グリーン周りが下手でパーが取れない…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.04.22
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「グリーン周りが下手でパーが取れない…」

についてお話しようと思います。

これについて、読者様から質問がありました。
あったんですが。。。

でもこれってそもそも、
2つの意味があると思うんですよね。
どういうことかというと。。。

「まぐれパー?」それとも「惜しいパー?」

お悩みのご質問は、こんな感じのものです。
 

> パター・グリーン周りが下手。
> 良いショットが続かないため、パーが取れない。

 

どうもありがとうございます!

冒頭にも書いたように、この文章だけだと
 

・いわゆる「まぐれパー」が一個も取れないのか?

・毎ホールでパーを狙っていて、取れないのか?
 

どっちのパターンなんですかね。。。
(文章だけからでは判断が難しい)

でも、それによってアドバイスも変わるのかなと。^^;
 

前者でしたら、18ホールのうち2つか3つ、
まぐれで取れるそうになるパーのことなのかもしれません。

まぐれパー狙いの人は●●を見すぎる

まあ、せっかく両方の可能性があるので、
二つのパターンで攻めましょうか~\(^o^)/
 
 

ということで先に、
「まぐれパー狙い」の人。。。

まぐれパー、狙ってみたのに
最終的には取れない人というのはやっぱり
 

 「結果を見すぎちゃう」
 

もう、これが一番大きいのかなと!
 

 「これが寄せられたら、パー取れるかも!」

 「パーなんて、数ヶ月ぶりに取れる!」

 「いやー。もしかして一年ぶり!?」
 

とか、そんな感じですね。

もちろん、そうしたゴールを明確に設定することは
悪いことではないんですが。。。

でもゴルフの場合、そのように結果を考えすぎてしまうと、
動き自体が「てんやわんや」になってしまうんです!><
 

そして、そうやって結果を見すぎちゃう
考え方をしていると
 

 「上手く行っていた時は、
  こんなふうにスイングで動かしてたな」

 

みたいな思い出し方をしてしまいます。

でも、そういう思い出し方ってやっぱり、
どうしてもおぼろげな記憶でしかないんです。。。

あなたもよくご存知の通り、
人間っていう生き物は「忘れる生き物」ですから。

一番に頼りにすべきは…

やはり、そうした大事な時にチェックする
順番としては、一番目にはやっぱり
 

 「アドレス!」
 

なんです!

はい、もう分かってますよ。
あなたの「その話何度も聞き飽きた」という心の声は(笑)。

でもですね。
しつこいですが、もう一度考えてみて下さい。

スイングは動いているので、自分でチェックしにくいですが、
アドレスは、止まっています。

止まっているんだから、
自分一人でもチェックはしやすいはずですよね?
 

 「上手いこと行っていた時に、どうアドレスしてたのか?」
 

というところに目を向けていただけると、
あなたのゴルフは間違いなくいい方向に向かいます。

それなのに。。。

それを「聞き飽きた」の一言で済ませてしまうなんて、
本当に残念で、もったいないことなんです!

感覚は手に取れない、目に見えない。だから…

とはいえ、誤解のないよう言っておきますが、
感覚もゴルフではもちろん、めちゃくちゃ大事です!

芯に当たった感覚とかも、大事なんですけど、
その感覚って、やっぱり人それぞれ違います。
 

 「あ、今こういう打ち方していたかな」

 「こういう感触だったかな」
 

それってやっぱり
手に取れないものを頼りにしてしまっているんです。

そうなると、当たり前ですが
確かなものとして確かめることができません。

なので、当たった感覚は把握しておきつつ、
芯に当たったいい感覚を得たの時に、
 

・アドレスはどういう形をしてたかな?

・いつもより前傾が猫背になっていなかったかな?

・背筋が伸びてたかな?

・構えた時の手の位置がよかったな?

・両腕の三角形がキープできていたかな?

・アドレスの手首の角度がよかったかな?

・重心のバランスがよかったかな?
 

などなど、どのような形を作れていたかということに、
まずはフォーカスしていただきたいんです!

こういった良かった時のアドレスが毎回再現できれば、
動きは後で勝手に、付いてきますから。。。

ダマサれたと思って、やってみて下さい!^^
 
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!

追伸

あー、もう一つの「惜しいパー?」の方の話が
今日はできなかった。。。

この話の続き、次回もさせてください!(∩´∀`)∩ワーイ
 

<本日のオススメ>

プロゴルフツアー中継に頻繁に登場する
「ツアープロ御用達ブランド」ウェア

岩田寛プロ、梶川武志プロ、そして
石川遼プロの専属キャディも着用する
機能性とおしゃれを兼ね備えたポロシャツ…

セール期間は残りあと「3日」です。

http://g-live.info/click/1704_blood-shift/

※GW直前セール!4月24日(月)まで

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アプローチ, パー, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

グリーン周りが下手でパーが取れない…」への2件のフィードバック

  1. 小柳 新一

    アイアンを上から入れるようになったらバンカーからの飛距離が短くなった(飛ばなくなった)何か関連有りますか?
    手首がアドレス状態まで戻っていないのかな?

    返信
    1. モンゴモンゴ 投稿作成者

      小柳さん、ありがとうございます!
      アイアンを上から入れられるようになったのですね!打ち方のバリエーションが増えて嬉しく思います(^ ^)
      さて、飛ばなくなってしまった原因ですが、小柳さんが仰るように手首がアドレス時の角度がキープ出来ないことが原因だと思われます。
      手首がアドレス時の状態に戻らないと、「手首の返し」が多くなってしまうのでクラブヘッドが鋭角に砂に潜りこむため、砂を多く取りすぎてしまい、結果的に思ったよりも飛ばなくなってしまうのです。
      手首の角度がキープできるまでは、多少力を入れてグリップしていただいても大丈夫です。
      もしくはアドレス時の両腕の三角形をキープする意識でも解決できるかもしれません。
      まずは、ゆっくりスイング(5秒ほど)でお試しください!

      返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。