卑怯?ドラッグストアで飛距離アップ

2018.05.06
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

今すぐ飛距離が上がる必殺技はありませんか?

そんな質問をよく生徒さんからもらいます。

えー、一瞬で飛距離が伸びるような道具や
ゴルフクラブがあれば
なかなか卑怯かもしれませんね(笑)

ですが、飛距離アップの専門家としては
どんな卑怯な方法でも
あなたの飛距離アップにつながるかどうか試したくなるわけです。

例えば、フェースに
飛距離が伸びるというシールを貼ったり。

一時期運動会ではやったように
足の指に輪ゴムを引っ掛けてから靴を履いてみたり。

高反発加工を
ゴルフ工房さんにお願いしてみたり。

実感できるものもあれば
そこまでしてやらなくてもいいかなと思うものあったり。

ものによっては
プラシーボ効果なんじゃないのか?
と思うことも多かったです。

今日は、新しい卑怯な飛距離アップ法をご紹介します。

それが、コチラ。

フェースにワセリンを塗る

f865c7714fabd60ae4259acab4bf98d1

これは、ゴルフクラブのフェースに
ワセリンという潤滑剤を塗る方法です。

とある記事によれば
この方法を実践するだけで
飛距離が平均で9yも伸びたとか。

フェース表面がぬるぬるすることで
フェースとボールの摩擦係数が下がるんですね。

その事によってスピン量が減ります。
スピン量が減るということは
曲がりが抑えられたり
ボールの吹け上がりを抑えることができます。

その結果、飛距離アップにつながったと。

つまりは、スピン量が多すぎたり
ボールが曲がりすぎるという人には
この方法は試す価値があるかもしれません。

最適なスピン量は2,000回転ほどと言われていますが
スピン量が多すぎると、ボールが打ち出しから上昇しすぎてしまいます。
逆に、スピン量が少なすぎるとボールがすぐ落ちてきてしまいます。

スピン量と打ち出し角は
スイングによって向上させることもできますが
ドライバーの形状、重心位置などでもコントロールすることができ

浅重心・深重心のドライバー
ロフトがある・ないドライバー
を打ち比べるだけでも
全く違う弾道を味わうことができるでしょう。

今回ご紹介した内容は、
フェース面に細工をするという

競技でやると確実に違反なのですが
どれだけスピン量がボールの曲がりや
滞空時間に影響を与えるのか、という検証につながると思います。

あくまで自己責任でおねがいしたいですが
飛距離アップのための実験として試してみてください。

では、スイングでスピン量を抑えて
高弾道のボールを打つためにはどうしたらいいのか?

次回以降のメルマガで引き続きアドバイスさせてもらいたいと思います。

服部コースケ

<本日のオススメ>
飛距離もゴルフ歴も、年齢も関係ない

ゴルフ歴3年、還暦からゴルフを始め
アイアンさえまともに当たらなかった彼が

83のスコアで回ることができた
たった1つの秘密とは?

http://g-live.info/click/omagp_1805/

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
カテゴリー: メルマガ, 夕刊メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。