スティーブ・ジョブズ氏の「最後の言葉」

2018.09.10
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、
 

 「スティーブ・ジョブズ氏の最後の言葉」
 

について、お話ししたいと思います。
 

スティーブ・ジョブズ。
(Steven Paul “Steve” Jobs, 1955 – 2011)

「iPhone(アイフォン)」を生み出した
言わずと知れたアップルの共同創業者の一人です。

そのジョブズの「最後の言葉」として
ネット上で出回っている文章があったので
あなたにシェアしたいと思いました。

「スティーブ・ジョブズ氏の最後の言葉」

私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。

他の人の目には、私の人生は、
成功の典型的な縮図に見えるだろう。

しかし、いま思えば仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。

人生の終わりには、お金と富など、
私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。

病気でベッドに寝ていると、人生が走馬灯のように思い出される。

私がずっとプライドを持っていたこと、
認証(認められること)や富は、迫る死を目の前にして色あせていき、
何も意味をなさなくなっている。

この暗闇の中で、
生命維持装置のグリーンのライトが点滅するのを見つめ、
機械的な音が耳に聞こえてくる。

神の息を感じる。死がだんだんと近づいている。。。

今やっと理解したことがある。

人生において十分にやっていけるだけの富を積み上げた後は、
富とは関係のない他のことを追い求めた方が良い。

もっと大切な何か他のこと。
それは、人間関係や、芸術や、または若い頃からの夢かもしれない。

終わりを知らない富の追求は、人を歪ませてしまう。私のようにね。

神は、誰もの心の中に、富みによってもたらされた幻想ではなく、
愛を感じさせるための「感覚」というものを与えてくださった。

私が勝ち得た富は、私が死ぬ時に一緒に持っていけるものではない。

私があの世に持っていける物は、
愛情にあふれた(ポジティブな)思い出だけだ。

これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと一緒にいてくれるもの、
あなたに力をあたえてくれるもの、あなたの道を照らしてくれるものだ。

なくなってしまったら、見つけられないもの

愛とは、何千マイルも超えて旅をする。

人生には限界はない。行きたいところに行きなさい。
望むところまで高峰を登りなさい。

全てはあなたの心の中にある、
全てはあなたの手の中にあるのだから世の中で、
一番犠牲を払うことになる。

「ベッド」は、何か知っているかい? シックベッド(病床)だよ。

あなたのために、ドライバーを誰か雇うこともできる。
お金を作ってもらうことも出来る。だけれど、

あなたの代わりに病気になってくれる人は見つけることは出来ない。

物質的な物はなくなっても、また見つけられる。
しかし、一つだけ、なくなってしまったら、再度見つけられない物がある。

人生だよ。命だよ。
手術室に入る時、その病人は、
まだ読み終えてない本が1冊あったことに気付くんだ。

 「健康な生活を送る本」

あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、
誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。

あなたの家族のために愛情を大切にしてください。

あなたのパートーナーのために

あなたの友人のために。

そして自分を丁寧に扱ってあげてください。

他の人を大切にしてください。

ここでお詫び…

すみません、紹介をしておいてなのですが、
先にちょっとした「ネタバラシ」をしてしまいますと。。。

「スティーブ・ジョブズ氏の最後の言葉」とされている文章、
実は現在では信憑性が疑われているとのことです。
(ジョブズ氏は病院ではなく、自宅で亡くなったのだとか)

ですが、そうした真偽のことは横に置いたとしても
この「言葉」そのものは、私にとって人生を考えさせるものでしたので
今回あえてご紹介させていただきました。

人生におけるゴルフの意義

このゴルフライブのメールマガジンをお読みの方は
ある程度社会的にも成功されていらっしゃる方が
多いのではないかと推察します。
 

そんな中で、以下の言葉
 

> 人生において十分にやっていけるだけの富を積み上げた後は、
> 富とは関係のない他のことを追い求めた方が良い。
>
> もっと大切な何か他のこと。
> それは、人間関係や、芸術や、または若い頃からの夢かもしれない。

 

