【ビデオ】トップが浅いなら左脚の力ゼロ

2018.10.14
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「トップが浅いなら左脚の力ゼロ」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

バックスイング開始で左股関節から先の左脚全体の力をゼロにすると、
バックスイングが劇的に楽で簡単でトップが深くなり、
さらに動きの再現性も良いものになります。

そもそもスイングでは脚を使ったほうが、
手の動きよりも簡単で再現性も高く、
よりパワフルにショットできます。

手を使うとバックスイングを見ただけでも、
色々なところにクラブを運べます。

手の自由度が大きいことが、
逆にゴルフにとっては仇になっています。なぜか?

(続きはビデオにて)

季節限定… 大森ワンデーレッスンのお誘い

と、本題に入る前に。。。

まる一日、レッスン漬けで上達を目指す私のレッスン

 「大森睦弘の脱力み飛ばし・ワンデーレッスン会」

岐阜で10/20(土)のみ、
お一人ならまだお受けできるようです。

ワンデーレッスン会 in 岐阜
日程:10月20日(土)
場所:ニッケゴルフセンター(岐阜県)

http://g-live.info/click/ohmlg181019/

詳細についてはページの方をご確認ください。
少人数限定のレッスンとなっています。

定員に達し次第、受付終了となります。どうぞお早めに。
 

では、話を戻します。

トップが浅いなら左脚の力ゼロ

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

http://g-live.info/click/omrpdf181014/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。

