【ビデオ】三連打ちステップショット[#39]

2018.05.05
kameko

From:亀子充温

みなさん
こんにちは!!

GW・・・ラウンドされましたか??

僕は、29&30日、自宅近所の居酒屋の常連客達と茨城の【サニーフィルド】へ行き
1泊2日でラウンドしてきました。

このゴルフ場は、男子のサードQTの会場に採用されているコースです。
コース自体は、木々でセパレートされたストレートホールが多く安易なのですが・・・
数ホールあるドッグレッグホールや池がらみのホールにはコースマネージメントが不可欠で
グリーンはアンジュレーションがキツイのでアプローチやパッティングに苦労するコースです。
また
ドライビングレンジ・アプローチグリーン・パッティンググリーンが充実していて
宿泊ロッジもあり、宿泊しての練習&ラウンドにはGOODでオススメのゴルフ場です。

さて
今日のメルマガは
前回のメルマガ【素振り】と
5月1日の江連さんのメルマガ文中にある【トスバッティング】から派生する・・・
【三連打ちステップショット】をお伝えします。

【素振り】には、様々な効果があると前回のメルマガでお話しました。
そして、江連さんのメルマガでは【左足と左脚】について記載されています。
この二つに関連して派生させる練習が・・・・・・・・【三連打ちステップショット】です。

昨年の11月4日にもアップした【三連打ちステップショット】動画に解説テロップを追加しました。

この練習のコツは
①6〜9番アイアンを使用・・・(上級者の方は、ドライバーでもOKです)
②自分の好きなリズムでショット・・・(クリーンヒットしなくても構いません)
③1球目=ハーフショット 2球目=60〜65%ショット 3球目=75〜85%ショット
*注意点・・・
踏み込んだ左脚の膝が曲がって流れない様にインパクトして下さい。
左膝が曲がってしまう方は、爪先を少し閉じ気味に踏み込んで下さい。

この練習の効果
(1)自分に合ったリズムが身に付く
(2)ボールとの間合いが身に付く
(3)体重移動と踏み込みが身に付く
(4)左脚でパワーを受け止めるインパクトが身に付く

ゴルフは、【静→動】と良く表現されますが・・・
僕は、この表現は間違いだと思っています。

止まっているのは【ボール】だけです。

アドレス〜フォローまで【動→動】だと思っています。
アドレスは、体が止まって見えるだけで・・・
ワッグルや足踏みでボールとの間合いなどをチャックしたら→テイクバックする
この一連の動作がBESTだと思っています。

【三連打ちステップショット】でも【動→動】で練習してもて下さい。

<本日のオススメ>
「これはひどい」

「なんて安っぽいんだ」

そこにあったのは、ゴルファーなら
誰も使いたがらないような代物でした。

しかし、これをテストしたゴルファーたちは…

http://g-live.info/click/kogafure180504/

The following two tabs change content below.
亀子充温

亀子充温

ゴルフウェアブランド『BLOODSHIFT』デザイナー&オーナー、そしてキャディー 1962年2月8日 愛知県碧南市出身 地元の高校を卒業後、電電公社などに勤めるもやりたい仕事を求め、文化服装学院に入学、デザイン科を卒業後、芸能関係の舞台衣装制作やアパレルメーカーに勤務しデザインと型紙を追求、その後、独立しアパレルメーカー(有)エントリーを立ち上げ様々なアパレルブランドのデザイン・型紙・生産を担当 ゴルフは、19歳で始め、愉快な仲間とレジャー的なゴルフを楽しむ、しかし、30歳代半ばでゴルフにのめり込み練習に練習とラウンドを重ねる。その当時、お洒落で機能的なゴルフウェアが世間には少なく、自分用のゴルフウェアをデザインし自作着用する。その後、何人かのプロゴルファーと知り合い2007年ゴルフウェアブランド【BLOODSHIFT】を立ち上げプロ達にウェア支給を開始、同時に『一緒に闘いたい』意識に目覚め各ツアーでのキャディーも始める。初キャディー経験と同時にプロ達との練習にも帯同しスイング・アプローチ・パッティングなどの研究を始め、プロ達へのアドバイスも行う。キャディー経験は、男子ツアー、女子ツアー・男子アジアンツアーなどで70試合を超え、現在は、レッスン・練習器具開発も行う。【キャディー担当プロ】清田太一郎・岩田寛・江連忠・北田瑠衣など・・・ ベストスコア・・72(カレドニアンGC) 思い出に残るスコア・・75(セントアンドリュース・オールドコース)
カテゴリー: 夕刊メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
亀子充温

亀子充温 について

ゴルフウェアブランド『BLOODSHIFT』デザイナー&オーナー、そしてキャディー 1962年2月8日 愛知県碧南市出身 地元の高校を卒業後、電電公社などに勤めるもやりたい仕事を求め、文化服装学院に入学、デザイン科を卒業後、芸能関係の舞台衣装制作やアパレルメーカーに勤務しデザインと型紙を追求、その後、独立しアパレルメーカー(有)エントリーを立ち上げ様々なアパレルブランドのデザイン・型紙・生産を担当 ゴルフは、19歳で始め、愉快な仲間とレジャー的なゴルフを楽しむ、しかし、30歳代半ばでゴルフにのめり込み練習に練習とラウンドを重ねる。その当時、お洒落で機能的なゴルフウェアが世間には少なく、自分用のゴルフウェアをデザインし自作着用する。その後、何人かのプロゴルファーと知り合い2007年ゴルフウェアブランド【BLOODSHIFT】を立ち上げプロ達にウェア支給を開始、同時に『一緒に闘いたい』意識に目覚め各ツアーでのキャディーも始める。初キャディー経験と同時にプロ達との練習にも帯同しスイング・アプローチ・パッティングなどの研究を始め、プロ達へのアドバイスも行う。キャディー経験は、男子ツアー、女子ツアー・男子アジアンツアーなどで70試合を超え、現在は、レッスン・練習器具開発も行う。【キャディー担当プロ】清田太一郎・岩田寛・江連忠・北田瑠衣など・・・ ベストスコア・・72(カレドニアンGC) 思い出に残るスコア・・75(セントアンドリュース・オールドコース)

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。