スイング「タコ足」症候群!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.06.17
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「スイング“タコ足”症候群!?」

についてお話しようと思います。

なんだか最初から意味不明なタイトルですが。。。

ですが、多くの方がこの「タコ足」状態に
なっているために、スコアを崩してしまうんです。

モンゴもそんなことを言っていますが、
実は典型的な「タコ足」状態だったです(泣)。

モンゴのドライバーイップス

もうずいぶん前のメールマガジンですが、
モンゴが「ドライバーイップス」になったことを
ちょっとお話ししました。

イップス…「足元よく見ろ、小僧!」

http://g-live.info/click/140809_nikkan/

※あ、お時間なければ無理に読まなくてOKです~
 
 

当時はもう、ドライバーで打つと
左右どっちに飛んで行くかが全く予想もつかない状態で。。。

あまりにヒドイので、ついにはドライバーをバッグから抜いて、
スプーンでティーショットを打っていました(泣)。

(でも、スプーンだとちゃんと当たるんですよこれが。
 本当に不思議で不思議で。。。^^;)
 
 

ですが、そのままではあまりにゴルフにならないので、
当時研修生をしていたゴルフ場の先輩に泣きつきました。
(ツアープロとしても著名な先輩でした)

その先輩に見ていただいていた時に一喝された一言が、
以前のメールマガジンのタイトルにもさせていただいた
 

 「足元よく見ろ、小僧!」
 

だったんです。。。(恐)

その先輩は、何しろ当時から「武闘派」でしたので、
まあもう怖くて怖くて。。。
 
 

当時のドライバーイップスの話は
以前のメールマガジンをお読みいただければと思いますが、
その時のモンゴがまさに

「足がぐにゃぐにゃのタコ足状態」

だったんです。

何しろボールが当たらないので、
 

 「腕を最大限使える状態にしよう」

 「器用な腕を使い切ってやろう」
 

そんなふうに上半身にばかり意識が行ってしまい、
上半身はガチガチだったのに下半身はタコみたいにグニャグニャ。。。

という状態だったんですね。

それを救ったのが、先ほどの先輩からどやされた
「足元よく見ろ、小僧!」の一喝だったんですが。。。
 

ですので、もしあなたもボールが左右に飛んでしまうのなら
一度冷静になって
 

 「自分の下半身への意識はどうかな。。。?」
 

これを必ず確認していただくことを、オススメします!

繰り返しになりますが、たいてい上手く行っていない時って
「手でなんとかしてやろう」としている時なので。。。

「ぐにゃぐにゃタコ足」をやめるには?

で、そんなふうに悩んでいた時、
当時の「小僧!」の先輩に勧められた練習がありました。

それは。。。
 

 「つま先下がりのベタ足ショット」
 

つま先下がりの傾斜から打つ練習をしろと
先輩から言われました。

それをベタ足で打つ。。。

しかも、単なるちょっとのつま先下がりではなく、
結構な急勾配のつま先下がりでやれと。
 

これ、実際にやってみればわかりますが、
急勾配だと結構踏ん張らないといけないので、
なかなかベタ足でスイングが出来ないはずです。

もしやる機会がありましたら、膝の角度が深くなるので、
腰や膝を痛めている人は気をつけて下さい。

やるにしても、いきなり急勾配はよしたほうがいいかもです。
モンゴも最初は傾斜の軽いところからやっていって、
徐々に慣れるようにしていきました。

この練習の意図としてはおそらく、
下半身に意識を無理矢理行かせるための
練習だったんだと思います。

ですが、もしあなたがやるのなら、
くれぐれも転ばないように気をつけて下さい。
 
 

あと、これはモンゴが考えたものですが、
この急勾配のベタ足にプラスして
 

 「片足で立って、目をつぶって何秒立っていられるか?」
 

これもよくやるようにしていました。
(これ、けっこうポピュラーですかね)

これも足裏の意識をつけるためには重要な練習です。

ポイントとしては
土踏まずに重心がある状態でキープができるように
目をつぶって片足で立ちます。
 
 

それともう一つ、意外と見落としがちなのが
 

 「股関節と足首の柔軟性」
 

です。

股関節と足首は普通のストレッチで構いません。

足首だったら足をグリグリ回して柔らかくしてあげるとか、
そんなのでも全然いいので。。。
 
 

これをお読みのあなたには
「ぐにゃぐにゃタコ足」からサヨナラしていただいて、
安定したゴルフをいただきたいと思います!(∩´∀`)∩ワーイ
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!
 

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 

<本日のオススメ>

現役ツアープロとして、史上6人目の
30勝を達成したプロゴルファー。

史上2人目の獲得賞金20億円超えという
何もかもが規格外の片山晋呉プロ…

そんな最高峰のトップツアープロが実践する
たった1つの練習法を知りたくはありませんか?

http://g-live.info/click/orekore170613/

※6/19(月)までの期間限定。

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: イップス, メルマガ, 下半身, 手打ち, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。