これについては、私も本当に同感です。
 

あなたもご存知の通り、悲しいことですが
人生にはいつか、終わりが来ます。

そしてそんな人生の終焉を迎える時に
 

 ・友人と楽しく回ったゴルフの思い出

 ・コンペで思いがけず優勝した思い出

 ・目標スコアを達成した喜びの思い出
 

そうした楽しい思い出を頭の中に駆け巡らせるために
今のゴルフを頑張るというのは、
ある意味とても健全なのではないかと思うのです。

そして、その楽しい思い出を作るために
私が少しでもお手伝いができるのであれば、
 

 「そういえば、古賀っていうコーチが
  あの時あんなことを言っていたなあ。。。」

 

そんなふうに思い出していただけるのであれば。。。
 

これほど嬉しいこと、有り難いことはありません。
 

今日はこんなところにしておきます。

もし疑問については、コメントいただだいたものから
お答えできる範囲で順次お返事を書いています。

画像付きでないと説明が難しいものについては
お答えできないことがあることをご承知ください。

なおお読みになった方は、
そちらについても再度コメントをいただけると
「既読」かどうかが私から見てもわかるのでありがたいです。

それでは、今日はこのへんで。
 

<本日のオススメ>

江連プロ開発の「Eドライバー」
好評のため、延長致しましたが…

本日9/10(月)で完全終了します。

江連プロが提唱する、勝ち続けるゴルファー特有の

 「低くて長いビジネスゾーン」

を習得し、飛ばすも曲げるも抑えるも出来て、
いつの間にか飛距離が勝手に伸びてしまう…

ゴルフを存分に楽しむためのドライバーです。

http://g-live.info/click/edr_1808/

The following two tabs change content below.
古賀公治

古賀公治

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。
カテゴリー: メルマガ, 名言, 教える立場, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
古賀公治

古賀公治 について

レッスンプロとして26年間に指導した生徒は延べ15万人、指導時間38,000時間以上。多くのクラブチャンピオンを輩出するなど、アマチュアゴルファーの名指南役として活躍。父は元関西プロゴルフ協会会長として、JGTO初代代表の島田幸作氏や賞金女王3回の大迫たつ子氏を指導した古賀春之輔。主に関西を拠点にレッスン活動を行なう。やり方を一方的に押し付ける指導ではなく、アマチュアの立場に立った理路整然かつ懇切丁寧な指導は、レッスンを受けるアマチュアゴルファーからは絶大な信頼と支持を得ており「カリスマインストラクターの通訳役」とも呼ばれる。2014年6月よりゴルフライブの講師としての活動を開始。

 

Facebookでコメントする

スティーブ・ジョブズ氏の「最後の言葉」」への6件のフィードバック

  1. 井上登志男

    古賀ティーチングプロ様
     いつもブログ拝聴させて頂きありがとうございます。
     ゴルフだけではなく人生訓のシェアー感銘しました。
     私も11月70歳現役引退5年Golf教わり10年足らずで会社1本から楽しみが出来嬉しく思っています。
     また旧会社に時折若手教育でサポートで恩返ししていますが、もっと何か出来るのではと思いつつ
     健康に留意して生活しております。
     元気の間に家族とお金を使い旅行したいなと気持ちを持ってどれ位人生に喜びを持てるか今後も努力して参ります。
     今後共ご期待申し上げます、感謝いたします。

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      井上登志男様

      若手教育素晴らしいですね!
      自分自身や家族に何の心配のない当たり前が如何に有り難きことかと感じています。
      こちらこそ,今後ともよろしくお願い致します。

      返信
  2. 服部 泰啓

    3年前に、心臓弁膜症の弁置換手術を実施し九死に一生を得ました。現在62歳です。本当にあの世にはお金も名声も持っていけないということを実感しました。(私にそれらがあるとは思いませんが)
    古賀コーチの仰る通り(スティーブ・ジョブス)ですね。

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      服部泰啓様

      老いてベッドの上で考えることは「人の温もり」だと聞きます。
      愛情を感じる。人が人として生きることは、温もりを感じることなのかもしれませんね。

      返信
  3. かわちゃん

    先生、今日もためになる記事をありがとうございます。私もスティーブジョブズが好きです。iphoneを使っていると、appleがパソコンの世界を制していいたら、もっと世の中がよくなったのではないかと思います。ユーザーのことをよく考えていますね。また、ゴルフも人生論もよろしくお願いします。

    返信
    1. 古賀公治古賀公治 投稿作成者

      かわちゃん

      今更ながらアメリカンドリームを地で行った彼のカリスマ性に多くの人々が興味を持っているのだと感じました。
      ゴルフ・人生論、かしこまりました。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。