回は【パッティングでの腕の使い方】を解説します。

僕はパッティング時の腕の使い方は、大まかに2つの方法があると考えています。
❶両腕を伸ばした腕の使い方=振り子タイプ・・・トゥーバランスパターに最適
★振り子タイプの定義は・・・
 パターを振り子の様にストロークさせるパッティングです。

❷両肘を曲げた腕の使い方=パラレルタイプ・・・フェイスバランスパターに最適
★パラレルタイプの定義は・・・
 パターを極力平行移動させる様なストロークのパッティングです。

*クロスハンドの場合は、右肘のみ曲げる

動画を撮影編集しましたのでご覧下さい。
この動画は、腕をアップにして撮影しました。
ご家庭で練習される場合は、姿見の前で腕の動きをチェックしながら練習すると有意義な練習が出来ます。

巷ではインフルエンザが流行り
2月4日には立春を迎えますが・・・冬本番です。
ご自愛ください!!!
 

<本日のオススメ>
もし、あなたが、
パッティングに対して

パターマットで練習していても
すぐに飽きてしまう…

パッティングがうまくいかないせいで
スコアが崩れてしまう…

ロング、ミドルパットの練習を
自宅でもしたい…

という悩みを持っているのなら、、、
この秘密兵器がきっと役に立つでしょう。

http://g-live.info/click/ibcs1901/

【ビデオ】練習場で簡単スイングチェック

2019.02.01
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「練習場で簡単スイングチェック」

というテーマで動画をお届けしたいと思います。

気温もグッと下がってきて、
この時期・・・厚着があなたのスイングの
リズムやテンポを崩してしまいます。

具体的には、
ダフリ・トップ・スライス・フックが
いつもよりも出やすくなったりするんですね。

そこで今回は、練習場で簡単にできる
スイングを安定させるための
簡単なドリルをご紹介したいと思います。

使用クラブは9番アイアン。

スタンス幅も、グリップも、
いつも打つ時のやり方でOKです。

これを行うことで、

・スイングのリズムやテンポが安定します。
・スイング軌道が安定します。
・なめらかなスイングが手に入ります。
・ミート率が向上します。
・軸ブレが改善されます。

などなど。^^

練習の最初や最後、クールダウンなどに
毎回実践してみて下さいね。

続きを読む

【ビデオ】グリーンの傾斜を攻略する方法

2019.02.01
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

今週は、「グリーンの読み方」について
動画でお話します。

以前のメルマガでグリーンのミドル~ロングパットにおける
「3秒ルール」をお伝えしました。

(3秒ルールについては こちらから)

今回は「傾斜のついたグリーンで
絶対にやってはいけないこと」
がテーマになっています。

それでは、御覧ください。

続きを読む

分厚いインパクトを生む秘訣はフォローにあり?

2019.01.30
miyamoto

From:宮本大輔
神戸の自宅より…

おはようございます、宮本です。

大体、良い当たりをした時って
まるでテニスボールでも打ったかのような
確かなインパクトを感じると思います。

俗に言う

「分厚いインパクト」というものですね。

こういった強いショットを
毎回打つためには、頭の中で
しっかりとスイングイメージを作る必要があります。

その時に意識してほしいのは
じつはインパクトではなくフォローなんです。

どうしてか?

今日はその理由と
効果的な練習方法を
ご紹介出来ればと思います。

インパクトは通過点に過ぎない

これ、すごく大事な言葉なので、
今一度心に留めていただければと思います。

ゴルフはインパクトが全て。

それは紛れもない事実ですが、
ゴルフスイング全体で考えれば、
インパクトは通過点に過ぎません。

もし、インパクトをスイングの
終点にしてしまえば、例えドライバーで
フルスイングしても、100ヤード飛ぶくらいでしょう。

ただ、私がレッスンさせていただいていても
皆さん、それは理解されているんです。

ですが、ラウンドになると、
どうしても当てることに集中してしまい、
インパクトに意識がいかなくなってしまう…

このパターンが多いと思います。

分厚いインパクトを生むフォローとは?

ということで、強い当たりを
生む大前提をお話しましたが、
ここからもう少し詳しく解説します。

まず、厚いインパクトというのは

「フェースとボールが接する時間が長いこと」

というように解釈出来ます。

といっても、1秒以下の単位の話なので、
実感することは難しいですが、、、。

出来れば毎回そんなショットをしたいですよね。

では、一体どんなことをすれば良いのか?