脚の自由度が小さいことの効用

脚だとかなり色々動かそうとしても、
バックスイングでクラブを運べる範囲は限定的です。

脚の自由度が小さいことが、むしろ動きを簡単にしてくれています。

ゴルフは、案外、体の可動域を必要としていません。

階段を登る可動域があれば良い

階段を一段あがってバックスイング。

もう一段階段をあがればボールヒットです。

正に、バックスイングでは
階段を一段登るだけの下半身の稼働域を使い切れば
トップまで楽に動くことができます。

バックスイングでは右足の母指球の少し後ろで地面を踏んで、
右脚を伸ばすことで右のお尻を右後ろポケット方向へ押し込みます。

階段1段分登ればトップです。

股関節の内旋可動域は平均的には40度、
膝関節は内旋で30度なので足したら脚全体で70度内旋できます。

しかも、ゴルフでは階段を登るよりも股関節も伸び切らず、
股関節の内旋角度も階段を登る程度ですから
むしろ楽な範囲での動きです。

そして、もう一段階段をあがれば、ボールヒットです。

ボールヒットでは腰から体幹は一体となって、
だいたい45度程度左にターンした形です。

腰も胸もボールに向いてボールヒットと言われることもありますが、
これはしなりを無視している間違った動きです。

しなりができてまさにしなり戻り始めた直後で、
まだまだヘッドを加速して
ボールに強く押し付けられるタイミングでヒットです。

このときも、左脚が必要とする可動域は、階段1段登る程度となります。

ところで、脚を伸ばすと起きあがると勘違いされることは多いです。

しかし、それは伸ばす方向が間違っているからです。

右のお尻を右後ろポケット方向へ押し込む方向へ脚を伸ばすなら、
いくらしっかり脚を伸ばしてもトップでは頭の高さは
セットアップと変わりません。

それはボールヒットでの左脚でも同じです。

上半身もトップまでは可動域はそれほど使わない

上半身もトップまでは可動域はそれほど使いません。

手首が親指側に折れるコックを曲げて、
脚を使い切ったときのヘッドの勢いで右肘が曲げさせられたらトップです。

そこから、体の回転でヘッドが置いていかれて
コックが右手甲側へ折れるヒンジに変わり、
ボールヒットではヒンジが解放されるだけです。

ゴルフは全身をまとめて考えると可動域が必要に見えますが、
実は下半身と上半身を分けて見てみたら
それぞれはたいして可動域を必要としていません。

ところが、脚を使わず手で色々動かそうとすると、
動きは複雑になり可動域も必要になってしまいます。

そこで、バックスイングで右脚を伸ばす動きにプラスして、
左脚を左股関節から先の力をゼロにしてみましょう。

右脚を伸ばすことで腰の右サイドは右斜め上にあがってきます。

左腰を右斜め下に落とせば、背骨を中心に体幹が
セットアップでの前傾角度を維持して右にターンします。

その左腰を右斜め下である右足つま先方向へ落とす原動力が、
重りとしての左脚です。

正に、バックスイング開始で右脚を伸ばし始めると同時に、
左脚は左股関節から先の力を全部抜いてゼロにすれば、
楽々トップまで動けます。

ゴルフのスイングでトップが浅い場合、
体が硬いことが原因となっているケースは本当に希です。

バックスイングで下半身を使っていなかったり、
上半身の力を使って逆に左肩などが硬くなったりしていることが
トップが浅い主な要因です。

右脚は伸ばし、左脚は力をゼロにして重りとして使って、
まずは下半身を楽に使って深いトップを手に入れましょう。

捻転差の誤解

よく飛ばしたいなら
下半身と上半身の捻転差を大きくすると言われます。

そして、捻転差を大きくつくろうとして
バックスイングでは下半身を固定して、
体幹を右に捻る動きでトップまで持ってこようとします。

しかし、これでは体幹が緩んでしまいます。

捻るためには、力を抜かなければなりません。

しかも、体幹を捻る可動域は年齢と共に急激に低下します。

さらに、お腹の後ろ側の腰椎はそもそも捻じれない構造で、
腰椎全体の捻転可動域は5度程度です。

体幹を捻ろうとすると、本来捻じれない構造の腰椎を捻ろうとすることになり、
腰への負担が大きくなるばかりか、捻るための無駄な努力が必要となります。

そして、ゴルフのスイングでは下半身の動きと体幹を連動させて、
下半身で肩甲骨をスライドさせることでしなって、
そのしなり戻りでボールを飛ばします。

ところが、本来硬い一枚の板とすべき体幹を捻るために
緩めてしまっていては、下半身の動きを肩甲骨まで伝えることはできず、
しなりが少ないスイングとなります。

それでは、ボールは飛ぶはずはありません。

がんばって体幹を捻ったトップを作ったのに、
ボールは飛ばないなんて悲しいです。

スタンスの幅に連動して、股関節がたくさん入る分、
脚を伸ばしたときの腰の回転角度は大きくなります。

スタンスの幅を腰の幅程度にして右膝が伸びきるまで伸ばしたら、
手元は腰の高さで腰は45度ぐらい右にターンします。

ドライバーショットで肩幅以上にスタンスを広げると、
右膝が伸びきるまで伸ばしたら、手元は胸の高さ辺りで
50度ぐらい右にターンしています。

脚を使い切ったらヘッドの勢いに任せる

普段スイングしていると案外気づかないものですが、
脚を使い切ったときのヘッドの勢いはかなり大きいものです。

ヘッドが当たるところにキャディーバックなど
ヘッドが当たっても大丈夫なものを置いてバックスイングしてみると、
かなりの勢いでヘッドが当たります。

腰幅程度でもかなりのヘッドの勢いがありますから、
それを感じるようにすればドライバーショットでも
脚とコックとヘッドの勢いだけで深いトップまであがることができます。

ところが、手でクラブをあげていると、ヘッドの勢いを感じることはできません。

脚を使って体幹をターンさせその先にある
腕とクラブが体幹の前傾角度に従っって回転することで、
コンパクトな動きに感じてもヘッドは大きく動きます。

ゴルフは体の動きはできるだけコンパクトにしながら、
ヘッドをたくさん動かすほど精度を保ってボールを遠くまで飛ばせます。

そのためには、クラブの近くである手ではなく、
下半身をターンさせるようにすれば脚をちょっと伸ばすだけで
ヘッドは大きく動いてくれます。

ヘッドの勢いに任せる上半身のコツ

下半身の動きを最大に引き出してヘッドの勢いを上手く使うためには、
上半身でも意識すると良いことがあります。

それは、セットアップから左肩と手首の余計な力を可能な限り抜くことです。

セットアップでは正しいグリップとクラブ落ちないように支える力以外は、
肩から先はできる限り力を入れないようにしましょう。

バックスイングでは脚から動いて体幹を一枚の硬い板にして使い、
それに追いつく程度に肩から先に受けた力だけを出し返して
ヘッドを動かしましょう。

そして、バックスイング開始で左脚の力をゼロにしてみると、
トップがこんなにも楽だったのかと大発見できるものです。

「脱力み飛ばし・ワンデーレッスン会」へのお誘い

繰り返しになりますが、
まる一日、レッスン漬けで上達を目指す私のレッスン

 「大森睦弘の脱力み飛ばし・ワンデーレッスン会」

岐阜で10/20(土)のみ、
お一人ならまだお受けできるようです。

ワンデーレッスン会 in 岐阜
日程:10月20日(土)
場所:ニッケゴルフセンター(岐阜県)

http://g-live.info/click/ohmlg181019/

詳細についてはページの方をご確認ください。
少人数限定のレッスンとなっています。

定員に達し次第、受付終了となります。どうぞお早めに。
 
 

では、また。
 

<本日のオススメ>

ついに復活!

業界最大飛距離を達成し、その威力は
未だかつて誰も味わったことのない領域へ…

もしあなたが飛距離はもう諦めていたとしても、
是非このお手紙を読んでみてください。

あなたにとって最高の相棒になるかもしれません。

http://g-live.info/click/3m_wood1810/

ゴルフライブ限定。他では手に入りません

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
カテゴリー: トップ, バックスイング, ビデオ, 再現性, 捻転差, 新着ビデオ, 股関節 | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。