今のあなたはすくい打ち?3つの判断ポイント

2018.05.24
志賀さんプロフィール写真

From:志賀康平
千葉の自宅より、、、

こんばんは!
志賀康平です。

今日はあなたに、
すくい打ちについて
お話したいと思います。

すくい打ちは自覚症状が
少ないことが多く、言われて
初めて気づくことがよくあります。

しかし、一度気付いてしまえば
意識的に修正することで
十分に直すことが出来ますので、

3つのチェックポイントと
その修正方法についてお伝えしたいと思います。

1:番手なりの飛距離が出ない

飛距離は数字で表れるので
分かりやすいのですが、例えば7番アイアンで
130yくらいしか飛ばないとしましょう。

筋力が落ちたなどは考えないとして、
番手なりの飛距離が出ない原因というのは
ロフトが寝ているからです。

アイアンで飛距離が出るのは、
30°の7番がハンドファーストで
ロフトが立つことにより、

25°くらいでインパクトするので、
飛ぶというような仕組みになっています。

しかし、番手なりの飛距離が
出ないということはロフトが寝ています。

それはつまり、ハンドファーストが
出来ていないということなので
すくい打ちをしている可能性があります。

もし、
「周りと比べてもアイアン飛ばないな…」と
感じているなら、この可能性があります。

修正するには、まずはビジネスゾーンでの
手首を角度のキープが出来ているかをチェックしてみましょう。

2:右肩が下がっている

右肩が下がる原因は
スイングそのものを見ないと
断定は出来ませんが、

いくつか下がる原因を
お伝えすると、、、

・グリップがストロングすぎる
・ダウンスイングをインサイドから入る
・リバースピボットになっている

この辺りが多いです。

ただ、グリップとダウンスイングのインサイドは
意識的に直せると思いますが、難しいのは
リバースピボット(逆足体重)でスイングをしている場合です。

バッグスイングで目標側に上半身が傾いてしまうと、
ダウンスイングでは反動で右肩が下がってしまいます。

正しい体重移動を習得するには、
1.バッグスイングで右腰がその場で回っているか
2.バッグスイングで左のこめかみが下がっていないか

この2つをチェックしてみてください。

この2つが正しく行えれば、バッグスイングで正しく
体重移動が行えるようになり、結果的にダウンスイングで
右肩が下がらなくなっていきます。

3:ボールを高く上げようとする

これは考え方の問題ですが、
高く上げたいイメージを持つと、
体は素直に反応します。

右肩が下がったり、、、
右足に体重が残ったり、、、

そういったことが起き始めます。

想像してみてほしいのですが、
ドライバーってロフト10°前後なのに、
芯に当たれば、それなりの弾道になりますよね。

では、ドライバーよりもはるかに
ロフト角のあるアイアンで芯に当たれば
どうなると思いますか?

吹け上がるくらい高く上がると思います。

設計上、ロフトが20~40°あるのですから
ボールを上げるのは、クラブにお任せして
私達はミート率を高めることに集中しましょう。

まとめ

今日はすくい打ちの判断ポイントを
3つ紹介しました。

一度スイングを撮影してみれば、
すぐに気づけると思います。
(出来れば真正面から撮影するとベター)

これからは芝も伸び、
よりインパクト時の抵抗も増えますから、
しっかりとしたインパクトが出来るように

日々の練習に取り組んでみてくださいね。

<本日のオススメ>

もし、サンドウェッジを練習するだけで
飛距離が伸びると聞いたら、
あなたはどう思いますか?

嘘だと思いますか?

じつは、本当にそれだけで
飛距離の限界突破を果たした
ゴルファーが実在するのです…

なぜ、そんなものすごい結果を
手に入れたのか。

こちらで詳しく説明しています。

http://g-live.info/click/trw1805/

The following two tabs change content below.
志賀康平

志賀康平

父の影響で7歳のころからゴルフを始める。中学校はゴルフ部に入ったことから本格的にゴルフを始め、高校時代は東北地区大会優勝経験も。在学中はゴルフ選手権での優勝を始め、数々の試合で入賞経験を持つ。その後競技選手として活躍後に小原プロに出会い、その理論と人柄に感銘を受け、レッスンプロとしての道を歩み始める。最大の持ち味は小柄ながら効率的に飛距離を伸ばすドライバーテクニックで、最大飛距離は330ヤード、平均飛距離でも300ヤード超えを誇る。また、イップスに陥ったゴルファーを救った経験から、イップス矯正のスペシャリストとしての一面も。スコアアップにおいても、ビジネスゾーン理論をベースに、ゴルファー一人一人の悩み、症状に合わせた「オーダーメイドレッスン」で1,000人以上のゴルファーのレッスンにあたり、ゴルフパフォーマンスにおいても、屈指の人気を誇るレッスンプロとなっている。
カテゴリー: 100切り, アイアン, メルマガ, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
志賀康平

志賀康平 について

父の影響で7歳のころからゴルフを始める。中学校はゴルフ部に入ったことから本格的にゴルフを始め、高校時代は東北地区大会優勝経験も。在学中はゴルフ選手権での優勝を始め、数々の試合で入賞経験を持つ。その後競技選手として活躍後に小原プロに出会い、その理論と人柄に感銘を受け、レッスンプロとしての道を歩み始める。最大の持ち味は小柄ながら効率的に飛距離を伸ばすドライバーテクニックで、最大飛距離は330ヤード、平均飛距離でも300ヤード超えを誇る。また、イップスに陥ったゴルファーを救った経験から、イップス矯正のスペシャリストとしての一面も。スコアアップにおいても、ビジネスゾーン理論をベースに、ゴルファー一人一人の悩み、症状に合わせた「オーダーメイドレッスン」で1,000人以上のゴルファーのレッスンにあたり、ゴルフパフォーマンスにおいても、屈指の人気を誇るレッスンプロとなっている。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。