【ビデオ】飛ぶ打ち方を追求する

2018.07.01
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「飛ぶ打ち方を追求する」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。

単純な話、飛ばしたいなら
ハイティーにして高打ち出し低スピンを狙います。

そして、ハイティーに対応するためには。。。

(続きはビデオにて)

飛ぶ打ち方を追求する

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

http://g-live.info/click/omrpdf180701/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。

高打ち出し低スピン

飛ばしたいなら、ハイティーにして
高打ち出し低スピンを狙います。

そして、ハイティーに対応するためには
ボールヒットに向かって頭を振り出し後方へ押し込むようにします。

とは言え、その前にまずはグリップを正しくして、
スライスが出ないことが第一となります。

どうやって高打ち出し低スピンを得るのか

高打ち出し低スピンでは基本的に飛距離を伸ばせますが、
なぜ飛びにつながるのかは後でお話しします。

まずは、どうやって高打ち出し低スピンを得るのかとなると、
冒頭でお伝えしたように、ハイティーにします。

そして、ハイティーに対応するためにボールヒットに向かって
遠心力に対抗するイメージで、頭を振り出し後方へ押し込むようにします。

単にティーアップを高くしただけでは上手く行きません。

その理由は色々ありますので、見てみましょう。

ティーを高くするほどボールに対して上昇起動でヒットするため、
ヘッドや手元や腕全体が上昇して減速しながらボールヒットしやすくなります。

減速しながら上昇軌道でボールヒットすることを、すくい打ちと言います。

すくい打ちとは単なる上昇軌道だけを意味するのではなく、
この減速しながらが問題です。

ヘッドの加速度が大きい状態でボールに当たるほど、当たり負けが少なく
ヘッドスピードの割にボール初速があがる可能性が高くなります。

可能性が高くなると言ったことには、
ヘッドスピードと打点の問題もあるからです。

当然加速中となるとヘッドスピードはピークに達する前なので、
最大ヘッドスピードには達していません。

しかし、ヘッドスピードと打点やフェースの向きが同じなら、
加速度が大きいほどボール初速も大きくなります。

そして、ボールヒットに向かって頭を振り出し後方へ押し込むことで、
高い打ち出し角度を得ながらヘッドが加速して
ボール初速もあげることができます。

まさに、ボールヒットに向かって遠心力が大きくなることに対応しするイメージで、
頭を振り出し後方へ一生懸命押し込めば高打ち出し低スピンで飛ばせます。

その前にスライス対策

実は、頭の右への押し込みの前に、
まずはグリップを正しくしてスライスが出ないことが第一となります。

その理由は、スライスでは軌道に対して
フェースが開いてロフトが大きくなるからです。

ロフトが大きいと、バックスピンが多くなり
ボールは理想からかけ離れてしまいます。

ただしヘッドスピードが遅すぎて打ち出し角度が足りない場合には、
逆にスライス傾向の方が飛ぶこともあります。

普段のドライバーショットでの打ち出し角度が10度以下なら、
スライスのままでも少しの曲がりなら問題ありません。

ただし、曲がればそれだけターゲットに到達する距離が長くなりますから、
距離を無駄にすることには違いありません。

また、グリップがウィークだと、ボールヒットに向かって
前腕を力で左に捻ってフェースを閉じる必要があります。

そして、前腕を力で捻ろうとすると、同時にクラブもリリースされます。

飛ぶための絶対条件は、リリースを抑えて
エネルギーをボールヒットに集めることです。

目安としては、ダウンスイングで左腕が水平になった辺りで、
手首のコックが入っていてシャフトが45度以上寝ていれば大丈夫です。

大型ヘッドドライバーではリリースは早めにと言われますが、
ドラコンチャンピオンたちでリリースが早い人はいません。

グリップが悪いと、前腕を力で捻ってコントロールしなければならないので、
早めにリリースしなければ制御できなくなるだけです。

スライスを防止して、ボールヒットに向かって頭を振り出し後方へ押し込み、
今の体力で効率良くボールを飛ばしましょう。

飛びのための統計

ここで、飛距離に関連するいろいろな数字を見てみましょう。

ドライバーのヘッドスピードと飛距離の関係が
ダンロップから発表されています。
 

 一般のハードヒッター 43-48m/s 240y

 一般 38-43m/s 200y

 シニア 33-38m/s 180y
 

これにGolf Todayの統計で女子ツアー選手の数字があり、
ヘッドスピードの平均が43m/s、
トータル飛距離の平均が251yとなっています。

女子ツアー選手は一般並みのヘッドスピードなのに、
飛距離で50y以上飛ばしています。

となると、打ち方さえ良くすれば、
今の体力で50yプラスも夢ではないことになります。

ボール初速については、LPGAによると一般平均が56.40m/s、
女子ツアー選手の平均が59.73m/sとなっています。

そして、ボール初速が1m/sの違いは飛距離で
7yの差となるとも言われています。

となるとボール初速の違いでの飛距離への影響としては20yぐらいですから、
実際の飛距離の差はまだ他のより強い要因があることになります。

まずは、ボール初速の違いはどこから発生しているのかを見てみましょう。

ミート率

ボール初速の違いはヘッドスピードに対するボール初速である
ミート率の差となります。

ミート率を良くするためには、つぎの3つのことが重要です。

(1) 軌道方向とフェースの向きを一致させてヒットする