お話したいところなのですが、
全部話そうとするとプログラムが
一個出来上がるくらいの量になります。

なので、逆にこれでは
分厚いインパクトが打てない
3つの動作をご紹介します。

それは、

1、インパクトからフォローにかけて
  左の壁が出来上がっていない

2、ボールを上げようとして伸び上がる

3、インパクトの時点でコックが解けている

この3つです。

まず1に関しては、飛ばしたいという願望が
強ければ強いほど、人は体が突っ込みやすくなります。

これを直すには、左足の外側でボールを踏む、
もしくは左足のつま先を飛球線とは
逆の方向に少し曲げると必要以上に動かなくなります。

ただ、怪我の可能性もあるので
慎重に行ってくださいね。

次に伸び上がり、すくい打ちに関しては
良い方法があります。

それは、打った瞬間に
ボールを追いかけるように歩いてみてください。

すくい打ちの傾向のあるゴルファーは、
右足に体重が残ることが多いです。

なので、打った後歩いてみてくださいと
言われても、スイングした流れでは
前に進めないんですね。

これ、意外に効果的なので是非試してみてください。

そして、3に関しては先程お伝えしました
「インパクトが終点」になっているタイプの
方に非常に多く見受けられます。

ゴルフの終点はフォローが終わった後の
フィニッシュでピタッと止まった状態のこと。

一概には言えませんが、
「インパクトは通過点」という
スイングを常にイメージするだけで、

けっこう変わります。

最後に

今日は分厚いインパクトについてお話しました。

分厚いインパクトが打てるということは
ミート率も良く、方向性も良く、飛距離も良い
ということになります。

なので、まずは日々のビジネスゾーンで
しっかりとボールをミートさせることから始めましょう。

<本日のオススメ>

アプローチの常識からクイズです!
次の3つのうち、驚くほど寄るアプローチの
打ち方はどれでしょう?

①ハンドファーストに構えてアプローチする

②パッティングの様に構えてアプローチする

③ビジネスゾーンで構えてアプローチする

心の中で答えが決まった方から
こちらで答えを確認してください。

答えを確認する

【見栄晴×江連】私のショットを見せます

2019.01.29
ezure

From:江連忠
神戸の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。

昨年末から公開している
タレントの「見栄晴さん」とのゴルフ企画。。。

2019-0108_1

お待たせしました。
引き続き今週も続きを公開します。

予想以上の反響をいただいていて
私もとても嬉しいです。

今回は私も、ショットを披露しています。
続きを読む

【ビデオ】ヒールヒットだとリリースが早すぎ

2019.01.27
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「ヒールヒットだとリリースが早すぎ」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

特に、ドライバーショットで
ヘッドのヒール寄りにボールが当たることが
ありませんか。

時々ヒール寄りにヒットすることもありますが、
常にヒール寄りもあります。

実は、脚が使えずクラブのリリースタイミングが
早すぎると、手元が浮きます。

(続きはビデオにて)
続きを読む

【徹底比較】パターグリップ映像集[#76]

2019.01.26
亀子充温

From:亀子充温

みなさん
こんにちは!!!

ショットと別物が::【パッティング】
2017年8月5日、僕がこのブログで最初に掲載してのも【パッティング】についてでした。
その時にアップしたブログも振り返る意味でご覧下さい。
https://g-live.info/?p=26030#more-26030
https://g-live.info/?p=26190#more-26190

パッティングは、各ホールの締め括りであり、且つスコアメイクに重要なスキルです。
日本男子ツアー・トッププロ達の1ラウンドの平均パット数=26〜30パット

今回のブログは
【パッティングの元】になる【グリッピング】についての話です。
グリッピング(グリップの握り方)は、体とパターを繋ぐ接点であり、ボールにパワーを与える訳なので・・・
どんなグリッピングをするかは、とても重要です。

みなさんは
どんなグリッピングでパッティングをされていますか???

続きを読む

【ビデオ】ウォーミングアップって何をすれば良いの?

