ドライバーが打つたびに球の高さが変わる…

2018.07.07
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^
 

さて、こんな質問をいただきました。
 

> 初めまして。
> 練習場で、アイアンは意外と腰の位置が
> 安定して打てるのですが、
> ドライバーなどの長いシャフトのクラブは
> なかなか安定しません。
> 打つ度に高さが変わります。
> 何か良い練習方法がありましたら、伝授願います。

 

なあるほどお。
それ、伝授して進ぜましょう。
 

さあ、その理由ズバリ言うわよ。。。(笑)

たぶん原因はボールの位置!

おそらく原因は、ボールの位置です!(キッパリ)

実はモンゴもゴルフを始めたての頃は
球の高さが低かったり高かったりしていました。
 

そう、某・霊山にあるゴルフ場にいた頃。。。
 

練習の時にボールを打つたびに、
質問者様と同じことがモンゴにも起こっていたんです!

そしてそのたびにモンゴは叫んでいました。
 

 「なんでや!」
 

と。。。(あ、一応モンゴは育ちが関西なんです)
 

するとその練習場所に、一人の先輩が現れました。
 

先輩 「お、モンゴどうしたんだ。
    ひとりでなーに怒っちゃってんの。。。?」
 
モンゴ「あ、先輩。球の高さが揃わないんです」

先輩 「ん?」

モンゴ「先輩も前に言ってじゃないですか。
    球の高さを揃えろって。。。
    でも、揃わないんです」

先輩 「ああー。
    じゃあ、今から3球打ってみな。
    見ててやっから」

モンゴ「はい、わかりました」

打ってみたら… 先輩大爆笑

 (モンゴが3球打ち終わって)
 

先輩 「ハッハッハッ!(大笑い)
    そりゃあオマエ、
    それじゃあ球の高さ揃わないわなあー」

モンゴ「え、先輩なんでですか?」

先輩 「だってオマエ、
    毎ショット球の位置が違うもん!」

モンゴ「えっ! そんなわけないです先輩。
    僕は毎日位置は固定してます!

    (たぶん持ってたのは6番アイアンだったと思いますが
     胸の真ん中よりボール一個分ちょっと左に置いて)

    これが僕の6番アイアン(のボールの位置)です!」
 

そう豪語して、自信満々に「口ごたえ」を
してしまったのです。。。(ノд・。)
 

それでも、その先輩は優しくモンゴにこう言いました。

先輩 「でもなモンゴ、オマエそう言うけどな。。。
    オマエ毎回、その胸の一個分(のボールの位置)が
    毎回変わってるんだよ」

モンゴ「えっ!?」

できてると思ってたのに…

モンゴは先輩に言われるまで気づかなかったんですが、
実際に写メで確認したら。。。
 

確かに、そうだったんです。(T_T)

自分なりに基準は持っているつもりだったので、
本当にびっくりしてしまいました。
 

先輩 「高い球を打ってる時は、左に寄り過ぎ。
    逆に低い玉を打ってる時は、右に寄り過ぎ。

    きっとなモンゴ、
    オマエが高い球、低い珠が出る時ってのは、
    アドレスのほうに目が行ってないんだよ。

    そしてオマエ、このミスを
    動きのほうでどうにかしようと
    しちゃってるんじゃないか?」

 

恥ずかしい話ですが、
当時のモンゴはアドレスは完璧だと思ってて。。。

でも実際は、ぜんぜん違っていたんです。
先輩に完全に見抜かれていました。。。(;´Д`)
 

ということで、おそらく今回の質問者様にも
まずチェックして欲しいのは、ボールの位置です。

おそらくボールの位置が原因である確率は。。。
半分以上、いや、6~7割ぐらいは行っているかもしれません。

確認のためには、携帯のカメラとかで
真正面から撮って確認すればOKです!(´・ω・`)

「なんとなくココ」が危ない

ですが多くの場合はこうした確認をせずに
 

 「なんとなく、ココでしょう?」
 

といった感じで、
感覚的に決めている人も多いかもしれません。

多くの方の場合、スタンスの幅を基準に
考えている人が多いかもしれません。

もちろん、スタンスで見ることは
100%全て間違いというわけではないんですが。。。

ですが、スタンスを基準にすると
何かの弾みで間違えてしまうことも少なくありません。
 

じゃあ、どこを基準にするか?
 

 「胸(胸骨)の真ん中を基準に置く!」
 

これです!!!
 

多くのアマチュアの方は
スタンスで見ている人が多いと思うんですが、
胸を基準に決めると間違いが少ないです。

そして、特にボールの位置が
顕著にずれやすいのが、ドライバーです。

ドライバーのボールの位置は
「左足の内側のかかと線上」とか
いろいろな言い方がありますが

冒頭の質問者様もおっしゃっているように
長いクラブほど位置がズレやすいので。。。

「ボールの位置は的確に!」です。
 

あとはまあ、これもありきたりな言い方ですが
このへんのボールの位置については。。。
 

レッスンを受けるのが一番的確に
指摘してくれると思います!

と、ちゃっかりゴルフパフォーマンスの宣伝〜♪(*^▽^*)
 
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 

<本日のオススメ>

「実は、多くのゴルファーが
 アプローチは打つものだと思っています。

 しかし、そのイメージのままでは
 アプローチでスコアは減らせません。なぜなら…」

あなたのアプローチがうまくいかないのは
まさにこの「打とう」と考えてしまうことが
原因だとこのプロゴルファーは考えています。

http://g-live.info/click/kjkw_ap1807/

※50名様限定!初回40%OFF

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: セットアップ, ドライバー, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。