松下幸之助に学ぶゴルフの智慧

2017.11.27
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「松下幸之助に学ぶゴルフの智慧」

について、お話ししたいと思います。

松下幸之助さんと聞いただけで、
なんとも重厚長大なタイトルに感じるかもしれませんが。。。

ですが1~2分で読み終わりますので、
ちょっとだけ、お付き合い下さい。

根源さん

松下幸之助さんが作ったパナソニックの迎賓館
「真々庵(しんしんあん)」という場所には
 

 「根源さん」
 

という小さなお社(おやしろ)があるのだそうです。

この「根源さん」は、松下幸之助さんが生前、
「森羅万象、万物の根源に感謝と祈念の思いを込めて」
作られたというお社だとのこと。

このお社を建てた理由について、
松下幸之助さんはこのように語っていたそうです。

ちょっと長いですが、引用します。

「根源さん」の由来

一応はお伊勢さんの内宮の形をしておるけどな、
あれはわしが勝手につくった。

あのなかにはなんにも入っていない。
わしの考えが入っておるだけや。

根源という考えが入っておる。

どうして根源という考えをわしが持ったかというと、
わしのような(小学校も出ていない)一般的には、
なんも恵まれておらなかった者が、
一応の成果をあげ得たということ。

実力のない自分が実に不思議やなあとわしが思ったんや。

ほんとうのところの理由はわしにもようわからんのや。
しかし、こうなったと。

わしの実力があったからではないと。
運というか、たまたまこういうふうになったのやないかと。
ありがたい、そう思うんや。
 

それである時考えた。

これは自分をこういうふうに存在させてくれるものに
感謝せんといかんと。

誰がわしを存在させたんか。
考えたら、それは両親やと。
これはわしの両親に感謝せんといかんとそう思った。

そして、わしの両親は
どうして存在したんやろかとすぐに思った。

それはその両親からやと。

それではその両親はということで、
どんどん考えていったら、ついには人間の始祖になった。

すると、両親やそのまた両親に感謝せんといかんということは
もちろんのことやけど、はじめての人間、始祖やな、
始祖に感謝せんといかんと、そう思ったんや。

松下幸之助さんの「閃き」

ところが、ふと、それでははじめての人間は
どこから生まれてきたのか、と思ったんや。

いろいろ考えたけど、今度は簡単に答えが出てこん。

ずいぶんとあとあれやこれやと思い巡らした結果、
人間は宇宙の根源から、その根源を持つ力によって
生み出されたんやと、突然閃(ひらめ)いた。
 

それは人間だけではない。
宇宙万物いっさいがこの根源か。
その力によって生み出されて来たんやと考えた。

実際にそうかどうかは、
わしはそのころ生きておったわけやないから分からない。
しかし、そう考えるほうが便利がいい。
 

その根源の力にはひとつの決まりがある。
それは自然の理法(りほう)というもんやな。

そしてその力には宇宙万物すべてを
生成発展せしめる力があると。

そう考えてくると、今日わしはここに存在しておる、
その根源をたどれば、はじめの人間を通り越して、
宇宙の根源にまで至るわけやな。

そうすると、ここに存在できていることへの感謝の思いは、
実にこの宇宙の根源に対してでなければならんということになったんや。
 

それでわしは、あのお社をつくった。

(江口克彦著『松下幸之助 散策・哲学の庭』PHP研究所より)

