【ビデオ】小原より、ゴルフ初めでやってほしいこと

2018.01.05
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは小原大二郎です。

改めまして、明けましておめでとうございます。
本日からお仕事始めの方も多いことかと思います。

今年も1年
ゴルフを楽しみながら
スコアアップを目指して頑張りましょう。

2018年第一回目の動画レッスンでは
昨年お伝えした、『合理的な100切りの方法』に習って

ミート率を上げる
肩から肩のベタ足スイングについて解説します。

フルショットに比べて、
一気に複数のミスが減り
飛距離のロスもほとんどありません。

私も、ゴルフを始めてたときは
振れば振るほど飛ぶと思っていました。

カッコよくフィニッシュを決めてみたり
左サイドで音が鳴るように素振りをしたり。

それも重要です。

しかし、スコアが現時点で安定していないとしたら
このミート率向上に注力をするのが

もっとも、スコアのばらつき無く打てる
スイングを身につける方法でしょう。

(注意:この練習は振り方の問題ではありません
    スイングの在り方の問題です。)




スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 

追伸

私のゴルフの原点とも言える
“7日間シングルプログラム”が
4度目のリニューアルを終え、
ますます洗礼された内容にバージョンアップしました。

あなたのゴルフの土台をより強固なものにし
今後の技術の習得や最速スコアアップを約束します。

今一度原点回帰することで
今後のゴルフは大きく安定してきます。

年始の今だからこそ
取り組んでいただきたいプログラムです。

http://g-live.info/click/ny7days_180101/

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: ビデオ, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】小原より、ゴルフ初めでやってほしいこと」への1件のフィードバック

  1. 御手洗政則

    いつも素晴らしいアドバイスを有難うございます。しかし私のミート率は、いつもわるいです。
    今回は、前傾角度の維持(へっぴり腰)を重点に意識してやってみたいと思います。
    ご指摘のように、スイング中にお尻が前に出て、よくシャンクが出ます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。