武井壮に学ぶ、思い通りのスイングの作り方

2018.04.07
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は
 

 「武井壮に学ぶ、思い通りのスイングの作り方」
 

についてお話しようと思います。

武井壮さんって、あなたはもしかしたら
ご存知ないかもしれませんが。。。
 

・陸上「十種競技」元日本チャンピオン

・陸上をやめてからアメリカにゴルフ留学経験あり

・タレントとして活動。「百獣の王」を目指している(笑)
 

という、とっても面白い経歴をお持ちでいらっしゃいます。

実はこの武井壮さん、
数ヶ月前にゴルフパフォーマンスにも
いらしたことがあるんです!

その時の写真が、コチラ!!!

武井壮さん、ご来店!

2018-0407_1
 

雑誌『ワッグル』さんの撮影で、塚田好宣プロと一緒に
ゴルフパフォーマンス千葉店に来店されました。

(モンゴはその場にいなかったんですけど。。。残念 (T_T) )
 

冒頭でもお話ししたように、
武井壮さんは陸上「十種競技」の元チャンピオンです。
 

モンゴもこの十種競技については詳しくないんですが、
 

 一日目:
 100m、走り幅跳び、砲丸投げ、走り高跳び、400m

 二日目:
 110mハードル、円盤投げ、棒高跳び、やり投げ、1500m

 

これら全てを一人でこなして、その総得点を争うという競技です。
(記録は全て得点に換算されるそうです。ウィキペディアより 笑)
 

しかも、武井壮さんがすごいのはなんと、
この十種競技をたった「競技歴2年半」
優勝してしまったのだそうで。。。((((;゚Д゚)))))))

もちろん、武井さん自身の才能もあるんでしょうが、
そこには並々ならぬ努力、そして他の人がやっていない
「あること」があったそうです。それは。。。

頭の中と身体が同じように動くトレーニング

つまり、自分の身体を自分の意識どおりに
動かせるようにしたんだそうです。

やり方としてはとてもシンプルで、たとえば
 

 ・立って

 ・目をつぶって

 ・両手を肩と同じ高さで止める

こうした動きをすると、多くの人は
左右の腕の高さが微妙にズレます。

でも逆に、それが正確にできるようになったら
自分の身体を思ったようにコントロールできている。。。

こうした、ちょっと変わったトレーニングを繰り返し行って、
身体をコントロールする方法を身に付けたのだといいます。
 

普通の競技であれば、一つの競技についてを
突き詰めていけばいいんでしょうが(それだって大変なことですが~( ´Д`))

十種競技はその名の通り、
10個全ての競技を同時並行で練習しなければなりません。

そこで、自分の身体を思ったようにコントロールできる能力でもって、
たとえばやり投げであれば、やり投げのエキスパートの選手の動画を見て
 

 ・テイクバックの時の角度とか

 ・投げる瞬間の肘の角度とか

 ・どこでリリースしているのかとか
 

そういう動きの一個一個の形を、自分でも動画を取って
徹底的にマネていったんだそうです。
 

大人だからこそできる上達法

もちろん、そうした世界のすごい選手たちと比べたら
身長や筋力とかは、多少違うかもしれません。

ですが、結果が出ている形がこれなんだから
 

 「じゃあ、これがいいんだな」
 

ということにして、その形を映像で確認して、
頭で認識してわかって、とにかくそれを自分で真似る。。。

これが第一段階で、それを真似る力を支えたのが先ほどの
 

 「頭の中と身体が同じように動くトレーニング」
 

だったというわけなんですね。
 

その身体の正確な意識でもって、実際に身体を動かしてみて
いい形とのギャップをちょっとずつ、自分の感覚で直していく。。。

実際のイメージとの「ズレ」を、極力少なくしていく。

こうした作業は大人だからこそ出来ることだと思うんですが、
武井さんが大人になってからうまくなるために
自然と身に付けた方法なんだと思います。
 

そしてもちろん、これはゴルフでも役に立つ考え方です!
(どんなプロの形を真似るかどうかは、また別の話ですが)

たとえばテイクバックした時、肘が真下向いてないといけないのに
実際は違う形になっていた、というギャップがあるのなら。。。

それをちょっとずつ、自分の感覚で直していくようにするのです。
 

もちろん、どんな形がいいのかについて
ゴルフについての知識があれば、言葉で表現することはできます。

ですが、やっぱりスポーツなので、その言葉での知識を
いかに身体で表現できるのかが、上達のカギになります!

そしてそれを支えるのが、
「自分の身体を自分の意識でコントロールできること」
なのかもしれませんね。。。
 

武井壮さんが紹介しているこの方法、
やってみたら面白いかもしれませんよ~(о´∀`о)

モンゴも、やってみます!
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 

<本日のオススメ>

ここで紹介しているスイングの話は、
最近になって判明したような
ぽっと出の話ではありません…

じつは、既に30年以上前から、
ゴルフ界のトップの人間たちは
知っていた話だったのです…

その方法を確かめてみる

http://g-live.info/click/ezrestart180403/

※期間限定の公開

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: ゴルフパフォーマンス, スイング, メルマガ, 体づくり, 新着メルマガ, 練習 | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。