カテゴリー別アーカイブ: ウエッジ

残り80yならハーフトップしてもOK

2015.10.13
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

前回のメルマガでは、
50ヤードのエクスプロージョンについて
お伝えしました。

せっかくなので、今回も中途半端な距離からの
バンカーショットの続きということで

 「80ヤードのバンカーショット」

についてお伝えしていきます。

80ヤードも、50ヤードと同じように
とても難しいバンカーです。

ですが、50ヤードと大きく違う点があります。
それは何かというと。。。

80ヤードはクリーンヒットが必要

(ちなみに、当初の質問にあった150ヤードの
 バンカーショットについてはまた後日お伝えします)

50ヤードはエクスプロージョンを選択することが多いと
前回あなたにお伝えしました。

ですがそれに対して、80ヤードの場合は
クリーンヒットを選択することが多くなります。

もちろん砂質やライによって
どちらを選択するか変わってきます。

まず、表面がしまっていてボールが綺麗に砂に乗っている時は
非常にクリーンヒットしやすくなります。

僕の場合、SWで80ヤードですと
ほぼフルスウィングで打たなければならず
インパクトがきちっと入る確率が下がります。

という事でフェアウェイから80ヤードは
SWで打つことが多いですが、バンカーはライが多少良くても
52度(PSやAWと同じ)で打つことが多くなります。

52度で70%ぐらいのスイングで

52度で80ヤードだと、
70%くらいのスウィングになります。

普段より力感が弱く打つことになります。

ですが力感が普段と違うとインパクトは合いにくくなります。
つまり、ダフり、トップが出やすいという事です。

という事でインパクトは集中しなければなりません。

ボール位置はスタンスほぼ中央です。
ダフりたくなくても右足寄りですと
球が低くなってしまいます。

ピンが奥の時には低く出すのもありですね。

基本はスタンス中央で少し距離をセーブするので
クラブを少し短めに持ちます。

バックスウィングをいつもより小さくします。

僕はだいたいのイメージですが
普段腕を11時まで上げていますが、
それを10時半にするようにしています。

インパクトは緩ませない

10時半まで上げたら、シュッと振ります。

せっかくグリップとバックスウィングで
距離をコントロールしているのに、インパクトまで弱くしては
芯を食ってもショートしてしまいます。

そしてインパクトを緩ませない(弱くしない)ことによって
芯を食う確率も上がります。

大事なインパクトですが
芯をピッタリ食ってくれれば嬉しいですが
芯を食わせようと思ってダフるとショートしてしまいます。

易しくはありませんが、ダフるよりは
少しくらいハーフトップと思って下さい。

中途半端なバンカーではハーフトップが何度も出てきましたが
普段からハーフトップの練習をしていると
非常にコースで役に立ちます。

是非、練習場で取り入れてみてください。

それではまた、次回も楽しみにしていてください。

ーツアープロ 梶川剛奨

追伸

先日レッスン会にご参加頂いたMさんから
鉄板アプローチ(低く出てスピンの効くアプローチ)について
ご質問がありました。

バンカーの低く出てスピンの効く打ち方は
鉄板アプローチと似た感じですか?

という内容でした。

球筋のイメージは似ていますね。
バンカーの場合エクスプロージョンなので振り幅が大きくなります。
その分スピンはかかりやすくなります。

鉄板アプローチの場合振り幅が小さくてもスピンが効きます。
ですからインパクトの圧力とクラブの入りはとても重要になります。

練習場で繰り返して頂ければ絶対出来るようになります。
頑張って下さい。

<オススメ>
あなたがよりシンプルにゴルフをしたい、
簡単にまっすぐボールを飛ばしたいと思うなら。。。

大森コーチのこの3つのステップで
より簡単にボールを飛ばせる
「タメのあるゴルフスイング」を目指してください。

http://g-live.info/click/ohmori151008/

※期間限定のご案内です。

「技」ティアップ・サンドウエッジ・ショット

2015.09.27
ohmori

From:大森睦弘
神戸の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「技・ティアップ・サンドウエッジ・ショット」

というお話をさせていただきます。

ショットのベースを作るには最高のドリルです。

しかも、練習場では、まあまあいいショットが出るのに、
コースに行くと、どうもダフリやトップが多いというあなたには、
必見のドリルとなっています。
続きを読む

固くて砂の薄いバンカーからも一発で脱出!

