握力無い。足遅い。でもモンゴより上手い…

2018.05.05
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は
 

 「握力無い。足遅い。でもモンゴより上手い…」
 

についてお話しようと思います。

前回のメールでは、
モンゴが研修生の頃の話をしましたが。。。

今回の話は、その時にいらっしゃった
とある先輩ゴルファーのお話です。

なんで先輩よりも…

その先輩ゴルファーの方は、
先ほどもちょっと書いたとおり
 

 ・モンゴよりもフィジカル的な力はない

 ・足とかにしても遅い

 ・でも、ゴルフはモンゴより数倍うまい。。。(泣)
 

という方だったんです。
 

その頃のモンゴは、そうした事実に対して
 

 「なんでだ? 意味がわからない。
  身体的には先輩よりも明らかに
  勝っているはずなのに。。。悔しい」

 

ちなみに、こんなことを聞いて
くれぐれも誤解しないで欲しいんですが、
先輩に対してはリスペクトはしていましたよ!

ですが、そのような状況がなんで起こっちゃうのか、
自分自身で理解できなかったんです。。。( T_T)
 

ですが、この状況を探るために
 

 「先輩と一体、何が違うんだ???」
 

ということを、必死で考えたんです。
 

そこで出した答えは。。。

練習場でもコースでもパフォーマンスが一緒

その先輩が研修所の練習場で練習しているときと
実際にコースを回っている時とを見比べてみると。。。

先輩の場合は、スイングとショットのパフォーマンスに
練習とコースで、ブレがほとんどなかったんです。
 

ところがモンゴの場合はというと、
練習場ではそれなりにイケてるのに(←自分で言うなですが 汗)
 

いざコース出ると
もう、シッチャカメッチャカだったんです。。。
 

その時に気づいたんですが、上手い人というのは
練習場でもコースでも「一緒」なんです。

もちろん、細かく見れば多少の差異はありますけど、
大まかなところは、ほぼ一緒です。
 

ところが、コースに出ると「。。。(ノд・。)」という人は、
 

 「素振りはいいんだけどねえ。。。」
 

みたいに言われるタイプのゴルファーと言えば
ちょっとは話が通じるでしょうか。
 

 「じゃあモンゴの場合、練習とコースで
  具体的に一体何が、違ってるんだ???」

 

そんなふうに思った方がいるかもしれませんね。
具体的には。。。

スイングのリズムとテンポ!

練習とコースでブレがない人は、
スイングのリズムやテンポ、タイミングが一緒です。

簡単に言っちゃえば、スイングの
 

 「1・2・3!」
 

とかのリズム、スイングのタイミングが一緒、
ということですね。
(リズムのとり方は人それぞれ特徴がありますけどね)
 

その一方で、練習と本番で変わっちゃう人は
インパクトのタイミングが早すぎたりだとか、
バックスイングで変な間があったりだとか。。。

とにかく、リズムとタイミングが違うんですね。
 

 「じゃあなんでそもそも、
  そんなふうにリズムやタイミングが違っちゃうの?」

 

そんなふうに思った方もいるかもしれません。
その理由は。。。

目的が変わっているから!

練習場と違って、コースというのは
いろいろな情報が入ってきますよね。
 

 ・コースのライ(傾斜、芝目など。。。)

 ・風(アゲンスト、フォロー。。。)

 ・風景(バンカー、池、木、林、OBなど。。。)
 

そのような情報がたくさん飛び込んで来ると、
ゴルフ上達にに大切な「アレ」がおろそかになるんです。
それは。。。
 

 「ワンスイング・ワンポイント!」
 

練習をしている時というのは
「このショットは●●に気をつけて打とう」
と、シンプルに考えて打てます。

しかも、何度でも打ち直しができます。
ですがこれがコースに出ると
 

 「あれも気をつけなきゃ。。。」

 「これも注意しなきゃだ。。。」
 

となってしまって、
「ワンスイング・ファイブ(5)ポイント」
ぐらいになってしまうんです。
 

そうなると、スイングのリズムを普段と同じにするのは。。。
 

正直、至難の技です。(;´Д`)
 

いつもモンゴが出す「たとえ話」ですが、
たとえばゴミ箱にゴミをホイと投げて捨てようとする時に
いろいろなことは考えていませんよね。
 

 「こういうスピード、高さかな」

 「こんな感じの強さかな」
 

程度のことを考えて、それから実際に
そのイメージ通りに動かしているだけです。

一つ、二つのことだけを考えて、
多くのことは考えていません。
 

これが、モンゴの考える
「練習ではイケてるのに。。。」の正体だったのでした。
 

ですのでもしあなたが、
練習場とコースのギャップに悩んでいるのであれば。。。
 

コースでの「ワンスイング・ワンポイント」が
きちんと出来ているかどうかを
今一度、確認してみることをオススメします!
  

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 

<本日のオススメ>

パッティングの上達法には
さまざまなメソッドがありますが
その多くは、変な一過性のテクニックです。

ここで紹介するパッティング上達の手法は、
全国のゴルファーが実践し、効果が実証された

「長期的にパターが安定するパッティング上達の王道」

です。詳細はコチラ。

http://g-live.info/click/omagp_1805/

※小原プロ推薦の上達ツール3点を用意しました

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: スイング, メルマガ, 上達テクニック, 新着メルマガ, 練習 | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。