上手くなる人が出す「あるサイン」って…?

2015.06.27
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今回はちょっとゴルフの根幹にかかわる話、

 「上手くなる人とうまくならない人って、具体的に何が違うの?」

ということについてお話ししたいと思います!

でもその話をする前に。。。実はおとといの木曜日は、
ゴルフライブのコンペでした!

で、その本題の前に、今回のコンペでなんと!
ベスグロ76を出したHさんのケースを書かせていただきますね。

これを知れば、あなたもベストスコア、
そしてコンペでベスグロも間違いありませんよ~♪

なんと今回8人がベストスコア達成!

今回のコンペは、好天にも恵まれたというのもありますが、
なんと8人の方がベストスコアを達成されました!

(∩´∀`)∩ワーイ

60名近くの方が参加されているとはいえ、
正直こんなに一気にベストスコア達成が出たのは
モンゴも初めてかもしれません。。。

これもひとえに、参加されているみなさんが地道に
いろいろなことに手を付けることなくやってきたことが
成果として現れているからだと思います!

ゴルフも家庭も、浮気はだめですよお~♪( ´∀`)

さて、その中でベスグロを達成したHさんなんですが、
もちろんベスグロを出すぐらいの実力なわけですから、
もともと上手な方ではあったのは事実です。

ですが、何度もレッスンに来てくださって、
しっかりと基本のビジネスゾーン練習をはじめとして、
本当に真剣に取り組んでいらっしゃいました。

肩から肩のベタ足スイングに取り組みながら、
ご自身のスイングを一緒に確認していったんですね。

こうやって自分のスイングを動画ビデオで確認していると、
初めのうちはどうもピンと来ていないんですけど、
ある一つの言葉がターニングポイントになることが多いんです。

Hさんにとっても上達のカギとなったその言葉。
それは何かというと。。。

「まだか。。。」

はい、自分で「まだ直ってないですね」ということを
ふっと、自分から口にするようになるんですね。

この何気ない一言なんですが、実はこれが、
ゴルフの「うまくなっちゃうサイン」なんです!

自分で弱点がわかる、自分がどこが悪いのかがわかるのは、
自分のスイングに意識的になっているということです。

初めは自分のスイングを見て、その微妙な違いから
いいスイングと悪いスイングがわからなかったりします。

ところが、ある一点を超えてくると、
それが見た瞬間にわかるようになるんですね。

これは何かで見聞きしたことがあるんですが、名医というのは、
レントゲンのちょっとした影でも病気が見抜けるのだと言います。

そういう芸当ができるのは、正常な人のレントゲンを
頭の中にいっぱい焼き付けているからなんですね。

ゴルフが本当に上手な方ほど、そうした
「小さな変化」を自分で把握することができます。

そして、できていないところとの差を埋めようとして
ちゃんと治すべきところがわかっているわけです。

これが出来るようになっている人が、
ゴルフがうまくならないわけがありませんよね?

現状の把握には同じものさしが必要

そしてモンゴは今日最初のほうで
「いろいろなことに手を付けることなくやってきた成果」
だとお伝えしましたが、これも上達にはとても大切です。

なぜかというと、新しいものにすぐ飛びつくということは、
自分の中に持っているものさしを変えるという行動だからです。

たとえば、今まで荷物の大きさを1キロ、2キロで測っていたのに
今日から荷物の箱のサイズで測るようになったら。。。

今までの測り方とぜんぜん違ってくるわけですから、
過去と現在の基準が変わってくるわけです。

(この話、うまく伝わってますかね。。。?)

ゴルフも同じで、今までと違うことをやるということは、
評価する基準を変えるということです。

それをコロコロ変えていたのでは、
何が良くて、何が良くないのかがわからなくなりますよね?

いろいろな「近道」になる方法があるのは事実です。

そして新しいものが出てくると、
そちらに行きたくなる気持ちもわかります。

ですが、それに惑わされてばかりいると、
結局は何も上達していなかった、ということになりかねません。

実際、昨日のコンペでも、参加者の方から
「最近話題を●●を試してみているんですが…」
みたいなことをお聞きすることも実はありました。

が、よくよく話を聞いてみると、
思うような成果を出していらっしゃらない様子でした。

そう考えると、

 「近道とは、近道を無理に探さないこと」

それが結局は近道なのかなと、思ってしまうのでした。

あ、そういえば次回のコンペは8/27(木)
場所は千葉県の富里ゴルフ倶楽部の予定です!

近く、案内をお送りいたしますので、
今回来られなかった方もぜひ、いらしてください!^^

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!

モンゴより

追伸:

小原プロのアイアンを得意種目にするダウンブロープログラム、
今ならキャンペーン中だと、この前チョット聞きました。

もうする終了の期間限定みたいなので、お早めに!^^

http://g-live.info/click/dblow150623/

 

Facebookでコメントする

上手くなる人が出す「あるサイン」って…?」への2件のフィードバック

  1. takesi sugawara

    昨日出来た事が、今日はできない
    なぜこんなにも、体の動きが違ってくるのか?
    いつも悩んでいます。
    自分では、同じようにスイングしているつもりなんですが?

    返信
  2. ヨッシー

    モンゴプロお楽しみ様です。

    「まだかぁ〜」は私も思います。私は小原プロのGOOプロジェクトから大森コーチのBRAKE to 80に良く考慮して移りましたが、今でももちろんビジネスゾーンはホームとして練習しています。

    超スローカメラを利用して自分のスイングを分析し始めましたが、フラットなバックスイングからアップライトに下ろしてくる打ち方が明らかになり、それを矯正中でして、有る程度は直りましたが、まだだなぁ〜、と思っています。

    それと今までは出来る限り肩を回していましたが、それは逆にデスムーブだとわかり、楽なバックスイングを心掛けるようにしました。

    するとドライバーでもドローが安定して出せる様になりましたが、曲がり度合いがまだ一定しない為、更なるスイング矯正に精進しています。

    って事は私も上手くなれるって事ですね〜(^∇^)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>