2015.08.18
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

前回のメールで、
「今回は質問にお答えしますよ」ということで終わりました。

 「砂の薄いバンカーでどう打てばいいか?」

についての質問ですね。

ちょっとマニアックな内容かもしれませんが、
知っているだけで打ち方で迷うことがなくなるので、
ぜひ目を通しておいて下さい。
続きを読む

【ビデオ】なぜ短いアプローチほどダフる?

2015.06.15
koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「短いアプローチほどダフってしまう理由」

について、ビデオでご紹介しようと思います。

「え、長い距離のほうがダフりやすいんじゃないの」
そう思った方は、ぜひ今回のビデオを見て下さい。

ここで紹介している距離のアプローチをやれば、
ダフることは今までの10%以下に大きく減らせるはずです。

(今日は動画での解説となります!)
続きを読む

60y前後のアプローチを乗せられない…

2015.06.13
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今回は、

 「60y前後のアプローチを乗せられない。。。」

というテーマでお話をしたいと思います。

アプローチが得意だという生徒さんがいて
「得意な距離は?」と質問するとたいていの答えは
10yとか20yとかいう返答が返ってきます。

その距離が得意というのは大きな武器になりますが、
もう少し長い距離が得意になると、
ゴルフの幅がグンと広がりますよ~!

今日は、そんな話をしたいと思います。^^
続きを読む

【質問に回答】オススメ「鉄板アプローチ」

2015.06.09
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今回のメールでは、
いただいている質問に答えてみたいと思います。

質問をくれたのは、僕のレッスン会に
よくいらして下さるIさんからです。

「メルマガで回答してください」とのリクエストでしたので、
この場を借りてご紹介させていただきます。

内容は「アプローチについて」なので、
皆様にも必ず参考になると思います。

ぜひ、楽しみに読んでみてください!
続きを読む

ラフからの打球がグリーンで止まらない人へ

2015.05.26
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、前回ラフからは特にグリーンに止めづらい
というお話をいたしました。

そんな状況では、

 「どのように攻めていくのがいいのか?」

 「またそれに付随して、どのような難しさがあるのか?」

などについて、少しお話ししてみたいと思います。

ウェッジというクラブは、ボールが高く上がってくれます。
しかしラフでは基本的にスピンはききません。

さてこんな状況では、あなたはどのように打ちますか?
続きを読む

【ビデオ】30・40・50yアプローチの方程式

2015.05.25
koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに

 「25ヤード以内のアプローチはうまくいくのだが、
  50ヤードぐらいのアプローチがうまくいかない」

ということについて、ビデオでお話ししようと思います。

これは読者の方からご質問をいただきまして
そのご質問に答える映像となっています。

特にこの50ヤードで、ハーフスイングを越えたあたりが
うまくいかないというご質問でした。

この話の本題に入る前に、あなたは50ヤードのアプローチ、
どれぐらいのスイングの大きさで振っているでしょうか?

(今日は動画での解説となります!)
続きを読む

5ヤードのアプローチ…簡単?難しい?

2015.03.07
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、最近ちょっとモンゴの少年時代ネタが続いて
みなさんの反応がよくないみたいです!(泣)

ということで、今回は技術的なところに
いっちゃおうかなあと思います。

 「5ヤードぐらいのアプローチが難しい…」

こんな悩みをいただいてしまったので、
それについてお話ししたいと思います。

さて、5ヤードって相当短いですよね?
でもこの距離が結講クセモノなんですよ。。。(汗)
続きを読む

【ビデオ】ウエッジのバウンス、気にしてる?

2015.02.23
片山katayama

From:片山晃
埼玉の練習場より、、、

こんにちは、右手のゴルフの片山です。

今日はウエッジのバウンスについて
お話をしたいと思います・・・。

ロフトは気にされる方もいますが、
意外とバウンス角、気にされていない方多いんですね。

バウンス角は・・・

8とか6とか、一桁台のバウンス角を
一般的にローバウンス。

逆に、10とか12台はハイバウンスと一般的に
言われていてると思います。

では、ハイバウンスかローバウンスか?を選ぶ時に、
皆さんならどちらを選びますか?

『そんなバウンス角度くらいで、
 ゴルフは変わらないよ!』

『ロフト角しか気にしてない!』

という方も多いかもしれません。

しかし、実はこのバウンス角によって、
大きく変わってくることがあります!

私はアプローチウェッジもサンドウェッジも、
二桁以上のハイバウンスのものを使っています。

なぜローバウンスよりも
ハイバウンスのものを選ぶのか?
続きを読む