怪我の直後、クラブを変えて裏目…(泣)

2018.05.26
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は
 

 「怪我の直後、クラブを変えて裏目…(泣)」
 

についてお話しようと思います。
 

実はモンゴ、競技に出ていた頃
怪我があって1ヶ月ぐらいクラブに触れないことが
あったんですが。。。

今日はその時に犯した
「取り返しの付かないミス」をしてしまったんです。
それは。。。?

怪我明け後、軽いクラブに変更

怪我をしてから、1ヶ月ぐらいクラブに触れなかったんですが
 

 「ケガは完治したと思うんだけど。。。
  また何かの時に、再発するんじゃないか?」

 

その怖さが消えることはなかったんです。
 

そこで、モンゴはこう考えました。
 

 「運動もできなかったから筋力が落ちているだろうな」

 「じゃあ、自分が完全復活するまでは、
  まずは筋力不足をカバーするために、軽いクラブにしちゃおう」

 

ということで、ケガの後で
相当軽いクラブに変えてみたんです。

で、どうなったかというと。。。
 

変えた瞬間は、クラブが軽かったからなのか、
とにかくボールが飛んだんです。
 

 「え、あれ~ 意外と飛ぶじゃないのオレ!」

 「これはもしかしたらいけるんじゃないの???」
 

おそらく一時的に軽いクラブにしたことで
身体もちゃんと回っていたりしたんだと思います。

その身体の良い回転がうまくマッチして
距離が出ちゃっていたんでしょう。

初めのうちはよかったんです。なんですが。。。

「モンゴ。オマエ、バカじゃないの!?」

ですが、その後すぐに、
ぜんぜん当たらなくなってしまったんです。。。(T_T)
 

そして当時、同じゴルフ場で研修生をしていた先輩に
そのことを相談しました。

悩みを相談したら、一言
 

 「オマエ、バカじゃないの!?」
 

いきなり最初に
そんなふうに言われてしまったのです。
 

 「先輩。そんなふうに言わないでください。
  自分も悩んでいるんですから!ヽ(`⌒´メ)ノ

  急ににっちもさっちもいかなくなっちゃったんです。
  じゃあ、一体どうすればいいんですか!?」

 

ちょっと八つ当たり気味に
その先輩には接してしまいました。

先輩は半ば呆れながら
 

 「モンゴ。じゃあこれで打ってみろ!」
 

と言って、自分のクラブを差し出して来ました。

まあ、背格好も同じぐらいの先輩だったので
言われるままに、先輩のクラブでボールを打ちました。
 

最初の2~3球。。。当たりません。
 

 モンゴ「どうしてくれるんですか!」

 先輩 「いいから。とりあえず打て」
 

まだ打たせます。
モンゴもブーブ言いながら打ちました。
すると。。。
 

 「あれ、なんだ? ちゃんと飛ぶぞ?」

 「あれ、真っ直ぐ行くぞ???」

 「いい時のショットが出てる。どうしてくれるんだ!(笑)」
 

モンゴは驚いて先輩に
「なんでですか?」と聞いたところ
 

「クラブのせいだろ、それ」

 

ケガをしてクラブは手にしていなかったものの
それと同時に筋トレはしていたので。。。

実のところ、筋力自体は
まあまあ戻ってきていたんですね。

それで軽いクラブに変えたもんだから、
手打ちの悪さが出てしまって。。。
 

で、先輩から借りた重いクラブが
肩の捻転をちゃんと促してくれたおかげで
肩を回さない手打ちを改善してくれたわけです。
 

この場でも何度かお伝えしているように、
重いものというのは、良くも悪くも左右に振られます。

左右に振られるので、足を踏ん張るようになります。

踏ん張ると、土台の下半身がちゃんと
使えるようになります。

そしてなおかつ、クラブの重さが肩の回転を促して
(とは言っても、大した重さではないんですが)
形がよく軸の使えたスイングができちゃう、というわけです。
 

そんなことを先輩に言われたこともあり、
早速、今までの自分のクラブに戻しました。

当時はこの先輩のように、
ちょっとクラブに詳しい人はいましたが
徳嵩さんみたいな人が周りにいなかったので。。。

確証はないものの漠然と
 

 「クラブは多少、重たいもののほうがいいんだな」
 

と、経験から知識を得たのでした。

自分を疑うというのは、
とても勇気の要ることですけど。。。

でも、こうしたことはちょっとしたボタンの掛けちがいで
起こるということを知ってほしくて、
今回こうしてお話しをしてみました~!(о´∀`о)
 

あなたのクラブは。。。大丈夫ですか?
 

心配な方は、まずはゴルフパフォーマンスの
フィッティングのほうへどうぞ!
(各会場、残り枠がわずかなようです)

http://g-live.info/click/abcstudio180510/
 
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 

<本日のオススメ>

実は、ゴルフライブのメイン講師である
小原大二郎プロが、今までにない

 「ラウンドの前にたった3分やるだけで
  ベストスコアが達成できてしまう方法」

を公開してくださいました。

100切り、90切りゴルファーを続出させ、
累計900人以上をシングルに導いてきた方法…
「本数限定」で公開します。

http://g-live.info/click/oblod180524/

※50本限定。なくなり次第終了

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: アイアン, クラブ, ゴルフクラブ, フィッティング, メルマガ, 新着メルマガ, 重量フロー | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。