2019.01.25
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

今週は、

「朝イチのティーショット、あるいは
午後イチのティーショットを成功させる方法」

こちらについてご紹介していきたいと思います。

朝イチ、午後イチというのは、
身体が非常に冷えて動きづらいです。

当たり前ですが、
冬は夏の季節よりかなり冷え込みます。

そこでとても重要になるのが、
プレー前に筋肉を温めてほぐし、
柔軟にすることです。

こういったときに、
「全身を使う動的なストレッチ」が
非常に効果的になってきます。

そこで今日は動的なストレッチとして
「連続素振り」をご紹介します。

続きを読む

[Quiz]ゴルフ版ブンブン丸診断テスト

2019.01.23
miyamoto

From:宮本大輔
神戸の自宅より…

おはようございます、宮本です。

「ブンブン丸懐かしいね~」
と思われた方もいらっしゃるでしょう。

一般的にブンブン丸と言えば、
豪快なフルスイングで人気を博した
元ヤクルトの池山隆寛選手の愛称。

調べてみると引退されたのが
2002年なのでもう17年前…

同じレッスンスタジオで働く
若手に知ってるか聞いたら
「誰ですか?」と言われる始末…

まあ、そんなものですよね笑

さて、本題はここから。

今日はあなたに
「ゴルフ版ブンブン丸診断」を
受けて欲しいと思います。

これから出題される質問に
YesかNoでお答えください。

では行きます…

ゴルフ版ブンブン丸診断テスト

(正直な気持ちでお答えください…)

質問1)アイアンよりもドライバーが好きだ
Yes or No

質問2)”30パットを切る方法よりも300ヤード打つ方法”の方が気になる

Yes or No

質問3)練習場ではFWやドライバーを打つことが多い

Yes or No

質問4)せっかくラウンドに来たのだからフルスイングして、かっ飛ばしたい

Yes or No

質問5)飛ばすだけがゴルフじゃない。それは分かっちゃいるけれど、飛ばさずにはいられない。

Yes or No

さて、あなたの結果はいかがでしたでしょうか?

Yesの数が多いほど…

ということで、あなたが答えた中でYesの数は
いくつあったでしょうか?

この診断テスト。

Yesの数が多ければ多いほど、
あなたは”ブンブン丸”傾向の
ゴルファーかもしれません。

どうでしたでしょうか?

先に断っておきますが、
飛ばすのが大好きだからといって
何も悪いことはありません。

私はドラコン競技を見るのが大好きですし、
やはりラウンドに行っても一発くらい
飛ばして帰りたい…と思いながらゴルフをしています。

ただ、生徒さんと話をしていると、
どうもフルスイングに対しての
認識が違うんです。

例えば、もしあなたの中で
フルスイングが

「ありったけのパワーを込めて、
速く・鋭く・強く振る・・・」

みたいに考えていたら、
その意識は今日から変えてください。

なぜなら、それはゴルフ寿命を縮める
フルスイングだからです…

プロの考えるフルスイング

先に申しますと、プロが考えるフルスイングとは

「全身を適切に使って、クラブの運動量を増やすこと」

と解釈してください。

全身を「フル」に使うからフルスイングであって、
パワーを「フル」に使うことではありません。

ここはちょっと微妙なニュアンスなのですが、
この違いが飛距離アップにとても
大きな違いを生むんです。

私達が良く
「今からでも飛距離アップは全然可能です」
というと、若干疑われることがあるのですが笑

理屈としてはこういうことです。

まとめ

誰しも歳を重ねれば
パワーは落ちてしまいます。

私ですら、40歳を目の前にして
もう昔のようなパワーはそんなにありません。

けどある程度の飛距離が出せるのは

「全身を適切に使えているから」

これに尽きます。

是非、飛ばし屋のスイングを見てみて
スイングの研究をしてみてくださいね。

<本日のオススメ>

この飛距離アップメソッドを実践すると、
あまりに飛びすぎるので、周りのゴルファーを
馬鹿にしてしまうかもしれません。

また、あまりの内容に思わずゴルフ仲間にも
言いたくなってしまうかもしれません。

もし、あなたがこんなゴルファーには
ならないとお約束いただけるなら、、、

このお手紙をご覧ください。

http://g-live.info/click/edbh_1901/
※公開は本日で終了

【見栄晴×江連】残念! それ、罰打です…

2019.01.22
ezure

From:江連忠
神戸の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。

昨年末から公開している
タレントの「見栄晴さん」とのゴルフ企画。。。

2019-0108_1

お待たせしました。
続きを公開したいと思います。

おかげさまで、多くの方にご視聴いただいていて
私としても嬉しいかぎりです。
続きを読む

[Video] 90%の方が誤解?右手の使い方とは

2019.01.21
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、
 

 「90%の方が誤解?右手の使い方とは」
 

について、ビデオでお話ししたいと思います。

今回は、右手の使い方というものを
再度、見直してみようと思います。

今回のテーマについては、。
ダウンスイングで右肘を右脇腹に持ってこいとか
いろいろな言われ方があるんですけれども。。。

それらは全て、その手首をどう使うかというところで
自然に起こることでしかありません。

たとえば肘を絞って、脇腹につけてくるといった、
そういうことでは決してないわけです。

では、その右手の理想の使い方とは?

(続きはビデオにて)
続きを読む