「これや!」と思えたことは「真実」

松下幸之助さんが閃いたのと同様に
私もゴルフでよく感じることなのですが。。。

ある時ふと「これか!」「そうだったのか!」と思えて
目の前の霧が晴れたように感じられたことというのは、
多くの場合「真実」であることが多いです。
 

「そうだった!」この繰り返しが、ゴルフです。

これは「閃いた」というよりも
「腹に落ちた」と言い換えてもいいかもしれませんね。
 

もちろん、あとになって
「やっぱり思い違いだったか」ということも
もしかしたらあるかもしれません。

ですがそれでも、その閃きを感じられたことは、
ゴルフの真理への道で、一歩前進したことには
変わりないはずなのです。

松下幸之助さんがおっしゃる、この「閃き」を
あなたにはゴルフでも大事にしてほしいと思っています。

もちろんそのためには今後、
あなたに対しての努力を、私も惜しまないつもりです。
 

ちなみに。。。
生前、松下幸之助さんがゴルフをされていたのかは
私は存じ上げません(笑)。

(どなたかご存知でしたら、お教え下さい)
 
 

今日はこんなところにしておきます。

もし疑問については、コメントいただだいたものから
お答えできる範囲で順次お返事を書いています。

画像付きでないと説明が難しいものについては
お答えできないことがあることをご承知ください。

なおお読みになった方は、
そちらについても再度コメントをいただけると
「既読」かどうかが私から見てもわかるのでありがたいです。

それでは、今日はこのへんで。
 

<本日のオススメ>

【最終案内…】
大森コーチのウェブセミナーですが
配信ご案内の終了が近づいています。

下記のご案内はご覧になりましたか?
まだなら、どうぞお早めにご覧下さい。

http://g-live.info/click/b280n_op1711/

※日程の詳細はコチラをクリック!

The following two tabs change content below.
古賀公治

古賀公治

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。
カテゴリー: メルマガ, メンタル, モチベーション, 上達テクニック, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
古賀公治

古賀公治 について

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。

 

Facebookでコメントする

松下幸之助に学ぶゴルフの智慧」への10件のフィードバック

  1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

    田村道人さん(facebookより)
    成功した人の話はとてもおもしろく楽しいし勉強になります。

    返信
  2. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

    丹波康雄さん(facebookより)
    「学ぶ心」がなくなれば、後は沈んでいくだけです。まさにゴルフに通じますね。

    返信
  3. yasu119

     経営の神様とゴルフの関係。とても参考になりました。
     常に目的意識があればこそ「閃き」ですね。
     仕事も学問もゴルフも同じですね。久しぶりに松下幸之助様のこと懐かしく・・・・・。
     古賀プロのお話を大切にして何事も励みたい。
                                      From  YASU119

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      yasu119さん
      「当たり前のことが当たり前にできる」ようにすること大切ですね。

      返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      おがちんさん
      ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

      返信
  4. 田尾繁吉

    いつも勉強になります。有難うございます。ラウンド中パー4で2打目をピンそばへと思うと。力が入りろくな事にはなりません。謙虚な気持ちで近くで良いとリラックスして打つと結果〇Kが多くなりました。これに気付くのに2年余りかかりました。

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      田尾さん
      謙虚であり続けることで「学ぶ心」を持ち続けられるのですね。

      返信
  5. 武田 隆

    根源、閃き、腹に落ちた。とてもためになるお話でした。色々悩みながら、またコーチのアドバイスを参考に練習に励んでいます。その中で突然掴んだ、と思える事があります。閃きと言えるかも知れません。頭で分かっていて練習してもしっくりこない中で突然こういうことだったのかと体で分かることがあります。そしてそれを再現し続ける事でショットが大幅に改善され、そのままスコアーに繋がりました。松下幸之助さんも「努力もせずに濡れ手で粟見ないなことをやってみてもそれは虫が良すぎる」⇒額に汗して得たお金でなければ身につかない。ということらしいですが、やっぱり、額に汗して練習しただけ、閃きや腹に落ちるものもあると思います。下手の重ね?にならぬよう、頑張ってこれからも練習して楽しいゴルフができるよう、努力していきます。古賀先生いい話ありがとうございました。

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      武田さん
      人の話を鵜呑みにするのではなく、自分なりに消化して色々な繋がりが理解できそして、それを自分の言葉に出来ればその閃きが実になってきます。頑張りましょう!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。