逆目ラフから、寄らないorザックリ[#20]

2017.12.16
kameko

From:亀子充温

皆さん
こんにちは!!

寒く成りましたね
僕は、冬になると乾燥肌との闘いが始まります。
毎年、寝てる間に掻きむしり・・・朝起きると血が出てカサブタになる程で悩まされます。

さて
先週まで3週に渡り、このメルマガでご披露した【アプローチ】は、参考に成りましたか???

アプローチは、使うクラブ・スタンスの取り方・スイング幅・アドレス・クラブのセット(置き方)などで様々な打球が生まれます。

今日のメルマガは、アプローチの付録として【逆目ラフからのアプローチ】をドアップ動画を使って解説します。
この打ち方は、多くのプロも知らない技なんです・・・・
僕が今年ツアーでキャディーをした時にも一緒にラウンドした数名のプロに伝授したスペシャルな技です。

こんな逆目ラフでフェイスをスクエアに素振りすると・・・

フェイスが突っ掛かってしまいますよね・・・
このままアプローチすると大概トップかチョロしてしまいます。

何故、こうなるのか?
原因は、クラブのリーディングエッジが逆目の芝に突き刺さりながら入り込み、その後バウンスが地面に弾かれてしまうからです。

s-スクリーンショット 2017-12-09 17.04.26

s-スクリーンショット 2017-12-09 17.41.21

この逆目ラフからのアプローチは、約30ヤード以内の距離に対応した打ち方です。
打球は、高く上がり・・・スピンは掛かりません

例えば、58度ウェッジ使用の場合
ボールからグリーンエッジ=3ヤード グリーンエッジからピン=12ヤード・・・トータル15ヤードの場合
10ヤードキャリー+5ヤードラン=15ヤードのイメージです。

★使用クラブ・・・56度以上のウェッジ
★アドレス・・・ハンドアップ
★スタンス・・・オープン
★振り幅・・・距離によりクォーター~ハーフショット

s-スクリーンショット 2017-12-13 20.02.07
↑ノーマルなアプローチポジション

s-スクリーンショット 2017-12-13 20.02.22
↑ハンドアップなアプローチポジション

s-IMG_5865
↑フェースの開き具合

下記動画は、58度ウェッジを使用しています。

★コツ・・・
①フェイスを30度ほど開く・・・リーディングエッジが芝に突き刺さらず入り込まない
②ハンドアップ・・・ハンドアップする事によりバウンスが滑りやすく成ります。
③スイング・・・打ち込まずボール手前からバウンスを滑らせながらショットして下さい。

短い逆目ライにも有効です。
何度かショットするとコツが掴めます。
お試しください。


<本日のオススメ>
亀子氏オススメのビジネスゾーン練習法とは?

ほとんどのゴルファーは
長いクラブでフルショットの練習をしがち…

これは、不安定なスイングを
固める練習になってしまいます。

このワンハンドグリップアイアンを使えば
短いクラブから確実な
ビジネスゾーンを作り上げることができます。

今すぐこのアイアンを使って
練習を試してみてください

http://g-live.info/click/ohgi171212/

The following two tabs change content below.
亀子充温

亀子充温

ゴルフウェアブランド『BLOODSHIFT』デザイナー&オーナー、そしてキャディー 1962年2月8日 愛知県碧南市出身 地元の高校を卒業後、電電公社などに勤めるもやりたい仕事を求め、文化服装学院に入学、デザイン科を卒業後、芸能関係の舞台衣装制作やアパレルメーカーに勤務しデザインと型紙を追求、その後、独立しアパレルメーカー(有)エントリーを立ち上げ様々なアパレルブランドのデザイン・型紙・生産を担当 ゴルフは、19歳で始め、愉快な仲間とレジャー的なゴルフを楽しむ、しかし、30歳代半ばでゴルフにのめり込み練習に練習とラウンドを重ねる。その当時、お洒落で機能的なゴルフウェアが世間には少なく、自分用のゴルフウェアをデザインし自作着用する。その後、何人かのプロゴルファーと知り合い2007年ゴルフウェアブランド【BLOODSHIFT】を立ち上げプロ達にウェア支給を開始、同時に『一緒に闘いたい』意識に目覚め各ツアーでのキャディーも始める。初キャディー経験と同時にプロ達との練習にも帯同しスイング・アプローチ・パッティングなどの研究を始め、プロ達へのアドバイスも行う。キャディー経験は、男子ツアー、女子ツアー・男子アジアンツアーなどで70試合を超え、現在は、レッスン・練習器具開発も行う。【キャディー担当プロ】清田太一郎・岩田寛・江連忠・北田瑠衣など・・・ ベストスコア・・72(カレドニアンGC) 思い出に残るスコア・・75(セントアンドリュース・オールドコース)
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
亀子充温

亀子充温 について

ゴルフウェアブランド『BLOODSHIFT』デザイナー&オーナー、そしてキャディー 1962年2月8日 愛知県碧南市出身 地元の高校を卒業後、電電公社などに勤めるもやりたい仕事を求め、文化服装学院に入学、デザイン科を卒業後、芸能関係の舞台衣装制作やアパレルメーカーに勤務しデザインと型紙を追求、その後、独立しアパレルメーカー(有)エントリーを立ち上げ様々なアパレルブランドのデザイン・型紙・生産を担当 ゴルフは、19歳で始め、愉快な仲間とレジャー的なゴルフを楽しむ、しかし、30歳代半ばでゴルフにのめり込み練習に練習とラウンドを重ねる。その当時、お洒落で機能的なゴルフウェアが世間には少なく、自分用のゴルフウェアをデザインし自作着用する。その後、何人かのプロゴルファーと知り合い2007年ゴルフウェアブランド【BLOODSHIFT】を立ち上げプロ達にウェア支給を開始、同時に『一緒に闘いたい』意識に目覚め各ツアーでのキャディーも始める。初キャディー経験と同時にプロ達との練習にも帯同しスイング・アプローチ・パッティングなどの研究を始め、プロ達へのアドバイスも行う。キャディー経験は、男子ツアー、女子ツアー・男子アジアンツアーなどで70試合を超え、現在は、レッスン・練習器具開発も行う。【キャディー担当プロ】清田太一郎・岩田寛・江連忠・北田瑠衣など・・・ ベストスコア・・72(カレドニアンGC) 思い出に残るスコア・・75(セントアンドリュース・オールドコース)

 

Facebookでコメントする

逆目ラフから、寄らないorザックリ[#20]」への3件のフィードバック

  1. 三村 信明

    いつも見させていただいています。わかりやすいです。以前のドライバーからウエッジまでのインパクト時の図解といい、アプローチの図解といい、今回の逆目のアプロ―チといいとても参考になりました。有難うございます。

    返信
  2. yasu119

      言葉のみでなく動画により、大変ありがたいごしどうでした。

    返信
  3. 悩める初老ゴルファー

    今日の逆目からのアプローチのコツの解説で
    ハンドアップにすると書かれているのは
    ハンドダウンにするの記載間違えではないですか?
    写真でみても、手がより体に近づいていてハンドダウン
    に見えますが?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。