[Video]「引力が使えるスイング」とは?

2017.03.27
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「“引力が使えるスイング”とは?」

について、ビデオでお話ししたいと思います。

インパクトの形について、
今までに何度か説明してきました。

ですが、勘違いしないでほしいのですが、
インパクトの形を作ることが目的ではありません。
どういうことか?

(続きはビデオにて)

正しくしたいのはクラブの動き

インパクトの形に気をつけるのはあくまで
クラブを正しく動かしていきたいということなのです。

ここで一番ポイントになるのはやはり
バックスイングでのアームローテーションです。
 

まずはビデオで見ていただくのがよいと思いますので、
この続きは、ビデオでご覧になって下さい。

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 
 

ここで説明しているローテーションの動きが
慣性でずっと続けば、冒頭でお話しした
「引力を使える動き」につながっていきます。

これについてはビデオで見ていただいて、
まずはやってみるのが一番です。

このローテーションの動き、
まずは形から練習していただきたいと思います。

先週のレッスン

ゴルフライブさん主催のレッスンが先週、
チェリーヒルズゴルフクラブでスタートしました。
 
 

2017-0327_1

2017-0327_2

2017-0327_3

2017-0327_4

2017-0327_5
 
 

ポカポカのお天気の中、みっちり練習して頂きました。

参加されたみなさん、来月もよろしくお願いいたします。
 
 

今日はこんなところにしておきます。
 

もし疑問については、コメントいただだいたものから
お答えできる範囲で順次お返事を書いています。

画像付きでないと説明が難しいものについては
お答えできないことがあることをご承知ください。

なおお読みになった方は、そちらについても再度コメントをいただけると
「既読」かどうかが私から見てもわかるのでありがたいです。
 

それでは、今日はこのへんで。
 

<本日のオススメ>

本日まで!!

ご存知でしたか? ドライバーを飛ばすのは、
ボディーターンではなく「腰を切る動き」だということを…

この新教材は、ツアープロとして活躍する梶川武志が
20年以上の試行錯誤の中で生み出したドライバーの

 「飛距離」と「確実な方向性」

の2つを同時に達成するプログラムです。

http://g-live.info/click/kdr170321/

※新発売記念。本日3月27日(月)まで

The following two tabs change content below.
古賀公治

古賀公治

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。
カテゴリー: アームローテーション, バックスイング, メルマガ, 下半身, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
古賀公治

古賀公治 について

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。

 

Facebookでコメントする

[Video]「引力が使えるスイング」とは?」への2件のフィードバック

  1. タカ

    今回の動画も非常に参考になりました。
    古賀プロの言われているアームローテーションですが、バックスイングにおけるプロネーションとフォローにおけるスピネーションの概念に似ていて、現在小生が練習している動きそのものである気がします。実際、バックスイングの部分はかなりできるようになった結果、ドライバーの曲がりは小さくなり、飛距離が~20Ydsのびました。未だフォロースイングの部分が出来ていませんが、効果が実感できると練習・ラウンドともやる気が更に出てきます。今後ともよろしくお願いします。

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      タカさん
      はい、正にその概念です。
      この動きによってバックでは自然にコッキングが入り、フォローでも同様に自然にクラブが立つようになってきます

      この腕の動きと体の回転とをシンクロナイズさせることを意識しましょう。
      体の回転で腕を振ることで 自然とタメが生じ、より安定していて、しかも、力強い ゴルフ・スイングが完成しますよ。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。