絶対にしてはいけない練習のタブー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016.01.09
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は1月9日ですが、
本格的に仕事が始まってから初めてのメールですので、
あらためて、

 「あけましておめでとうございます!」

ということで、今年もどうぞよろしくお願いいたします!^^

今年もモンゴはいつもの感じで変わらずコツコツと
やっていければと思います♪^^

とはいえ、もう一年も366日のうち8日が過ぎて、
正月気分は完全に抜けてガンガンゴルフに行っている人も
多いかもしれませんが。。。

・そんなロケットスタートのあなたも

・まだこれから本格始動というあなたも

お役に立てる話をして、
いいスタートを切っていただければと思います!

タイトルは「絶対にしてはいけない練習のタブー」。

さて、多くの人が間違っていることとは。。。?

フルスイングからスイングを作ってはいけない

もう何度も言っていることなので、
これを読んでいるあなたには当たり前のことかもしれません。

ですが相変わらず、この間違いはかなり多いですね。。。(泣)

単純に言って、いきなりフルスイングは当たらないです。

これは普通に考えれば分かることなんですが、
フルスイングに近づくほど、ボールからの距離が遠いんですから、
ちょっと考えれば分かることですよね。

ジャック・ニクラウスも言っていますが、

 
 
 スコアーの70%はピンから120ヤード以内で打たれるだから、

 アプローチとパットを重点的に練習すべきだ。

                   ジャック・ニクラウス
 
 

いわゆるツアープロとして活躍している人でさえ(だからこそ)
小さいスイング、短い距離を疎かにする人は
一人たりともいません!(断言)

でも、でも、でも。。。
それなのに、それなのに。。。

練習場に行くと、フルスイングでボールを打つ人ばかり。

最近でこそ、小原プロがこのゴルフライブで
ビジネスゾーンの重要性を伝えているおかげなんでしょうか、
打ちっぱなしでの小さいスイング練習を見かけるようになりました。

大きいスイングからスイングを作って成功した人が
そもそも過去にはいないわけですから。。。

それには従っておいて損はないって、思いませんかね?^^;

それは「まぐれ」でしかない

あ、それとこれは過去に何度か、
教えていた生徒さんから言われたセリフなんですが、

「ビジネスゾーンをたった1日
 練習でやっていただけで
 スイングが本当によくなりましたよ」

と言われたことがあります。でも。。。

 
 
 え? そんなの「まぐれ」でしょ!(`-´メ)
 
 

ちょっと今日は言葉が過ぎるかもしれませんが、
そのセリフはハッキリ言って「はぁ?」でした。

えーと、いいですか?
ビジネスゾーンに終わりはないんです!

たった一日で良くなったなんて、
確かに現象としてはそうなのかもしれません。

ですが、それは逆に言えば、ビジネスゾーンの本当の
「凄(すご)み」が分かってないということです。

もちろん、今までの練習がビジネスゾーンの練習によって
うまく歯車が合っていいスイングになったのかもしれません。

ですが、この言葉の中にモンゴは

 「もうビジネスゾーンは卒業!」

っていうニュアンスを感じ取ってしまったんですね。

これは言わずにはいられないなと、思ったんですが、
モンゴも大人なんで、そこは穏便に済ませましたが(笑)。

ビジネスゾーンは「一生モノ」の武器

何が言いたいかというと、あなたがビジネスゾーンの練習によって
なんらかの結果を得ることが出来たとしても、
それはその場の結果でしか無いということです。

そのことを、2016年の年頭、この時期に改めて
あなたに確認しておいて欲しいんです。。。

確かにいいスイングが出来るようになった、
いいスコアが出たって満足しているのかもしれませんが、
あなたのゴルフの「終着駅」はそこではありません!

あなたがゴルフをやり続ける限り、
不死身で一生若い肉体を保ち続けられない限り、
あなたは自分で自分のスイングを管理する必要があります。

それが「ゴルフ」の本当の姿です。

できることなら、あなたのスイングを管理してくれる
コーチがいるのが理想ですね。

外部から見てくれる人がいなかったら、
自分でやっているつもりでも
その通りでないこともありますから。。。

(余談)
ちなみに関西方面の方であれば、
直近でこのようなレッスン会がありますので、ぜひどうぞ!

http://g-live.info/click/kansai160116/

(ちゃっかり宣伝。小原プロそしてモンゴにも会えます 笑)

フルスイングやドライバーショットばかりに
目が奪われがちかもしれません。

ですが、そのフルスイングを支える小さいスイングにも
もっと目を向けてほしいなと思います。

それも、ゴルフの一部ですから。

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!

 
 
<本日のオススメ>

あなたの力みを取るための最良の方法、、、それは

・グリップの力みを取ることではありません。
・両腕の力みを取ることでもありません。
・肩に力が入った「いかり肩」を直すことでもありません。

あなたのゴルフ上達を妨げている「本当の力み」を取り去るには、
ズバリ「脳の中の力み」を取り去ること。

その秘密を無料ビデオで限定公開中です。

http://g-live.info/click/rikimi1601/

※期間限定。1月13日(水)までの無料公開です。

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: スイング, ビジネスゾーン, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

絶対にしてはいけない練習のタブー」への1件のフィードバック

  1. 玉置美和

    入会して1カ月、初めてメールします。
    自己流の練習を繰り返し、全クラブをフルスイングで、ひたすらナイスショットになるよう手探りしていました。何も分からず一喜一憂していた日々を卒業し、コーチの言われることを実践して次のステージに行きたいです!

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。