(2) ヘッドの芯に当てる

(3) 出来るだけ加速しながらヒットさせる

(1)と(2)の真っ直ぐに芯に当てることは
当然のこととして認識されていると思います。

しかし、(3)の加速させながらヒットさせることは意識されることが案外少なく、
実際に加速が足りないことが非常に多くなっています。

言うならば、ボールヒット前に力を使い果たしていて、
肝心要のボールヒットではボールに当たり負けしています。

ボールヒットではまだまだボールを強く押せる体勢でヒットさせることが、
ミート率を良くしてボールを遠くまで飛ばすために大切となります。

ちなみにミート率の理論限界は1.56となっています。

クラブを振り子のように使ってボールヒットで
加速度がゼロだと1.49が理論限界となります。

ミート率は女子ツアー選手1.40に対して、
一般1.31ですから0.09の差となります。

ヘッドスピード43m/sでのミート率の差0.09は
ボール初速では3.87m/sなので、飛距離にすると約27yとなります。

ミート率だけの違いでも30y近く飛距離を伸ばせる余地があります。

では残りの20y分の影響を与えているものとは、いったい何でしょうか。

打ち出し角度とバックスピン

SRIスポーツ(株)の山口哲男氏のシミュレーションでは、
ヘッドスピードが40m/sで飛距離が最大となる
ボールの飛び方の特性は次の数字となっています。

打ち出し角度25度、バックスピン1500rpm。

rpmとは一分間に何回転するかの数字で、
普通は面倒なので1500回転などと言っています。

空気の湿度やフェアウェーの状況に影響されますが、
思ったより高打ち出し低バックスピンです。

実際、Golf Todayの資料によると、女子ツアー選手の平均データでは、
ヘッドスピード43km/h打ち出し角度14度で
バックスピン2500回転で飛距離250yです。

平均で比べると、一般男性のハードヒッターでは
45m/s、12度、4000回転、230yです。

女子ツアー選手の方が一般男性のハードヒッターよりもヘッドスピードが遅いのに、
打ち出し角度もバックスピンも理想に近くて20y以上飛ばしています。

となると、一般プレーヤーも高打ち出し低スピンを狙えば
ボールは飛ぶことになります。

しかし、打ち出し角度が何度理想に近づけば何ヤード飛ぶかは、
状況次第ですので、統計数字としては私は見たことがありません。

一応、ボールの飛びに影響する数字として、次のようなことが言われています。

ボール初速では70%、打ち出し角度とバックスピンで30%。

ボール初速の差で30yですから、
打ち出し角度とバックスピンではざっくり10yとなり、
トータルで40yの違いが発生します。

後10yはどこから来るのでしょうか。

飛距離とかボール初速や打ち出し角度、
バックスピンはどれも平均で議論しているので、
そこにはボールの曲がりの要素が見えなくなっています。

残りの10yは曲がることでの飛距離ロスなのかもしれません。

グローブで5y、スパイクで5yなど5yぐらい影響することを積みあげれば、
10y違いの要因は簡単に発生します。

いずれにしても、これはまさに打ち方やの道具とのマッチングで
飛距離が50yと、大きく変化することを物語っています。

道具とのマッチング

ボール初速はヘッドスピード、打点、ロフト、ヘッド重量、
ヘッド重心距離などにも影響されます。

ヘッドスピードが速いほどボール初速があがりそうに感じるのは素直な感覚ですが、
ヘッドスピードをあげようとして打点が狂えば逆効果にもなります。

そのため、単にヘッドスピードの数字だけを追いかけることは、
単純に飛距離アップにはなりません。

打点は、まさにヘッドの一番飛ぶポイントにボールを当てることになります。

昔ヘッドが小さかったときには、
ヘッドのセンターの少し上側の外側に当てるとボールが飛びました。

これは、少し上に当てることでバックスピンを減らせ、
外側になることでドロー回転がかかって捕まりを良くするからです。

しかし、最近の大型ヘッドドライバーではまさにヘッドのセンター印が最適です。

ヘッドは重いほど当たり負けしないためヘッドスピードの割に
ボール初速はアップしますが、重いことでヘッドスピードをあげにくくなります。

そのため、ヘッド重量は最適値があります。

ヘッドの重心距離とは、シャフトの軸線の中心からヘッドの重心までの距離のことです。

重心距離が長いほど、手の操作でフェースの向きをコントロールしにくくなります。

重心距離が長くなるとフェースが開きやすくなるために、
バックスピンも多くなる傾向になります。

ヘッド重心距離を短くすることでフェースのターンでボール初速アップにも使えますが、
実はそれはがんばった割に効果は少ないのが現実です。

クラブセッティングは考えはじめると奥が深いことがわかってきますが、
それほど自分でいじれるところが少ないのがたまに傷です。

まずは、グリップを正しくして、
ボールヒットに向かって前腕を捻るコントロールをしなくても良いようにして、
ハイティーにも挑戦してみましょう。
 
 

では、また。
 

<本日のオススメ>

・手打ちスイングを解消して
 年齢に関係なく飛距離アップ!

・スイング再現性UPでいつでも理想の弾道!

・ダフリ、トップ、スライス、フック
 シャンクなどのミスも全て一掃…

これら全てを実現する
「ツアープロの最終兵器」…

ツアー獲得賞金総額
「2億1千万円」の秘密アイアン…
それが、コチラです。

http://g-live.info/click/ohgi_1806/

※本数限定です

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
カテゴリー: スライス, ティーショット, ビデオ, ヘッドスピード, 新着ビデオ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。