アマチュアゴルファーの理想の球筋は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.10.22
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

先日スタジオで
最近ゴルフデビューしたばかりの
生徒さんにある相談をされました。

「服部さん、どうしても
ボールが真っ直ぐ飛ばないんです、、、」

ゴルフをはじめたばかりの方は
まっすぐ飛んでいく「ストレートボール」
こそがナイスショットだと思いがちですよね。

ストレートボールこそが
ゴルフの基本だと思い込み
一生懸命練習を続けるのですが、、、

実はプロゴルファーでも
ストレートボールを打つことは不可能に近いです。

プロが放つ球はストレートに見えても
サイドスピンがかかっていますから。

「じゃあどんな球が理想なの?」
と感じたと思います。

私はオススメするのは、、、

            

ドローボールとは?

私は迷わずにドローボールをオススメします。

それを生徒さんに提案すると
「ええっ、私には無理ですよ」

そう言ってくる生徒さんがとても多いのですが。

おそらくプロが使っている球筋というイメージで
ゴルファー憧れの球という印象が強すぎるのだと思います。

ですが実際は全くそんなことはありません。
やり方さえ知ってしまえば誰にでも打てますし

アマチュアゴゴルファーが抱えている
ほとんど全ての悩みを一気に解決してくれる
アマチュアゴルファーにとって夢のような球筋なんです。

               

ドローボールの特徴は?

何と言ってもドローボールの特徴は
最長飛距離が出せるという点です。

クラブフェースを閉じながら球を捉えるため
ボールの打ち出し角が低くなり落下してからの
ランがとても伸びるのです。

また、低い弾道のドローボールは風に負けることもなく
天候に左右冴えることなく安定したゴルフができます。

・スライスがどうしても直らない
・どうしても飛距離が伸びない
・そもそも飛距離を伸ばす方法がわからない
・ベストスコアが全然更新できない

ほとんどのゴルファーが抱えているこんな悩みも
ドローボールを身につけてしまえば
一気に解決することができるのです。

中でも全ゴルファーの8割近くが悩んでいる
スライス癖を強制的に治せるのが大きいですよね。

          
だからといってドローボールは
特殊な打ち方をするわけではないんです。

その証拠に横から見たら
ストレートボールのように見えますから。

やり方さえ知っていれば誰でも打てる
至ってシンプルなボールなのです。

ただしストレートボールとは
“ほんの少しだけ違ったコツ”
のようなものがあるんです。

その”コツ”を自身のスイングに取り入れることで
誰でもかんたんにドローボールを打つことが出来るようになります。

     

「ロングドライブプログラム~ドローボール編~」

私の最新作の中でそのやり方を詳しく紹介しています。

フェードは筋力な体格がないと
飛距離を出すことは出来ませんが

ドローボールはとにかく
かんたんに飛距離を出すことができます。

歳を重ねていっても
飛ばしのゴルフを楽しみたいなら
ぜひドローボールを身に着けてください。

もう一度だけ言わせてください。
ドローボールは決して特殊な球筋ではないですし
難しい打ち方をするわけでもありません。

ドローボールを身につけることは本当にメリットしかありません。
飛距離だけでなく確実にスコアも自己最高をだせます。

ぜひ取り組んでドローボールを身に着けてください。

あなたのゴルフを
次のステージへ導きます。

http://g-live.info/click/drow20171018/

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ, 方向性 | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。